ピクシブ百科事典

バーミンガム

ばーみんがむ

『機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY』に登場した、地球連邦軍の大型宇宙戦艦。一年戦争後になり建造された戦艦で、MS運用を全廃した代わりに、指揮管制能力と艦砲射撃能力等に重点を置いた戦艦である。
目次[非表示]

概要

一年戦争後、戦勝を果たした地球連邦軍の象徴または権威としての意味も込めて建造された、当時では最大級の宇宙戦艦
宇宙世紀0083年4月に進宙しており、ルナツー方面軍第2守備艦隊旗艦として就役を果たした。しかし、デラーズ・フリートの核攻撃を真面に受けてしまった事で、一瞬に蒸発してしまった不運の戦艦である。

建造への経緯

本来であれば一年戦争で教訓とされている筈だったモビルスーツの運用能力を、戦後世に出た艦であるにもかかわらず全く重視せずに設計、建造されたのが、このバーミンガムである。
MS運用能力の代わりに重視されたのは、艦隊戦における砲火力の強化、及び艦隊指揮管制能力の強化であった。これは一年戦争の苦い経験を生かされていないとの声もあったようで、『時代遅れ』『大艦巨砲主義の象徴』など、散々な言われ様であった模様。
それも無理からぬことであり、MSが当たり前の時代にあって、1機ものMSを搭載または露天駐機する機能を有さない艦艇は絶好のカモと見られるからである。それは既に一年戦争(特にルウム戦役)で痛いほど痛感していた地球連邦軍には、良く分かっていた筈だった。如何に優秀なレーダー機器と連動した射撃管制システムを持とうとも、ミノフスキー粒子散布下での戦闘では、有視界戦闘に特化したMSに理があるということを。
だからこそ、地球連邦軍は戦争末期になって、ジオンのMSに対抗すべく、露天駐機機能や艦内に格納できるように改良を施した、後期建造型のマゼラン級やサラミス級らを大量建造し、MSを大量に積んでジオンとの決戦に挑んだのである。

しかし、大戦に勝利した地球連邦軍上層部は、自分らに対抗しうる強大な敵がいなくなったことへの慢心があったのか、再び大艦巨砲主義への転換を始めてしまい、バーミンガムが生まれたのである。

バーミンガムの思想

だからとて、「バーミンガムは役に立たない」と安易に決めつけるのも酷である。前述したように、バーミンガムは艦隊決戦思想に染まった艦ではあるが、そのような思い切った思想で建造したのにもきちんとした理由が存在する。
地球連邦軍の上層部は、艦の役割を完全に分けて運用する事を前提としていたのである。つまり、艦隊決戦に長けた戦闘艦、それを統括して運用し指揮する戦闘艦、MS運用のための戦闘艦、と言う具合に艦種を分けていた。

バーミンガムは、艦隊の旗艦能力と純生の戦艦としての思想を取り入れて設計・建造された故に、文字通りに指揮管制能力と砲撃戦応力は随一を誇っている。その他、マゼラン改級や、サラミス改級といった改良型戦闘艦を多数建造し、艦隊戦力として運用する。
肝心のMS運用能力に関しては、最初からMS運用を前提として設計・建造されたペガサス級強襲揚陸艦アレキサンドリア級重巡洋艦の存在もあり、これを艦隊に随伴させる事で防空能力を強化させていく狙いがあったと考えられる。特にアレキサンドリア級とは、就航時期や一部砲塔、アンテナ類が共通・類似しており、共同運用する予定であったことが見て取れる。
また全体の指揮を執るための司令設備が最初から完備されており、バーミンガム自身の指揮艦橋とは別に設置されているなど、指揮管制に重きを置いていることが良く伺える一面である。

当艦の乗艦者であったグリーン・ワイアット大将にしても、膨大な量の艦隊を前にして自信を持っていたと同時に、MSへの運用を軽視していた訳ではない。『MSの無い艦隊がどうなるか・・・』と、MSへの重要性もきちんと持ち合わせていた。
つまり適材適所によって宇宙艦隊を強化していくつもりであったと考えられるのである。こういった思想は決して珍しい話でもなく、現にアメリカ海軍でも指揮能力に特化した『ブルー・リッジ級揚陸指揮艦』というものが存在している。

そのため、バーミンガムはMSをも含めた艦隊指揮においては他の追随を許さぬ能力を秘めていたと考えても不思議ではないし、勿論、ミノフスキー粒子散布下での運用も考えられていたと思われる。

