ピクシブ百科事典

アリエナイザー

ありえないざー

本稿では主に『特捜戦隊デカレンジャー』に登場する惑星間宇宙犯罪者(Alienizer)について解説する。
目次[非表示]

アリエナイザーとは

1. 特捜戦隊デカレンジャーに登場する惑星間宇宙犯罪者の総称。アルファベット表記は『Alienizer』。本稿で解説
2. 天之有氏のオリジナルキャラクター。画像掲示板群ふたば☆ちゃんねるを発祥とするメカ少女。この名前は元々同キャラクターのファン達により呼ばれていた愛称である。アルファベット表記は『Elienigzer』。


アブレラ「この宇宙に人類がある限り、絶対に犯罪は無くならない!!誰の中にも私と同じ欲望があるのだ!!」

概要

アリエナイザー(Alienizer)とは、特捜戦隊デカレンジャーにおける特定の組織…ではなく、惑星間における犯罪を起こした宇宙人を指す言葉である。
いわゆる「今週の怪人」。名前の由来は無論「エイリアン(Alien)」と「あり得ない」にかけられているが、これは脚本家の荒川稔久がalienをエイリアンと読めず、「ありえん」と読んでしまった事に由来する。
 
これに掛けたのか、アリエナイザーの出身星の住人には「地球にはあるがその星にはない事(物や施設、慣習など)」が設定に加えられている。
 
たとえば水芸に秀でる住人の多いボクデン星の消防署には消防車が存在しない、四千億年の食の歴史があるオズチュウ星人には食べ物の好き嫌いがない、各々の個性が突き抜けているレイン星人には「統一性」という概念がないといった具合である。
なお作中で犯罪行為をしていない一般宇宙人は、普通に「エイリアン」と呼ばれている。
もちろん地球人でも異星人からすれば宇宙人なので「エイリアン」である。
作中(TV本編)にはいなかったが、「地球を飛び出して惑星間で犯罪を行った地球人」がいれば、それもアリエナイザーということになる。
種族的に悪人が多そうな問題を抱えていてもそれだけで一方的にアリエナイザー扱いにはしない(現に侵略者だらけのリドミハ星人には改心した善人もいた)。
過去作のボーゾック宇宙海賊バルバンなど、宇宙規模で犯罪行為を行っている者たちもデカレンジャーの基準ではアリエナイザーとなるであろう。

本作は警察をモチーフにした作品であるため、敵を「犯罪そのもの」とし、明確な敵組織が設定されていない。アリエナイザーも様々な宇宙人がいるので、姿に統一性はないのは勿論、共通した巨大化手段を持たず、一部の巨大化能力を持つ者を除き、大半は巨大ロボット「怪重機」に搭乗して巨大戦を行う。

デカレンジャー達が彼らを倒すためにはジャッジメントを行い、宇宙最高裁判所からデリート(死刑執行)許可を貰う必要がある(特に凶悪な犯罪者の場合は既にデリート許可されている場合もある)。
殆どのアリエナイザーは大量殺人や惑星滅亡といった重罪を犯しているため、デリート許可が下りれば即座に撃破される。
ただし、少数だが器物破損やストーカーなどの軽犯罪でデリート不許可、逮捕されて終わる事もある。ジャッジメントを受けた者の中で完全な無罪であったのはゾイナー星人ベートニン(冤罪)の一人だけ。
本作の前後のシリーズでは度々見られた罪の意識を感じて死を選ぶ戦隊怪人がいる中、デリート許可が下りたアリエナイザーで自ら倒されたり自害する者はいない模様(ティタン星人メテウスは自害したふり、どう見てもデリート不許可の軽犯罪しか行っていないポッペン星人ハイマルは自害しようとして白鳥スワンに阻止された)。ついでにデリートされた後に生き返ったからと言って罪が帳消しになる訳でもない
デリート許可確実の相手で警察であってもジャッジメントが実際に行われていないまま殺害すれば犯罪者になる。ただ、捜査中・戦闘中の事故死や正当防衛に関してはある程度許容され、ヌマ・O長官によるデカベースごとアブレラを抹殺しようとした件も最早彼を普通の犯罪者として裁こうとせず、これまでやらかした犯罪が宇宙の厄災レベルの扱いであることから強硬手段に興じたりもしている(後付けで正当性が認められると言うノリだろうか)。一方の海賊戦隊ゴーカイジャーに登場するトリガー星人ブラムドはデリート許可は下りているが警察ではないゴーカイジャーに撃破されている事についてはツッコまない方がいいだろう。彼に限らず宇宙帝国ザンギャックの構成員は宇宙人であるが、アブレラが終盤行おうとした宇宙警察の主力部隊壊滅がゴーカイジャーの時代にザンギャックによって行われ権威を失墜した為、手に負えない事情を抱えていたのかもしれない。

