ピクシブ百科事典

ガル(キュウレンジャー)

きゅうれんじゃーのがる

『宇宙戦隊キュウレンジャー』のキャラクター。
目次[非表示]

「俺はラッキーについていくガル!」
「覚悟しんさいやァ!」

スーツアクター:竹内康博
CV:中井和哉

概要

(本人曰く「こう見えて」)オオカミ座系出身の獣人で、オオカミブルーの変身者。銀髪と右が青で左が赤のオッドアイが特徴。
短気だが、一方で気弱な部分もある。年齢は地球人換算で35歳。9月6日生まれ、血液型はO型。

最初は故郷のものと思しき民族衣装を着ていたが、リベリオン加入後は上着だけキュウレンジャーのジャケットに着替えている。
何故か口調は広島弁風な喋りで、語尾に時々「~ガル」を付ける。

Space.1にてラッキーが惑星ジャグジャグに墜落した際、最初に出会ったキュータマの所有者。因みに思い出の品かお守りなのか胸に下げていた。
かつてジャークマターの襲撃から自分の惑星を守るために戦うも、最終的に仲間も故郷も全て失ってしまい、絶望から戦う気力と誇りを無くしていた。
「戦ったわ!戦って死んだんだ!」
その為ラッキー達と出会った当初はキュータマも光らなかったが、ラッキーと浜辺でぶつかり合った時に拳と共に叱咤激励を受ける。

「よっしゃラッキー!お前、俺と戦えて運がいいな。俺はお前より強い!つまり、お前より先には死なねぇ!俺が一緒に戦ってやる!だからお前は、思う存分戦えよ!」

「絶対置き去りにはしないから、もう失う恐怖に怯えるな」…そう諭すラッキーとキュウレンジャー達の奮戦を目にしたことで、オオカミキュータマに再び灯るガルの闘志。

「戦いてえ…!戦って、ジャークマターをぶっ潰しちゃる!」

そしてついに彼もオオカミブルーにスターチェンジを果たし、ジャークマターの一部隊を壊滅後ラッキーと共にリベリオンに加入した。

ガル本人について語るべき事をSpace.1で全て語り尽くしてしまったため、それ以降は過去が語られる事がほとんど無く、他のメンバーとの関わりを通してガルの人となりが掘り下げられた。
その結果、全編を通して良く言えば他のメンバーを引き立てる名バイプレイヤーとして、悪く言えば本人は活躍しない空気キャラとして描かれている。

人間関係

ラッキー大好きガルさん

事実上の同期であることや上記の経緯から、ラッキーに対する信頼はメンバーの中でも特に厚く、実はメンバー勢ぞろいやラッキーと一緒に出撃する時の見栄を切るカットでは高確率で彼の傍に陣取っているなど、見事なまでの忠犬(忠狼?)ぶりを発揮している。

  • Space.6
「キュウレンジャーのリーダーを誰にするか」という話題になった際、真っ先にラッキーを推薦していた。
  • Space.12
前回(Space.11)の戦闘で度重なる不運に見舞われた上、イカーゲンに尽く圧倒され自信喪失となったラッキーに、Space.1のお返しと言わんばかりにパンチを喰らわせ「お前が俺に火をつけた!だからお前には、戦い続ける責任があるんじゃあ!!」、「俺達は、お前の運を信じ続ける!だからもう一度、お前の運を試してみんかい!!」と闘魂注入。再起したラッキーが機転によってイカーゲンの超視力を封殺した時には「やっぱりお前は…俺の惚れた男じゃけえ!」と感激していた。
  • Space.14
今度は逆に自らがツキを無くし自信を喪失してしまうも、ラッキーに自身が言った上記のセリフをそのまま返される形で励まされ再び立ち直る等、ラッキーとは似たもの同士かつお互いを支え合う「相棒」のような間柄になっていることが分かる。
  • Space.36
ラッキーが「シーザー唯一の友達」と発言したことがやけに引っかかっており、後に「(不安そうな声で)俺は何じゃ?」と聞くが、すぐにラッキーから「頼れる仲間だ!」と返答をもらった途端に上機嫌となった。
  • Space.37
前話にてラッキーが惑星カイエンの王子と判明。
ラッキーの育ての親でもある爺やが「ささっ、家来の皆頭が高いぞ!」と言った際、約二名以外が「ははーっ!」と様々な形で頭を下げたが、その時のガルは正に王を称える民衆と言わんばかりのポーズを取っていた。
  • Space.Final
最終決戦から2年後、仲間たちが宇宙大統領に再就任したり先生になるべく大学で勉強をしたりキュウレンジャーの司令官に就任したりとそれぞれの道を突き進む中、ガルはラッキーと共に小型宇宙船に二人乗りして宇宙を旅していた。
「なーにがよっしゃラッキーだガル!」
……が、Space.1よろしく惑星チキュウにラッキー共々墜落
偶然にもスパーダのレストラン近くに不時着したため、先に集まっていたメンバーと思わぬ形で再会することとなった。

