ピクシブ百科事典

特捜ロボジャンパーソン

とくそうろぼじゃんぱーそん

"Janperson, Fights! For Justice!"
目次[非表示]

概要

『特捜ロボジャンパーソン』とは、1993年1月31日から1994年1月23日まで放送されたメタルヒーローシリーズ第12作目の作品であり、劇中に登場するヒーロー名前でもある。
人間態を持たない主人公や、3つの悪の組織が入り乱れて暗闘を繰り広げつつジャンパーソンを狙う、異色の展開が話題を呼んだ。

あらすじ

が蔓延るところ、突如投擲されたカードの閃光と共に謎のロボット・ジャンパーソンが現れる。
そして圧倒的な強さで敵を倒すと、またいずこかへ去っていく…その正体は誰も知らない。
果たして彼はどこから来てどこへ行くのだろうか……

登場人物

主要メンバー

ジャンパーソン

紫狼


主人公
メインカラーは人間変身するのではなく純粋なロボットであり、人間態を持たない。
内蔵・外付け合わせて複数の装備を使用する事ができる。
ロボットでありながら相手の気持ちを理解し受け止める優しさを持つが、そのAIの奥底にはかつて封印された危険なプログラムが今なお残っている。

愛車ダークジェイカーは車体左サイド部が分離した飛行メカ・スカイジェイカーと、砲台を備えた地上走行メカ・ランドジェイカーの2つで構成されている。
後にダークジェイカーを空輸し、地中航行メカ・ドリルジェイカーと水中航行メカ・マリンジェイカーとの換装機能を備えたサポートメカ・ジェイガリバーも登場した。

ジャンパーソンの仲間

ガンキブソン
物語後半でジャンパーソンと共に戦う事になる二丁拳銃を使うガンマンロボット。
当初は恋人のキャロルと共にネオギルドの暗殺ロボとして身を置いていたが、卑怯な手段を嫌う彼のやり方はおよそネオギルドの思想や理念と相いれるものではなく、やがてしびれを切らしたジョージ真壁によって心の拠り所だったキャロルを破壊されてしまう。
その後しばらくは単独行動を取っていたが、紆余曲折を経てジャンパーソンの仲間となり、共に悪に立ち向かう。

愛用の銃はガンボルバーとブローソンの二挺拳銃で、後にジックキャノンのプロトタイプでもある長大なスピンドルキャノンを使用するようになる。
使用するマシンはバイクのGGスレイヤー。

アールジーコ

物語中盤から登場した小型ロボット。
一人称は「オイラ」で、ガンギブソンを「ガンモドキ」と呼ぶ。
ジャンパーソンの銃・ジャンデジックに合体し、ジックキャノンに強化させる機能も持つ。

ジャンパーソンの関係者

三枝かおる
若きロボット工学の天才で、元警視庁特殊装備開発班メンバー。

三枝周平
かおるの弟で、ジャンパーソンのムードメーカー的存在。

その他

初期しか登場しない方々。
小森好次郎
三流警官。
自称「桜田門のバットマン」。
「コウモリ警部」と呼ばれるとキレる。
ジャンパーソンに対しては否定的。

高井戸志郎
小森警部の部下。
おっちょこちょいで小森警部の事を「コウモリ警部」と呼んでいる。

若林アキ
テレビ局JBCの女性記者。
ジャンパーソンの存在を肯定的に捉えている為、度々小森と衝突する事が多い。

敵組織

第2話でギルドが壊滅した後、ネオギルド、帯刀コンツェルン、スーパーサイエンス・ネットワークの3組織が出現。それぞれジャンパーソン打倒と世界征服の野望を抱き、時には協力し、時には反目しつつ、ジャンパーソンを含めた四つ巴の戦いが繰り広げられてゆく。

ギルド

ベン藤波率いるロボットマフィア。人間社会に多数の市民ロボットを潜入させていた。第2話という異例の早さで壊滅するが、「人間への復讐」という目的はジョージ真壁のネオギルドに引き継がれる。

ベン藤波
ギルドのボスでサイボーグ。腕から怪光線を発射する。
人間に激しい憎悪を抱いているが、その理由は終盤に明かされた。

ネオギルド

当該記事を参照。

帯刀コンツェルン

当該記事を参照。

スーパーサイエンス・ネットワーク(SS-N)

当該記事を参照。

関連タグ

メタルヒーロー ロボット
ギルド 
特捜エクシードラフト特捜ロボジャンパーソンブルースワット

pixivに投稿された作品 pixivで「特捜ロボジャンパーソン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 74624

コメント