なお一年戦争中でのミノフスキー粒子散布中の乱戦でも、大型艦が相互に通信していたりMSの居場所を把握したりといった場面が幅広く見られている(顕著な例ではソロモン攻略戦中、後方にいた旗艦タイタンに前線のホワイトベースから「MSがソロモンに上陸した」という報告が入っている)。
またミノフスキー粒子は電波を使うレーダーは無力化できたが、光を使うレーザーセンサーまでは無力化しきれず(ものすごく濃厚にまけば歪められるともいわれるが、そもそも宇宙空間ではミノフスキー粒子はすぐ拡散してしまう)、センサー類がミノフスキー粒子の登場で全く無意味になったわけではないということも付記しておく。

スペック

戦艦バーミンガム


  • 艦名:バーミンガム級1番艦『バーミンガム』
  • 全長:398m
  • 全幅:171m
  • 全高:129m
  • 重量:88,500t
  • 武装
・連装メガ粒子砲×5基
・単装メガ粒子副砲×8基
・大型単装メガ粒子砲×1基
・12連装ミサイルランチャー×2基
・対空レーザー砲×12機
  • 搭乗者
・グリーン・ワイアット大将

性能

攻撃性能において、当艦は大型連装メガ粒子砲5基10門、大型単装メガ粒子砲1基1門、単装メガ粒子砲8基8門と、砲火力だけでも地球連邦軍で最大級の火力を有しているのが伺える。実際に巡洋艦とはいえムサイ級巡洋艦を一撃で沈めている実績はある。
また、主砲ではマゼラン級と同数だが、単装砲が多く装備されているため、反航戦及び平航戦双方において高い火力を叩き付ける事が可能である。ミサイル兵装にしても、マゼラン級よりも多い24門ものミサイルを保有しているなど、戦闘能力の高さをうかがわせている。
防御性能において、装甲厚については一切不明。何しろ核攻撃を受けたのが最初で最後の被弾であったので、通常兵器によるダメージにどこまで耐えられるのかも不明確であった。対空防御として、12機のレーザ砲が備え付けられており、最低限のMS対応は出来る模様だが、大半はMSによる防空任務に任せっきりであると考えられる。
航行性能において、加速性や機動性は不明である。ただし400m近い巨体である事を考慮すると動きは鈍いとも考えられる。ただし無重力下・真空中で用いるなら推力の大きさがそのまま機動力となり、軍艦の巨体や体積は関係ない。
指揮性能においては、上述したとおり艦隊指揮に特化したとあるからして、それ専用の司令専用艦橋を備え、艦隊指揮や戦況把握等を可能とする能力を有している。

経歴

宇宙世紀0083年4月、ルナツー方面軍第2守備艦隊旗艦として進宙している。乗艦者はワイアット大将だった。バーミンガムは当初、シーマ・ガラハウとの裏取引の為に、人知れずに単独航行していた。この取引でデラーズ・フリートの計画を知り、対策を練ろうという魂胆だったが、あっけなくもそれはエイパー・シナプス大佐率いる強襲揚陸艦『アルビオン』に横やりを入れられてしまい断念する。
もっとも、シナプス大佐から見れば、友軍艦のバーミンガムが、シーマ艦隊に襲われているのでは、という懸念も有ったので何とも言い難い状況ではあった。ワイアットは苦肉の策として、シーマ艦隊の1隻を集中砲火で撃沈、まるで迎撃していると言わんばかりの茶番劇を演じた。シーマもそれを察して、さっさと反転し逃走。貴重な情報を入手すること叶わず、バーミンガムはその宙域を離れる事となった。
なお、この砲撃がバーミンガムが最初で最後の砲撃である

そして11月、コンペイトウ宙域で開催された観艦式に、バーミンガムも関越艦隊旗艦として参列する。その観閲官グリーン・ワイアット大将を再び司令艦橋に迎える事となった。
この式の最中にデラーズ・フリートの襲撃を受けるが、散発的な侵入の為か次々と撃退していく。そのことに余裕のワイアットであったが、アナベル・ガトーの乗るガンダム試作2号機が来襲。核兵器を搭載しているだけに驚愕したワイアットだったが、時すでに遅し。
2号機は星の屑をコンペイトウの上方より発射した。しかも参列している大艦隊のど真ん中に居たバーミンガムに向けて放っており、核の直撃を受け文字通りに蒸発してしまった。無論、ワイアットもろともである。

その後、建造が予定されていたバーミンガムの2番艦計画は中止され、代わりにMS運用能力が付与された改良型であるドゴス・ギアが就役する事となる(艦種もバーミンガム級からドゴス・ギア級に改められている)。

また本級の「艦単体の指揮所」と「艦隊全体の司令艦橋」の二つを有するという思想は、砲塔の配置を含めて後年の傑作艦カイラム級機動戦艦にも引き継がれている。

関連項目

機動戦士ガンダム0083
ドゴス・ギア グリーン・ワイアット 宇宙戦艦

pixivに投稿された作品 pixivで「バーミンガム」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 7891

コメント