なお宇宙最高裁判所のあるゴワシチョル星は時間の流れが通常の200万分の1と非常に遅く、地球人からしてみれば僅か10秒間で判決が下されるジャッジメントタイムも、ゴワシチョルからすれば8ヶ月に及ぶ。
この間裁判官や検事、弁護士がじっくり話し合って公平に判決を下しているのである。

主なアリエナイザー

レイン星人 エージェント・アブレラ

声:中尾隆聖
罪状:銀河消滅及び惑星間戦争における大量殺人の罪
ジャッジメント:デリート許可
犯罪を斡旋する悪徳武器商人で、テレビでのラスボス的存在。数多くのアリエナイザーにドロイドや怪重機を販売している。

ヘルズ3兄弟

第21-23話に登場。リバーシア星出身の凶悪な三兄弟。
宇宙各地を荒らしまわり、79もの星を滅ぼしてきた特キョウ指定のアリエナイザー。
兄弟の内訳は当該記事を参照。

ガスドリンカーズ

劇場版に登場したアリエナイザー集団。全員が機械の体を持つ、アルゴル星の出身。
感染者を機械奴隷にするウイルス「金色の雪」でレスリー星を壊滅させ、次なる目標を地球に定める。
全員が左胸の周囲にタトゥーレリーフをしている。名前の由来の酒の種類で、故郷の名もアルコールが由来。
また、メンバー4人を演じた俳優達は過去にスーパー戦隊シリーズで敵幹部役を演じている。
構成員に関しては当該記事を参照。


アブレラ傭兵軍団

デカレンジャーの妨害に業を煮やしたアブレラに呼び寄せられた最強最悪の傭兵軍団
全員が過去にドギーが特殊刑務所送りにしたアリエナイザーで、ハイパーマッスルギアを装着している。
アブレラとともにデカベースを襲撃・制圧し、システムを掌握した。
構成員に関しては当該記事を参照。

その他


※太字はアブレラと直接関わりがない実行犯及びただの一般犯罪者。冥獣人デーモンのアボロスカイト・レイドリッヒはアブレラの後継者及び継承者、アブレラを一時的に蘇らせた扱いで含めない。

