ピクシブ百科事典

バージェス動物群

ばーじぇすどうぶつぐん

カンブリア紀のものとされる一群の古生物。多種多様な動物群。

カナダのブリティッシュコロンビア州にある「バージェス頁岩」の中から化石として発見された動物群。

代表的な動物にアノマロカリスがいる。

古生代カンブリア紀を迎え動物が爆発的な進化を遂げた時期(カンブリア爆発)のしばらく後、約5億500万年前(カンブリア紀中期)のものとされる。

嫌気性の高い粘土状態で急速に化石となったらしく、軟体部が良好な状態で保存され、体の組織がすみずみまで観察できる。また、通常は化石に残らないような、軟体性の動物の化石が克明に残っている事でも名高い。既存の動物分類の枠組みでは理解し難い奇妙な体のつくりを持つ動物を多く含んでおり、壮大な「進化の実験」が当時の海で繰り広げられていたと考えられている。

バージェス動物群の直系の子孫の多くはオルドビス紀末期の大量絶滅で滅び、生き残ったものの多くもペルム紀末(古生代末)の大量絶滅までに息の根を止められた。バージェス動物群のうち、現在の動物に直接つながるものはほんの一握りである。

なお、かつては現存のものとは全く異なる体の仕組みを持つと考えられたバージェス動物群も、今日ではほぼ全てが現存する動物門に属するものと考えられている。例えばアノマロカリスは節足動物ハルキゲニアは有爪動物に属するとされる。当時の生物はそのままの形では生き残っていないが、主要な動物門の基本的な体の仕組みはこの時にできあがり、その後の進化で外見的な形を大きく変えつつも、現代の動物まで引き継がれているのである(しかし、オパビニアのようにどの動物門に属するかまだ確定していないものもある)。

カンブリア大爆発によって、現在知られているほぼ全ての動物門が出揃ったと考えられている。

関連タグ

カンブリア紀 古生物 ハルキゲニア オパビニア オドントグリフス

pixivに投稿された作品 pixivで「バージェス動物群」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 493848

コメント