ピクシブ百科事典

御伽草子

おとぎぞうし

室町時代から江戸時代初期にかけて作られた短編物語のこと
目次[非表示]

室町時代から江戸時代にかけて成立した、短編の絵入り物語、及びそれらの形式。
広義に室町時代を中心とした中世小説全般を指すこともある。
狭義では、江戸時代中期に刊行された『御伽文庫』収録の23編の物語を指す。

概要

室町時代を中心に栄えたが、御伽草子の名で呼ばれるようになったのは18世紀、およそ享保年間に大坂の渋川清右衛門が『御伽文庫』または『御伽草子』として23編の物語を刊行してからのことである。

多くは挿絵入りの写本として創られ、絵を楽しむ要素も強かった。
文章は比較的易しく、筋は素朴で多義的であり、複雑な構成や詳細な描写には乏しい単純なものが多い。
面白さの裏にある寓意に当時の世相が垣間見られ、中世の民間信仰を理解する手がかりともなっている。

主な作品

一寸法師
浦島太郎
酒呑童子
鉢かづき

曖昧さ回避


関連タグ

説話 浮世草子 昔話 古典 古典文学

pixivに投稿された作品 pixivで「御伽草子」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 26654

コメント