ピクシブ百科事典

オパビニア

おぱびにあ

オパビニアは、アノマロカリス類に近縁とされるカンブリア紀の古生物に1種。五つ目と鋏つきの吻があるという奇妙な容姿をもつ。
目次[非表示]

概要

学名:Opabinia regalis
全長4-7㎝。頭の上には五つ目、下の一本の吻にハサミがあるという個性的な姿が大いに話題になった奇妙な古生物
復元図が学会で発表されたとき、会場は爆笑の渦に包まれたという。

アノマロカリス類に近縁で、同じくディノカリダの仲間とされる。アノマロカリス類と似たような体付きを持ち、その吻はアノマロカリス類に見かける2本の触手から融合したもので、本当の口はハサミではなく、頭の下に後に向かって開いている。

因みに、そのハサミは実は左右に開くものだと化石からでも容易く判明できるが、何故か上下に開く構造として描かれがち。

アノマロカリスハルキゲニアなどと同じく、現生の動物群に全く似ていない奇抜な姿で、かつてその分類に関する議論も長く続いていた不詳化石の1つであった。その後は研究が進んであり、アノマロカリスと共に節足動物の先祖形から派生した群であるという説が有力になった。更なる発見によると、体の下はパンブデルリオンのように、柔軟な脚(葉足)があるかもしれない。

名前の由来は、カナダで発見地の付近にあるのオパビン峠(Opabin Pass)に由来する。現地の言葉でOpabin(オパビン)は「岩」を意味する。

生態

そののような吻で他の生物を捕食する肉食生物だったと考えられている。
また、その5つの目はオパビニアが生まれた時代から現れた捕食者、すなわちオパビニアよりも食物連鎖の上位にいる生物をすぐに発見するために発達したと考えられている(一説にはアノマロカリスではないかと言われている)。

関連項目

節足動物 ディノカリダ
アノマロカリス パンブデルリオン ケリグマケラ
ピカイア ハルキゲニア
カンブリア紀 バージェス動物群

関連記事

親記事

ディノカリダ でぃのかりだ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「オパビニア」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 125672

コメント