ピクシブ百科事典

フルディア

ふるでぃあ

カンブリア紀に生息したアノマロカリス類の1属。
目次[非表示]

概要

学名は「Hurdia」という、体長20-50㎝、カンブリア紀に生息したアノマロカリス類の一属である。

他のアノマロカリス類に比べると、体の鰭は短く、鰓はよく発達しており、尾端にはクジラの尻尾によく似た1対の尾がある。また、口(歯)の奥は多重構造になっており、触手は短いものの、ギザギザな長い爪を数本持っている。

最大の特徴は、なんといっても頭部に備えた巨大な殻である。

頭部の殻はフルディア以外のアノマロカリス類に見当たらない構造…とかつて思われたが、近年において、実はほぼ全てのアノマロカリス類の頭部には殻があったと判明した。アノマロカリスアンプレクトベルアの仲間の頭部の殻は、小さくて不明瞭な円盤状であるため、長い間、その構造の正体が学者たちに気付かれなかった。

フルディアに類縁と思われるアノマロカリス類は、ペユトイア(=ラガニア)とエーギロカシスなどが挙げられる。

生態

フルディアは海底に泳ぎ回った捕食者および腐肉食者であったと考えられる。
短い鰭とずんぐりした体によって、アノマロカリスアンプレクトベルアほど機敏ではなかったと思われる。その代わりに、大きな殻・沢山の爪を持った触手・多重構造を持った歯を用いて、より大きくて動きの鈍い獲物を捕獲できたと言われる。

関連条目

節足動物 アノマロカリス ラガニア エーギロカシス
古生物 カンブリア紀 バージェス動物群

pixivに投稿された作品 pixivで「フルディア」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 86

コメント