ピクシブ百科事典

大日本史

だいにほんし

水戸藩主・徳川光圀の命により編纂された歴史書。
目次[非表示]

概要

水戸藩2代藩主・徳川光圀の命により編纂された歴史書
1657年(明暦3年)に始まり、編纂作業が終結するのが1906年(明治39年)と、実に249年もの歳月と多額の費用を要した一大事業であった。
資料・文物を収集するため各地に学者を派遣、水戸藩は史局を設置して光圀みずからも編纂作業にあたっている。(水戸藩はこの事業のため慢性的な財政難に陥っている)

内容

神武天皇から1392年(元中9年/明徳3年)の南北朝統一までの天皇の治世を紀伝体で扱っている。
からの亡命者・朱舜水の示唆により南朝正統論を主張する内容となり、後醍醐天皇建武の新政に反逆した足利尊氏は必然的に逆賊として記述されることになった。

影響

水戸藩はこの歴史書を教科書として藩士を教育している。
この結果、水戸藩士には勤王思想をもつものが多く、幕末においては他藩の武士や学者、浪士にも尊王攘夷という思想になり全国に広まっていった。
開国を主導する幕府上層部は攘夷派を抑えるのに躍起にならざるをえず、大老・井伊直弼安政の大獄という大弾圧を行い、外部治安組織である新選組を創設するに至った。
攘夷論は薩摩長州による対外戦争の敗北によりついえることになったが、尊王論は15代将軍・徳川慶喜大政奉還戊辰戦争大日本帝国憲法の発布という歴史的事件にも大きくかかわることになった。

関連タグ

史記 漢書
水戸学

pixivに投稿された作品 pixivで「大日本史」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 273

コメント