ピクシブ百科事典

カンブリア紀に生息していた。

ネクトカリス


 バージェス動物群の一つとして、発見された標本は上図のような「甲殻類のような前半身」と「魚に似ている後半身」の奇怪な姿だったので、まぁ泳ぐエビのようなものということで、そのラテン語ネクトカリスと命名された。

 後、比較的いい標本の発見その他研究の発達により前半身は「タコとかイカの軟骨が残っただけ」であるという事実が発覚。頭足類に分類し直された。

 基本はのちのイカタコ系と同じ「頭胴部」に腕(2本だけど)と鰭を持ち、絶対あんた「たっこちゅー」とかいうだろみたいな、でかい漏斗をもつ。

 これの発見により、頭足類さんは、「もともと殻かぶり(アンモナイトとか)だったのがだんだん殻脱いで進化」説から、「元々ヌードだったのが、殻着てみたりまた脱いだり」説になった。

 WIKIPEDIAによるとなんぞ親戚筋がいるらしいのね。

pixivに投稿された作品 pixivで「ネクトカリス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 233

コメント