ピクシブ百科事典

山形放送

やまがたほうそう

山形放送とは、山形県をエリアとする、ラジオ・テレビ兼業の放送局。
目次[非表示]

概要

地元紙・山形新聞グループの一員。略称はYBC(Yamagata Broadcasting Co, Ltd)。
日本のテレビ局で唯一、社説を放送している(毎週月曜から木曜の夕方4時30分頃に放送)。
1953年10月にラジオ局として開局、1960年3月にテレビ放送をスタートさせた。

テレビ放送開始にあたってのエピソード

テレビ放送開始時、庄内地方でもテレビ放送を始めるにあたり山形西蔵王親局から鶴岡高館山への番組伝送が問題となった。というのも山形親局のある村山地方から日本海側の庄内地方の間には標高2000mクラスの出羽山地が横たわり、放送では最短距離で映像を流すのが困難だったからである。この場合は電電公社の構築したマイクロウェーブ回線を常時借りるか、自前のマイクロウェーブ回線を構築するのが主流だったが、多額の費用がかかるために、YBCは西蔵王親局と高館山を両方見通せる新庄市にある標高1000mの杢蔵山(もくぞうさん)の山頂に中継所を開局させ、西蔵王親局から発射された電波を新庄で一旦受信。杢蔵山から発射された電波を高館山で受ける体制を構築した。これが全国の放送局の注目を浴び、各地の放送局でも実践されるようになった。

この新庄杢蔵山中継所の建設に際し、当時の服部敬雄社長は自衛隊の出動を要請。多賀城駐屯地の施設部隊が登山道すらない杢蔵山山頂までの工事用道路を突貫工事で開削し、資材の搬入には西部方面隊に配属されていた当時日本最大の大型ヘリコプターを用いた。

なお杢蔵山経由の電波中継はその後開局した山形テレビテレビユー山形さくらんぼテレビだけでなく、防災行政無線などの公共無線にも用いられている。

テレビネットワークの移り変わり

1960年3月16日にテレビ放送をスタート。日本テレビ・ラジオ東京テレビ(現在のTBS)・フジテレビ・NETテレビ(現在のテレビ朝日)とのクロスネットだが、ニュースは任意の局を選択していた。
1966年4月1日、この日発足したNNNに加盟、ニュースのみ日本テレビマストバイとなり、それ以外はフリーネットとなった。
1970年4月1日、当時山新グループだった山形テレビが開局し、フジテレビ系列の番組がここから姿を消し、NETテレビの番組が流れるようになった。
1972年6月14日、この日発足したNNSに加盟。
1980年4月1日、山形テレビがANNを脱退し、テレビ朝日の番組がここに移行。ANNに加盟したため、ニュース系列はNNNとANNのクロスネットとなった。なおここで放送されなかった日テレの番組は山形テレビに移行。
1989年10月1日にテレビユー山形が開局し、TBS系列の番組が姿を消した。
1992年9月24日に山形テレビが臨時取締役会で株主の意向によりフジテレビ系列(FNN/FNS)の脱退とANNの加入を発表。1993年3月31日に山形テレビがFNN/FNSを脱退し、翌日にテレビ朝日マストバイ局となったため、山形放送はANNから脱退し、山形テレビとの間で番組を交換した。テレ朝の番組がここから消滅し、NNN/NNSマストバイ局にとなった。山形テレビのFNN/FNS脱退に激怒したフジテレビは、山形テレビとネットチェンジに協力したとみなした山形放送に対し、フジテレビ制作の番組、関西テレビなどフジテレビ系列制作の番組の番販購入を禁止した。テレビユー山形が引き継いだ「サザエさん」などごく一部を除くフジテレビの番組を見られなくなり、山形放送、山形テレビ、フジテレビに山形県民からの抗議が殺到した。余談だがフジテレビ系列局は後にさくらんぼテレビが開局している。

余談

西部警察」の地方ロケシリーズで、かみのやま温泉および上山競馬場が舞台となったPART3第24話で、ここのテレビ中継車が登場した。競馬場に潜む政治家誘拐グループを探すために、競馬中継用と偽って派遣された、という設定だった。

関連記事

親記事

首都圏以外のテレビ局及び首都圏のローカル(UHF)局一覧 しゅとけんいがいのてれびきょくおよびしゅとけんのろーかるゆーえいちえふきょくいちらん

兄弟記事

コメント