ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

ゲド星人ウニーガ

げどせいじんうにーが

『特捜戦隊デカレンジャー』に登場するアリエナイザーでアブレラ傭兵軍団の一人。
目次 [非表示]

「聞けば、俺をモデルにして作ったイーガロイドにさえ苦戦してるようじゃねえか」(Episode.49)


CV:中井和哉、スーツアクター:岡元次郎


データ

  • 登場話:Episode.49「デビルズ・デカベース」~Episode.50「フォーエバー・デカレンジャー
  • 身長:242cm
  • 体重:138kg
  • 出身地:ゲド星
  • 罪状:様々な特殊犯罪によって特殊刑務所へ収監
  • ジャッジメント:デリート許可

概要

とげとげしい性格の住人が多いとされるゲド星人のアリエナイザーで、エージェント・アブレラが雇ったアブレラ傭兵軍団のメンバー。


かつて様々な特殊犯罪を犯したためドギー・クルーガーに逮捕され、特殊刑務所行となっていたがアブレラの協力で脱獄。他のメンバーと共にアブレラの配下となり、地球に襲来してデカベースを乗っ取った。


軍団の中でも最強とされるほどの戦闘力を持っており、最高級ドロイドのイーガロイドは彼のデータをベースに作られている。

武器は「イーガソード」という剣と斬撃技「クロスバースト」、そしてあまりの威力の強さからデータが取れず、彼の技をほとんど全てコピーしているイーガロイドもコピーできなかった必殺の技ウニーガダイナミックで、またアブレラからもらった剣術に特化した専用のハイパーマッスルギアを装備している。


スペシャルポリスの情報によると、ゲド星人は自身の身を守る役割を果たす固い棘を全身から生やしている。この棘は危険に遭遇する度に防衛本能でその数を増やし、棘が多いほどに多くの修羅場を潜り抜けたゲド星人の証明にして強さの証として尊敬される。そのため、自身の身体の棘の数にこだわりを持たないゲド星人は存在しない。


劇中での活躍

かつて自分を捕まえたドギーへ雪辱を果たすために再戦を挑む。4人がかりで互角に戦うが、白鳥スワン人質に取ってようやく退ける。

ドギー排除後はデカベースを占拠し、デカベースロボを街中で暴れさせたがデカレンジャー達によってデカベース外に放り出され、デカブレイクのソニックハンマーを受けデリートされた。


余談

モチーフはウニで、出身星と名前の由来は「トゲ」および「ウニ」+「イガ」から。


声を担当した中井氏はスーパー戦隊シリーズへの出演は本作が初であり、本作では他にもウニーガ自身がモデルのイーガロイドの声を担当している。また、4年後の『炎神戦隊ゴーオンジャー』ではヒラメキメデスの声でレギュラー出演し、13年後の『宇宙戦隊キュウレンジャー』では主役の一角ガル / オオカミブルーを務めた。


また、中井氏はこの翌年の2005年に『仮面ライダー響鬼』にて次回予告ナレーションを担当し、その同時期に放送されていた『ウルトラマンマックス』の声も担当したため、同じ年にスーパー戦隊・仮面ライダー・ウルトラシリーズに登場した事になる。


スーツは劇場版に登場したアルゴル星人ブランデルの改造。


関連タグ

特捜戦隊デカレンジャー アリエナイザー イーガロイド アブレラ傭兵軍団


スニークブラザーストゲーノ・エイブス:後の作品に登場するウニの怪人達。

関連記事

親記事

アブレラ傭兵軍団 あぶれらようへいぐんだん

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 343

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました