ピクシブ百科事典

ビーロボカブタック

びーろぼかぶたっく

特撮番組『メタルヒーロー』シリーズの第16作、及びその主人公。
目次[非表示]

「キミの勇気がこの胸に、熱く響いてイイ感じッ!!
 ビーロボの一番星・カブタァック!!」

概要

メタルヒーローシリーズ16番目の作品である。前作とは違いカーレンジャーロボコン寄りのコメディ要素が強い作風であるほか、メインキャラ全員がロボットであるのも特徴。対決もいろいろパロディが多い。
また、人間側のメインキャラの名字はJR中央本線の駅名から取られている。

手にした者の願いを叶える「スターピース」を巡ってビーロボたちが争奪戦を繰り広げる、というあらすじ。

登場人物

朝日町の住人

高円寺譲

カブタックのパートナーであり親友の9歳の少年。人間側の主人公で、ちゃっかり彼女を作っていた。

吉祥寺蔵之助

クワジーロのパートナーであり親友の11歳の少年。礼儀正しくスポーツも勉強も得意だが、少々天然ボケ気味。

三鷹小百合

譲と蔵之助の親友でテントリーナと同じマンションに住む9歳の少女。弟がいる。

善玉ビーロボ

カブタック

(声:草尾毅
カブトムシ型バイオチップを持つロボット側の主人公で、一番最初に作られたビーロボ。普段はドジで慌て者だが勇気と努力は人一倍。
スーパーチェンジをするとキャラが変わり、「~カブ」の口ぐせも消える。
なお、声を担当した草尾毅氏は、この番組の主題歌を担当しただけでなく、音楽の先生役で俳優としてゲスト出演したことがある。

クワジーロ

(声:中村大樹
ミヤマクワガタ型バイオチップを持つビーロボ。気は優しくて力持ちだが、甘い食べ物は苦手。
福岡弁を話し、「男は黙って~」が口癖。

テントリーナ

(声:橘ひかり
テントウムシ型バイオチップを持つビーロボ。唯一の女性型で一番最後に作られた。シャークラーの反省から戦闘力を持たされておらず、それゆえに戦闘は苦手だが頭が良い。
他のビーロボと違って初めから常時スーパーモード状態ゆえにエネルギー消費が激しく、その補給をする都合上意外と大食い。食費のためにアルバイトもしている。

デンデンローラー

(声:矢尾一樹
カタツムリ型バイオチップを持つ一輪バイク。江戸っ子口調で話し、スーパーモードのカブタックを乗せることでスピードアップできる。

トビマスカイ

(声:木藤聡子
モチーフは不明だが、スーパーチェンジで飛行モードになるビーロボ。飛行モードではカブタックと合体して飛行能力を与えることも可能。坂上二郎よろしく「飛びます!飛びます!」が口癖。

ダンゴロン

(声:遠近孝一
ダンゴムシ型バイオチップを持つビーロボで、睡眠学習が不完全ゆえ敵と味方の区別がついていなかった。侍口調で話す。ダンゴムシだけに団子が好物。

ゲロタン

(声:くまいもとこ
カエル型バイオチップを持つビーロボで、「結論から言おう」が口癖。蛇が苦手だったが、蛇との生活で克服した。ビーロボの中では最もスターピースに関する知識が豊富。

悪玉ビーロボ

コブランダー

(声:松本大
コブラ型バイオチップを持つビーロボで、睡眠学習が不完全だったために悪の道に走った。
ガニランとスパイドンと3名でスターピースを巡ってカブタックと対立する。マングースを思い出すので猫が嫌い。

ガニラン

(声:江川央生
カブトガニ型バイオチップを持つビーロボで、コブランダーの子分。酒が大好き。

スパイドン

(声:茶風林
ジョロウグモ型バイオチップを持つビーロボで、同じくコブランダーの子分。守銭奴で、関西弁で話す。

シャークラー

(声:千葉繁
サメ型バイオチップを持つビーロボで、かなり腹黒い。寅彦が「最強のロボットにしたい」とさそり座のスターピースに願ったため、トンデモジョーズという巨大戦闘ロボも持っている。
寅彦の言うことを聞かなくなったために封印され、本編中盤でダンゴロンによって封印を解かれた。
ビーロボ最強の戦闘力を誇り、同じくスターピースによって生み出されたドデカブタックも一蹴するが、キャプテントンボーグに攻撃してしまったせいで凄まじい返り討ちにあったこともある。
実は額に傷を付けられた怨みから性格が歪んでしまったのだが、最後の一つであるへびつかい座のスターピースを手にしたカブタックが傷を消すよう願ったため、額の傷は消え、カブタックの思いに心を打たれ改心した。

その他

高円寺寅彦

譲の祖父でロボット工学の天才。スターピースを集めるためにビーロボを作ったが、謎の失踪を遂げてしまった。
譲やカブタックからは慕われている一方、息子夫婦を始めとする多くの人からは「変人」と呼ばれて嫌われている。
ちなみに演じたのは小説家の志茂田景樹氏。

中野美樹

相棒の婦警ロボ・AP717と共に朝日町をパトロールする巡査。自分勝手かつ適当な性格。

小金井太郎

骨董品屋「阿弥陀屋」の店主で鑑定士。母親譲りの強欲な性格で、コブランダー一味とつるんで悪事を繰り返す。
演じたのは鈴木ヒロミツ氏。

キャプテントンボーグ

(声:郷里大輔
スターピース争奪戦が勃発した時、神出鬼没に登場し司会と審判役をする謎の人物。トンボモチーフのロボットだがビーロボではないらしく、ある意味本作で一番謎の奴。
「ひとーつ、ひいきは絶対せず!ふたーつ、不正は見逃さず!みっつ、見事にジャッジする!審判ロボ・キャプテントンボーグ、ただいま参上!」
悪質な不正を繰り返したり、自身を攻撃した者に対しては、「よっつ、容赦はせずに制裁だ!」の決め台詞と共に手持ちのステッキで電撃などの強烈なお仕置きを行い、自分を攻撃したトンデモジョーズをも屈服させている。

その他

  • 何故か他のメタルヒーロー作品と違いDVD化もされず不遇だったが、2017年5月から東映特撮YouTubeeOfficialで配信決定!


関連タグ

メタルヒーロー 浦沢義雄
仮面ライダーエグゼイド:今ではすっかり言われなくなってしまったが、発表当初は「SD体型から8頭身に変身するヒーロー」として引き合いに出されていた。

ビーファイターカブトビーロボカブタックテツワン探偵ロボタック

pixivに投稿された作品 pixivで「ビーロボカブタック」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 94838

コメント