名前CV/人間態登場話罪状ジャッジメント
ラブーリ星人バラン・スー無し第1話バスジャック現行犯逮捕
ディアマンテ星人ドン・モヤイダ菊池隆則第2話警察官に対する殺人、危険運転致死、地球資源強奪デリート許可
グローザ星人ヘルヘヴン酒井敬幸第3,4話営利誘拐、29の惑星における殺人罪デリート許可
リコモ星人ケバキーア戸部公璽第3,4話営利誘拐デリート許可
アンリ星人ベイルドン三宅健太第5話5つの星における殺人、人間ガソリン化未遂デリート許可
ドルトック星人マノマークみのすけ第5話薬物取締違反及び殺人予備罪逮捕
ジューザ星人ブライディ沼田祐介第6話器物破損デリート不許可(逮捕)
リドミハ星人カーミア福田峰子第6話不明無し(殺害された)
リドミハ星人カーサス林知花第6話数々の星の侵略、殺人罪デリート許可
クウォータ星人ダゴネール高戸靖広第7.8話24の星における人間フィギュア化致死罪デリート許可
ザムザ星人シェイク日下秀昭第9,10話監獄惑星プリズロン爆破事件の主犯として宇宙騒乱罪及び大量虐殺の罪デリート許可
ギガンテス郷本直也第11話複数の星における広域殺人の罪デリート許可(ジャッジメント無し)
カジメリ星人ベン・G檜山修之第13話,OV13の星における宇宙地上げに関する大量殺人及び宇宙警察官略取の罪デリート許可
クリスト星人ファーリー江川央生第14話19の星における合計257件の強盗殺人の罪デリート許可
ティタン星人メテウス小谷津央典第15,16話34の惑星で発明した兵器を使い破壊活動を繰り返した上大量殺人を犯した罪デリート許可
パーフェク星人サークルバ無し第17話悪魔のスパイス密売の罪現行犯逮捕
オズチュウ星人イーアルダンディ坂野第17話宇宙薬物取締法違反及び35の星における大量餃子化殺人の罪デリート許可
ゾイナー星人ベートニン※1岩尾万太郎第18話地球文化財窃盗デリート不許可(冤罪)
ウージョン星人ジンチェ堀之紀第19話窃盗、建造物破壊、7つの惑星における58の連続強盗殺人の罪デリート許可(ジャッジメント無し)
ゲルマー星人バイズ・ゴア関智一第20話15の惑星破壊罪、騒乱罪、及び地球破壊未遂の罪デリート許可
ドラド星人ゴルドム黒田崇矢第24話子供を誘拐し罪のない宇宙人を利用した罪、99の星における銀行強盗、その際の大量殺人の罪デリート許可
スピリト星人ビョーイ塩野勝美第25話48の惑星において住民に乗り移り、破壊の限りを尽くした罪デリート許可
タイラー星人ダーデン佐藤正治第26話賭博場開帳図利罪、薬物密売罪及びそれにまつわる大量の殺人罪デリート許可
バンダレ星人ジーバ高階俊嗣第26,45話常習賭博罪及び薬物取締法違反逮捕(後に出所)
ビース星人ビーリング下山吉光第26話薬物取締法、常習賭博罪、器物損壊罪並びに迷惑防止条例違反現行犯逮捕
バリゲ星人ミリバル大林勝第27話,OV48の惑星における窃盗と大量殺人の罪デリート許可
ワンデ星人ニワンデ津久井教生第27話41の惑星における122の窃盗の罪デリート不許可(現在服役中)
パウチ星人ボラペーノ坂口候一第28話様々な凶悪犯に変身し、コピー犯罪を犯した罪デリート許可
スペキオン星人ジェニオ野田圭一第28,29話,OV124の惑星で一万人以上の人達の自由を奪い、鏡の世界に閉じ込めた誘拐及び幽閉罪デリート許可
プコス星人ジャッキル遠近孝一第31話57の星における殺人罪及び王女様の殺人未遂罪デリート許可
トカーサ星人マチカ河野しずか第31話王女様へ対する殺人幇助罪現行犯逮捕
カラカズ星人サノーア田中総一郎第32,33話組織犯罪による大量殺人及び宇宙警察官略取の罪デリート許可
ボッツ星人ゾータク川津泰彦第32,33話組織犯罪による大量殺人及び宇宙警察官略取の罪デリート許可
サウザン星人ギネーカ山口勝平第34話ゲームと称して多くのエイリアンを殺害した罪デリート許可
ハンドレ星人デーチョ高瀬右光第34話ゲームと称して多くのエイリアンを殺害した罪デリート許可
