ピクシブ百科事典

YZF-R

わいずぃえふあある

ヤマハ発動機が発売するロードスポーツバイクの名称である。ここでは主に市販されているモデルについて記載してゆく。
目次[非表示]

YZF-Rシリーズとは

ヤマハ発動機が設計・製造販売しているスーパースポーツ(通称SS)と呼ばれるタイプのバイクの事である。主に国内外市場をメインターゲットとし販売されている。

排気量別にR1・R7・R6・R25・R15・R125とRの後ろの数字が変わる。

ちなみに各アルファベットの意味としては
Y=YAMAHA 
Z=究極/水冷(?) 
F=FourStroke(4ストローク)

R=一般公道走行車種(motoGP参戦車YZF-M1のMがModifiedの意味を持っていると推測されるため)
x=排気量の頭文字(R1なら1000cc)

と言った意味を持つとされているがヤマハは略式に意味を持たせることや公表しないため真相は闇の中である…。

YZF-Rシリーズの紹介

R1(あーるわん)

1997年ミラノショーデビュー翌年から発売。

ホンダCBR900RRの対抗車種となるスーパースポーツモデルとして発売された。
エンジンとフレームは同社のFZR1000などと差別化を図るために新設計され、ヤマハとしては久しぶりとなる倒立フロントフォークが採用された。
中型車並の車重に当時最高クラスのエンジン出力、鋭角的なデザインが話題となり、スーパースポーツブームの火付け役となった。

初代R1デビューを受けてSSの金字塔と言われていたCBR900RRも大改良を受けざるを得なくなるほどの影響力を与えたとされている…

カワサキか…」で有名なカワサキからもZX-9Rが発売。

更にスズキからはGSX-R750のボアアップバージョンであるGSX-R1000が投入され、
各社の激しいSS合戦の火付け役ともなる一台である。

2008年まで主に逆輸入でしか買えなかったが、2009年より国内仕様モデル(当時の本体価格135万円也)が正規販売されることになった。
スペックは輸出仕様と同等ながら日本の加速騒音規制や排ガス規制をクリアした仕様となっている。
たまげたなぁ
※但し、2014年発表の2015年モデルからは逆輸入に戻った。

R7(あーるせゔん)

世間がR1のデビューで騒いでいる中、1998年にイギリスバーミンガムモーターショーで次世代ホモロゲーションモデル、すなわちレース向けの車両として発表された。

世界選手権、全日本選手権では1999年シーズンからベース車両に用いた車両が登場した。全日本選手権では初年度にしてタイトルを獲得、世界選手権において2000年にはランキング2位の成績を収めるなど輝かしい成績を収めている。

また、2000年の鈴鹿8時間耐久ロードレースでは転倒によって18位といった結果に終わったものの、ポールポジションの獲得と決勝での最速ラップタイムを記録するなど、潜在能力の高さを証明している。

主にドイツフランス市場向けへ輸出されていたためフランスの基準値106psに合わせた状態では本来の性能を発揮せず、あくまで性能を全て発揮するためにはキットパーツの組み込みを前提とした設計がなされている。

そもそもの生産台数が少ない様で国内では全く見る事のないレア車両と化している。


R6(あーるしっくす)

ヤマハの600ccクラスのスポーツマシンとして1998年のインターモト98(第1回国際オートバイ・スクーター専門見本市)で発表され、その後年末に発売された。

R1の設計思想・技術を色濃く引き継いでいる。

LED方式のテールランプ・電子制御スロットル・マグネシウム製リアフレームなどの量産二輪車としては世界で初めて採用する先進技術ををマイナーチェンジごとに採用していくなどこれまた公式が病気な1台である。

またスーパースポーツ世界選手権では2000年にチャンピオンマシンになるなど欧州市場の開拓に貢献した一台である。

こちらも欧州市場向けに輸出されているため国内で乗るためには逆輸入をしなければならない。

R25(あーるとぅうぇにぃふぁいゔ)/R3(あーるすりー)

現在国内市場で熱いとされている「250cc」クラスのバイク。

ホンダのCBR250R
スズキのGSR-250
カワサキのNinja250R

と国内各社が出しているにも関わらずヤマハだけはこのクラスはZealFZR250のエンジンを搭載したNKスポーツ)を最後に出していない。

そして待望であったYZF-R25が発表された。

兄貴分にあたるYZF-R1を彷彿とさせるデザインや新開発の水冷250cc直列2気筒FIエンジンなど「毎日乗れるスーパーバイク」としてシリーズの設計思想を受け継ぎながら開発された。
また、同一デザインの車体でエンジン排気量を320ccに増量した"YZF-R3"も発表され、これまたXJR400以来の普通自動二輪免許向け小型二輪車となった。

そして、2014年7月よりインドネシア市場に投入され、グローバル戦略車として日本市場へも投入
これで4メーカーの軽二輪スポーツバイクが出揃った。

更に2015年8月25日ネイキッドノンカウル)モデルのMT-03/MT-25リリースされ、更なるユーザーの獲得が期待される、

R15(あーるふぃふてぃーん)

2008年インド市場向けにデビュー。
設計こそは日本だが製造は一貫して現地法人であるインドヤマハモーターが行っている。

見た目がそっくりなR125よりもコストカットされ10万円程安いという変わった存在である。
排気量がいくらかお得なモデルなのかもしれない。

以前より販売店による並行輸入がされていたが、2012年7月より系列販売店であるYSPより輸入車扱いとして正規に販売がされることになった。

R125(あーるわんとぅふぁいゔ)

2008年デビュー。ヨーロッパで現地生産されているモデルであり、YZF-Rシリーズで最も排気量が少ないモデルである。
えっ?数字の数は一番多いって?こまけえことはいいんだ!

125ccクラスの需要の高いヨーロッパを中心に販売されている。
また2009年にはレーサーレプリカ仕様が2012年にはWGP50th記念車なども発売されているなど、人気の高さが伺える。

日本でも普通2輪免許ではなく小型自動2輪免許(原付二種)の区分に相当するバイクなので手軽に取得できると人気が高く、某動画サイトでも車載動画が数多くアップロードされている。

現在は国内向けに販売はされておらず並行輸入のみの販売となっている。

関連イラスト

3月9日ミクの日ですよ!!YAMAHAですよ!! ラクガキ
YAMAHA@YZF-R6

pixivに投稿された作品 pixivで「YZF-R」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2245

コメント