ピクシブ百科事典

概要

古生代カンブリア紀に生息していた軟体動物のひとつ。
学名は「歯の生えた謎」を意味する。

カンブリア紀の生物の多くが小さかったが、オドントグリフスも同様で最も大きく成長した個体でも12センチ程度。
体は平たく、ごく薄い。
円形のにはが並んでおり、の上に生えたなどをそぎ落として食べていた可能性がある。
口の脇には唾液があり、のように見える。
体の両端にあるのはエラ

歯のつくりが類似していたためコノドント正体ではないか、また体型からヒラムシの祖先ではないかとも考えられていた事があるが、現在では否定されている。

関連タグ

軟体動物

関連記事

親記事

軟体動物 なんたいどうぶつ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「オドントグリフス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1620

コメント