ピクシブ百科事典

青森朝日放送

あおもりあさひほうそう

青森県を放送対象地域とするテレビ局
目次[非表示]

略称ABA。間違ってもAABではない。AABは南隣の県のテレビ朝日系列局である。1991年10月開局のテレビ朝日系列フルネット局である。

放送局概略

ニュース系列ANN
番組供給系列テレビ朝日ネットワーク
略称ABA
愛称ABA・ミテ!朝
コールサインJOAH-DTV
呼出名称あおもりあさひデジタルテレビジョン
リモコンキーID5
親局青森32ch(馬ノ神山)

青森県のテレビ局で唯一開局時からロゴを一度も変更したことがない。

開局に至るまで

元々青森県のNET(→テレビ朝日)系列局は青森テレビ(ATV)だった。しかし青森テレビはTBSとのつながりが強く、ニュース番組ネットワークであるJNNへの加盟を希望。だがJNNは排他協定が非常に厳しく他系列とのクロスネットが不可能であるため、青森テレビのANN脱退を恐れたNET・朝日新聞社との攻防が続いた。青森テレビは妥協策としてニュース番組のネットはJNN系一本、一般番組はTBSとNETとのクロスネットを提案したがNETはこれを拒絶。結果ATVは1975年に3月いっぱいでNETにケツをまくってTBS系列にネットチェンジ、それに伴いNETは日本テレビ系列単独ネット局だった青森放送(RAB)と関係を結んだ。
しかし元々日本テレビ系列単独局だったRABはNNN/NNSに後から割り込む形でANNに加盟したため、RABの番組編成は基本的に日本テレビ系を優先させたのはいいのだが、更にANNの番組をネットするために結果として本来の系列である日本テレビ系番組がRABの番組編成から締め出される事もあった。このクロスネット時代のRABの番組編成はフジテレビの同時ネット枠やスポンサードネット枠も多数存在したため日本テレビ、テレビ朝日、フジテレビの番組が入り乱れる複雑怪奇な番組編成となった。
1990年代になり全国の民放過疎地で平成新局開局の嵐が吹き荒れる中、青森県にも民放第3局開局の機運が高まった。しかし青森テレビ開局時に取締役会長としてフジテレビとのクロスネット構想を潰した張本人である地元選出の自民党の衆議院議員である田沢吉郎(たざわきちろう)が政治家人生最後のご奉公と言わんばかりに第3局開局に際して余計な横槍を突っ込んできた。
田沢吉郎は自民党議員でありながらフジテレビとその実質的な親会社である産経新聞の論調を強く嫌っており、第3局がフジテレビ系列になることを最も恐れていた。
そこで田沢は民放第3局をテレビ朝日系のフルネット局としてRABをNNN/NNSマストバイ化することを考え、それに同調した朝日新聞社が出資する形でABAが開局した。
このABAが開局したことでRABから「暴れん坊将軍」、「ドラえもん」、「探偵!ナイトスクープ」、「新婚さんいらっしゃい!」などが移行、青森県民はこれらの番組を全国同時に見られるようになった(同じくRABからの移行番組「モーニングショー」はRAB時代からテレビ朝日と同時ネット)がそれまでフジテレビ系番組を多く受け入れていたRABがNNN/NNSマストバイ局に移行。これによりフジテレビ系番組のスポンサードネット、同時ネットに制限がかかりRABのフジテレビ系番組枠は大幅に減少。かわってATVでのフジテレビ系番組枠が増えることになった。

田沢吉郎は2001年に食道がんでこの世を去ったが、当時は地上デジタル放送の開始を見据えて新局の開局が凍結され、フジテレビ側もさくらんぼテレビ高知さんさんテレビの開局を以って全国展開を完了したとの判断を下したために青森県にフジテレビ系列が開局することはなかった。なおフジテレビ系の青森県での取材はフジテレビ青森支局が主に担当するが、場合によっては岩手めんこいテレビが担当することもある。

余談

  • 1991年の開局当日に放送されていたニュースステーションでキャスターの久米宏エービーエーではなくアバと呼ばれた。そのせいかどうかは不明だが深夜帯のフィラーとしてABBAが流れていたことがある。

pixivに投稿された作品 pixivで「青森朝日放送」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3

コメント