ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

サムライマン

さむらいまん

本記事では、特撮テレビドラマ『忍者戦隊カクレンジャー』の登場人物、および巨大戦力の一つとしてのサムライマン(メイン画像右側のキャラクター)を取り扱うものとする。
目次 [非表示]

曖昧さ回避

  1. 特撮テレビドラマ『忍者戦隊カクレンジャー』の登場人物、および巨大戦力の一つ。本記事にて解説。
  2. 芹沢直樹原作の漫画

概要

「サムライマン、見参!」


CV:矢尾一樹

スーツアクター:日下秀昭高岩成二

全高:57.5m / 重量:6000t


本作の番外戦士・ニンジャマンの真の姿。

彼の怒りが爆発することにより、頭部が反転して胸部の中に収まっていた真の顔が姿を現し、さらに両肩・両腿の装甲が変形することにより、超変化を完了する。

ニンジャマンが怒りを爆発させる際には、大抵の場合彼にとっての禁句である青二才を敵から投げ付けられるのが引き金となるが、ダイダラボッチに対峙した際のように、青二才と言われない場合でもサムライマンに変化することは可能となっている。またオオムカデ戦では、例によって騙された上に青二才と言われて怒りを爆発させかけるも、ニンジャホワイトから「騙されるあなたが悪いの!」と怒られてしまい、不発に終わったこともある。


変化前から使用しているニンジャソードの柄に、鞘を合体させた長刀状の「サムライジャベリン」を武器とし、これを振るって「サムライ激怒斬り」という技を繰り出す。さらに、両手の先にエネルギーを集中し、高熱の火球を放つ「サムライ激怒ボンバー」も強力である。いずれも三神将が止めを刺す前の繋ぎ技として使用されることが多いが、前述のダラダラ戦では激怒ボンバーが、ユキオンナが使役した巨大雪だるまには激怒斬りが、それぞれ決まり手となったこともある。


関連タグ

忍者戦隊カクレンジャー ニンジャマン


ハイパーショウ:『ブルースワット』に登場するヒーローの一人。サムライマンと近い時期に登場し、「パワーアップの引き金となるのが怒りの感情」といった共通項を有する

シャイニングガンダム:『機動武闘伝Gガンダム』に登場する主人公ロボ。サムライマンと同じ年に登場し、「パワーアップの引き金となるのが怒りの感情」といった共通項を有する

忍者鬼ング:『暴太郎戦隊ドンブラザーズ』に登場する敵怪人の一体。公式な言及こそなされていないものの、デザインモチーフの一つとしてサムライマンが採用されていると見る向きもある

ブジンソード:『仮面ライダーギーツ』に登場する忍者モチーフライダーの強化形態。こちらは別の意味で怒りの爆発で変身したもの。

関連記事

親記事

ニンジャマン にんじゃまん

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4929

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました