ピクシブ百科事典

目次[非表示]

略称ABA。間違ってもAABではない。AABは南隣・秋田県のテレビ朝日系列局・秋田朝日放送である。1991年10月1日開局のテレビ朝日系列フルネット局である。

放送局概略

ニュース系列ANN
番組供給系列テレビ朝日ネットワーク
略称ABA
愛称ABA・ミテ!朝
コールサインJOAH-DTV
呼出名称あおもりあさひデジタルテレビジョン
リモコンキーID5
親局青森32ch(馬ノ神山)

青森県のテレビ局で唯一開局時からロゴを一度も変更したことがない。
2017年10月6日、山形テレビや長野朝日放送とともに、株式会社テレビ朝日ホールディングスの持分法適用関連会社となった。

開局に至るまで

元々青森県のNET(→テレビ朝日)系列局は青森テレビ(ATV)だった。朝日新聞社が全国ネットワークを構築すべく、UHF局開局申請を行い、読売新聞と産経新聞の相乗りで青森テレビが開局し、All-Nippon News Network(ANN)に加盟した。
しかしATVはニュース番組の番販ネットなどTBSとのつながりが強く、ニュース番組ネットワークであるJapan News Network(JNN)への加盟を希望。JNN排他協定により他系列とのクロスネットが不可能であるため、ATVのANN脱退を恐れたNET・朝日新聞社との攻防が続いた。ATVは妥協策としてニュース番組のネットはJNN一本、一般番組はTBSとNETとのクロスネットを提案したがNETはこれを拒絶。1975年3月30日をもってATVはANNを脱退し正式にJNNに加盟、それに伴いNETは日本テレビ系列単独ネット局だった青森放送(RAB)と関係を結んだ。
しかし元々日本テレビ系列単独局だったRABは(NNN/NNS)に後から割り込む形でANNに加盟したため、RABの番組編成は基本的に日テレ系を優先させたが、ANNとネットワークを組んだことで一部のNNS番組がRABの番組編成から締め出された。このクロスネット時代のRABの番組編成はフジテレビの同時ネット枠やスポンサードネット枠も多数存在したため、番組比率が日テレ6:テレ朝2:フジテレビ2となる複雑な番組編成となった。この時ATVは朝日放送と名古屋テレビ製作の番組しかネットしなかった。
1990年代になり全国の民放過疎地における平成新局開局ラッシュにより、青森県にも民放第3局開局の機運が高まり、地元選出の自民党衆議院議員・田沢吉郎が、第3局をテレ朝ネットワークフルネットとすればRABは日テレ系列フルネットに移行できると踏んだ。政治まで巻き込んだ論争の末、朝日新聞が出資する形で1991年10月1日、青森朝日放送が開局した。
テレ朝系列番組の移行割合はRAB9:ATV1だが、RABの番組9割のうち6割がいったんATVに移行した後にRABに戻ったものなので、正確にはRAB3:RAB→ATV→RAB:6:ATV:1。
RABがNNN/NNSマストバイ局に移行したためにフジテレビ系番組のスポンサードネットや同時ネットに制限がかかり、ABA開局とともにRABのフジテレビ系番組枠は大幅に減少、かわってATVでのフジテレビ系番組枠が増えることになった。
2001年12月12日に田沢はこの世を去るが、フジテレビが1997年のさくらんぼテレビ高知さんさんテレビの開局をもって全国展開を完了したとの判断を下した後だった。このため青森県にフジテレビ系列が開局することはなかった。なおフジテレビ系の青森県での取材はフジテレビ青森支局が主に担当するが、場合によっては岩手めんこいテレビが担当することもある。

開局時のテレ朝系列の番組

RABから移行

テレビ朝日制作

ほか
朝日放送(ABC)制作
ほか
ABC・テレ朝共同制作(ABCが発局)

ATVから移行

開局時に初ネットされた番組

テレビ朝日制作

ほか
朝日放送(ABC)制作
ほか

余談

  • 1991年の開局当日に放送されていたニュースステーションでキャスターの久米宏エービーエーではなくアバと呼ばれた。そのせいかどうかは不明だが深夜帯のフィラーとしてABBAが流れていたことがある。


外部リンク

公式サイト
夢はここからABA (@yumekokoaba) - Twitter
青森朝日放送 - Wikipedia

関連記事

親記事

首都圏以外のテレビ局及び首都圏のローカル(UHF)局一覧 しゅとけんいがいのてれびきょくおよびしゅとけんのろーかるゆーえいちえふきょくいちらん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「青森朝日放送」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 552

コメント