ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要はキック一発

ヤマハが1978年に発売したバイク。
オフロード車XT500の空冷単気筒エンジンを中型限定(現:普通二輪)免許に対応させて399ccにデチューンし、オイルタンクを兼ねた鉄パイプフレームにスポークホイールとツインショックの足回りを履かせた、当時としても時代遅れなパッケージングで完成させた。

1950年代のイギリス車を髣髴とさせる古典的なデザインで人気となり、「ビンテージバイク」というジャンルの草分けとなった。
単気筒エンジンのネイキッドという設計ゆえに、修理や改造が容易なのも人気の理由で、カスタムのベースとしても需要が高い。
新しいトレンドの到来や各種規制強化の中、幾度となく訪れた生産終了の危機を新技術でかわし、40年近くの月日を経て現在も生産・販売が続けられている名車である。

ただし、どんな時代になっても細めのタイヤに無骨なフレーム、そして「SR」のアイデンティティである“デコンプレバー握ってキックペダルでシリンダー減圧→キック始動”は現在も尚受け継がれている。インジェクション化されているモデルでも、最新排ガス規制に適応し復活した新型でも。
詳細

一時期はセルモーターや太いアルミホイールなどの現代的足回りを搭載したモデル(SRXシリーズ)も販売されていたが、現在も続くSR400の人気に及ぶものではなく、時代の中に消えていった。

真の意味で“操ってる”感じが味わえる一台であろう。

ブッ太ぇトルクで転がしたら、自分の腕で曲げて、止める関連イラスト。

レン&SR400
feel the wind
冬にドライブ
空冷エンジン(SR400)



半端な気持ちじゃケッチン喰らう関連タグ

YAMAHA バイク 単気筒
メトロイド:本シリーズに登場する惑星「SR388」の名称の元ネタとなっている。

関連記事

親記事

YAMAHA やまは

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「SR400」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 186461

コメント