序盤(ケルベロスストーン捜索の段階)でラッキーと行動を共にしており、何とキュータマの力でラッキー専用バイクに変化している。
バイクになってしまったことに戸惑うこともなく、迷わずラッキーを乗せ走り出すあたり流石はガルと言うべきか。

  • Vシネマ
VSスペース・スクワッド』ではラッキー達ハミィを擁護する側についている。

その他の人間関係

スペシャルムービー第3話では似たような過去を持つチャンプと意気投合する姿が描かれており、後に「チャンプの旦那」と呼ぶようになった。
Space.34にて訳あってチャンプがヤギュウジュウベエに変装した際は、他のメンバーにバレバレな中一人だけ全く変装に気づかず小太郎にも「ガル…バカなの?」と言われてしまった)、チャンプが正体を明かした際には非常に驚いていた。
その後の戦闘でチャンプが再び暴走しかけた際には「俺を騙したお返しだ!」と称してドロップキックをお見舞いして暴走を食い止めた。

Space.6におけるリーダー選出の時に張り合った仲で、「運に頼ってばかりじゃない」とラッキーに対して不満を抱いていた彼女と口論になった。
また(偶然その場に居合わせたショウ司令以外では)唯一ハミィのラッキーに対する嫉妬心を打ち明けられている。

基本的に息を合わせていたが内心では「不真面目な奴」と不満を抱えていたらしく、バランスからも「短慮な奴」と思われていた。
ゴミ捨て場でだらける彼に腹を立て、「ゴミと一緒に回収されちまえ!」と罵倒。(当時狼だけあって、鼻がいいので洗濯バサミで鼻を摘んでいた。)
Space.16でスコルピオの攻撃でチャンプが倒されたのをきっかけに一時的に険悪になるが、続くSpace.17でのダイカーン・シャイドスとの一戦を期に互いの長所や潜在能力を目にした事で仲直りし、関係も良好になった。

Space.34で暴走しかけたヤギュウジュウベエ…もといチャンプを止めた際にチャンプの(アントン博士の件も含めた)苦悩を聞かされた後、スティンガーの必死の説得に「…ってチャンプの旦那に伝えてくれ」と付け加えた。
なおチャンプが正体を明かした際にガルは「じゃあ…気づいてなかったのは俺とスティンガーだけか?」と困惑したが、スティンガーは他メンバー同様最初から気づいていた為「一緒にすんな」と切り捨てられ、地味にショックを受けていた。
後に「チャンプが今後暴走するかもしれない」という秘密を三人だけで共有する事となる。

  • その他
Space.18でスペース・スクワッド次元の地球に不時着した際、デカピンクにボス=ドギー・クルーガーと、デカグリーンにその親戚と間違われ、「俺に親戚なんかおらん!」とすぐさま否定。
その後不法入国容疑でしょっ引かれ、デカベースでボス本人に出会うとハミィに「ガルのお兄さん!?」と驚かれ、はずみで「兄貴ー!」と歓喜の声を上げて抱きついてすぐさま「何やらすんじゃ!」とノリツッコミを入れていた(ボスはボスで「弟が世話になってます」と便乗し、直後にノリツッコミしている)。
しかしこの流れ、一族郎党と死に別れた彼がやると微妙に笑えない…

備考

デザインは漫画家の久正人
担当声優の中井は『炎神戦隊ゴーオンジャー』のヒラメキメデス以来、9年ぶりのシリーズ出演となる。
獣人が変身する戦隊ブルー前作ジュウオウシャーク/セラの直前例があるが、人間態の無い戦隊ブルーとして考えるとガルが初になる(まあ、獣人に限定しなければ人間体の無いブルーの前例無い訳ではないのだが)。

Space.2で出身を紹介した時ハミィに「見ればわかるでしょ」と突っ込まれていたが、過去にオオイヌ座かリョウケン座出身に間違えられた事があったのかもしれない(実際に何度か狼ではなく犬と扱われたこともある)。

関連タグ

宇宙戦隊キュウレンジャー 獣人 人狼(狼男)
狼のジューマン前作狼男
特捜戦隊デカレンジャー:声を当てる中井氏が過去準レギュラー出演した戦隊で、アリエナイザーイーガロイドと開発モデルとなったゲド星人ウニーガを演じた。ちなみにこちらには青い狼男ならぬ犬男番外戦士におり、コラボ回では容姿が似ていることからの兄弟ネタがあった。

次狼(仮面ライダーキバ):こちらも敵勢力に一族を滅ぼされて、一人生き残った青い狼男。

ウルフルンスマイルプリキュア!):こちらは敵幹部だがニチアサの青い狼男繋がり。

クール真・女神転生デビルチルドレン):主人公チームの狼系繋がり。変身(正しくは進化)したり、同胞を敵勢力の手で失ったなどの共通点もある。

ロロノア・ゾロ(ONEPIECE):時間帯が被る中の人繋がり。最近は別行動なので被る危険性はないようだが…?

pixivに投稿された作品 pixivで「ガル(キュウレンジャー)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 174042

コメント