ピクシブ百科事典

服部敬雄

はっとりよしお

山形県の実業家。別名服部天皇、山形の首領(ドン)
目次[非表示]

1899年12月10日生まれ。1991年3月14日没。服部天皇山形の首領(ドン)と呼ばれるほど強い力を持っていた。
山形新聞山形放送山形テレビ、バス会社の山形交通(現・山交バス)の社長を歴任。山形の地元メディアを中心に強大な権力を持っており、県政にも影響力を持っていた。
なお彼が亡くなった時山形県民の中には赤飯を炊いてお祝いした世帯があったという噂もある。

服部天皇の罪としてのエピソード

  • 『朝日ジャーナル』で、1985年に服部の特集が組まれたことがあり、載せられるたびに服部グループによる相当数の買い占めが行われた。当時の編集長は筑紫哲也。
  • 服部天皇の影響力が強かった当時、山形県には民放テレビが山形放送山形テレビしかなく、服部の意向が2局の番組編成にも及んだ。アニメ「忍者ハットリくん」を「タイトルが気に食わない」という理由で打ち切り。バラエティ番組「11PM」を「内容が気に食わない」理由で打ち切った。
  • 山形初代藩主「最上義光」を湛える歴史ある祭りの「義光祭(ぎこうさい)」を「花笠まつり」に変更させた。また義光に批判的で、編纂の進んでいた『山形新聞』『山形県史』『山形市史』にも意向が反映された。
  • 山形市の中心部に、山形新聞グループが経営していた山形グランドホテルがある。同ホテルでイベントが開催された際、小規模なイベントでも山形新聞グループのマスコミ各社が取材に訪れた。逆にここで起こった食中毒事件は、NHKを除き県内で一切報じられなかった。
  • 山形グランドホテルのライバルであるホテルキャッスルは開業時に山新とYBCに広告を拒否され、1989年にテレビユー山形が開局するまで県内のマスメディアに広告を出稿できず、大きなイベントがあっても山新グループがほぼ取材に来なかったので「ホテルキャッスル」という言葉が山形の報道機関で報じられることは全くなかった。
    • ちなみにホテルキャッスルは、山形空港開港時に服部が直接懇願し、東京-山形線を就航させた全日空と提携しているが、ライバルである日本エアシステム山形支店は、山新グループの山形グランドホテルの一角を間借りするというねじれ現象が起きていた。
  • ホテルキャッスルの向かいに山形商工会館が移転、観光物産館も開設される計画があったが、服部が猛反対し、計画の中止を余儀なくされた。
  • 戦後の労働争議で追放された経験から、労働運動への警戒心が強く、配下の企業では労働組合の存在が認められていない(当然のことながらこれは不当労働行為)ことが多かった。社員に対する訓示では「アカは嫌いだ。組合運動をするなら会社を辞めろ」が口癖だったという。その影響で山交バスの労働組合は交通労連に所属している。
  • テレビユー山形FM山形の開局に反対の立場を示し、対抗策として当時フジテレビ系列(FNN/FNS)に属していた山形テレビで映画の出資、金貨の発行、バイオ科学研究所を設置したが失敗し、経営難に喘いだ。服部の死後、山形テレビは経営を立て直す面を含めてテレビ朝日系列(ANN)にネットチェンジしたが、人気番組を多く抱えていたFNN/FNSからの一方的なネットチェンジは県民からの猛反発を受け、大きな「罪」となった。
  • 服部の死前後、グループ企業と自己の権威を保持するために進出を阻止され続けていた全国チェーンのコンビニやマクドナルドがようやく進出した。マクドナルドは1990年12月に山形県1号店をオープンした。これは1990年5月にオープンした旧ソビエト連邦(現在のロシア連邦)のモスクワよりも遅い。

服部の功としてのエピソード

罪としてのエピソードばかりが目立つが功としてのエピソードもないわけではない。

  • 庄内平野は海運で全国ネットワークが確立されていたが、山形市など山形盆地は周囲が山に囲まれ、全国の交通ネットワーク確立が遅れていた。そのため、航空ネットワークを作ろうと安孫子藤吉山形県知事と服部の主導により官民合同の空港設置同盟会を結成。開港運動を進めた後、1964年に神町空港として開港した(翌年に山形空港に改称)。開港後に服部は旧知の仲であった全日空の美士路昌一社長とそれを引き継いだ岡崎嘉平太社長に直接懇願し、山形空港開港から1か月後、全日空による東京-山形線が就航した。
  • ドラマ西部警察の山形ロケを成功させたのも彼の功績の一つ。静岡ロケで猛抗議を受けた市街地へのヘリコプター着陸を堂々と行い、酒田市でのロケでは酒田市消防本部の全面協力を取り付けた。ちなみにこの山形ロケの際、制作も担当した石原裕次郎が服部に頭を下げ全面協力を依頼したとされている。

外部リンク

関連記事

親記事

実業家 じつぎょうか

兄弟記事

コメント