テンテ星人シロガー北島淳司第34話ゲームと称して多くのエイリアンを殺害した罪デリート許可
テラン星人チョウ・サン加藤精三第35話押収物横領及び私刑による殺人罪現行犯逮捕
テンカオ星人ラジャ・ナムナン田中亮一第35話103件の連続強盗殺人及び殺人未遂罪デリート許可
テンカオ星人ゴレン・ナシ藤田清二第35話不明不明(殺害された)
テンカオ星人ヤム・トムクン七枝実第35話不明不明(殺害された)
ポッペン星人ハイマル龍田直樹第36話怪獣機を利用した器物損壊罪現行犯逮捕
マイク星人クロード辻本祐樹第37話7つの惑星において人体実験を重ね数十人を殺害した罪デリート許可
アラドン星人ギャンジャバ岡本美登第38話三千以上の金庫を破った強盗及び両親を殺害し幼いヤーコを誘拐し、使役した罪デリート許可
ユイルワー星人ミーメ富沢美智恵第39話宇宙薬事法違反及び若返り薬製造を目的とした大量殺人の罪デリート許可
パイロウ星人コラチェク島田敏第40話23件の惑星放火を含む4103件の放火の罪デリート許可
アサシン星人ジンギ高山みなみ第41話殺し屋として千人以上のエイリアンを殺害した罪デリート許可
ギラーク星人ドン・ビアンコ江川大輔第41話不明無し(殺害された)
ザブン星人ドン・ブラコ宗矢樹頼第41話不明無し(殺害された)
スマスリーナ星人ニカレーダ柴本浩行第42話殺人及び危険生物繁殖条例違反にまつわり七つの星を滅亡させた罪デリート許可
ボクデン星人ビスケス草尾毅第44話決闘を装い999人の剣士をだまし討ちし殺害した罪デリート許可
アモーレ星人バーチョ※2松野太紀第45話強制わいせつ罪と公務執行妨害不明
スケコ星人マシュー細井治/松本博之第46話結婚詐欺及びピュアハート吸引による273の殺人の罪デリート許可
ダイナモ星人テリーX浜田賢二第47話445の惑星における人間乾電池化殺人の罪デリート許可(ジャッジメント無し)
クラーン星人ジェリフィス塩屋浩三第48話8つの惑星を水没させた罪、並びに人の体を操って犯した673件の窃盗と214件の殺人の罪デリート許可
グリンカ星人チイタ(アリエナイザケンナー)小村哲生ドラマCDみんなの楽しいクリスマスを邪魔した罪デリート許可
ギンジフ星人カザック大友龍三郎デカレンジャーVSアバレンジャー179の星における殺人及び数々の悪行三昧デリート許可
再生アリエナイザー(サキュバス、ジェニオ、ベンG、ボンゴブリン、ミリバル)蒲生麻由穴井勇輝長嶝高士、塩野勝美、緑川光デカレンジャーVSアバレンジャーすぐに倒されたため読み上げられず生前に済ませたためか行われず
チグカデ星人ビルヂーク無しマジレンジャーVSデカレンジャー618件の営利誘拐の罪無し(殺害された)
アルゴル星人バボン長嶝高士マジレンジャーVSデカレンジャー営利誘拐及び数々の犯罪における惑星破壊の罪デリート許可
エージェントX竹本英史マジレンジャーVSデカレンジャー大量の武器密輸、違法開発及び惑星破壊による大量殺人の罪デリート許可
トリガー星人ブラムド(行動隊長ブラムド)桐井大介海賊戦隊ゴーカイジャー第5話幾つもの惑星を破壊した罪デリート許可(ジャッジメント無し)
アリエナイザーX小山力也10 years after宇宙マフィアと結託して犯した機密漏洩及び数多の殺人の罪デリート許可
キュルリアンファミリー-10 years after機密情報漏洩無し(殺害された)
ニタズミー星人イペット無しギャバンVSデカレンジャー連続吸血鬼事件逮捕
バーグ星人クローネン関智一ギャバンVSデカレンジャー88の惑星で犯した大量ライフル殺人の罪デリート許可
※1 誤解から女子高生の携帯電話を一刀両断した位で悪事らしい悪事は一切行っていない
※2 本人に悪意は無く、アリエナイザー扱いされるほどの重罪でもない

番外

名前CV/人間態登場話罪状ジャッジメント
爆竜戦隊アバレンジャー西興一郎冨田翔いとうあいこデカレンジャーVSアバレンジャー市街地での大規模戦闘、器物損壊、警察車両強奪、公務執行妨害逮捕※後に黒幕の存在が発覚し釈放
海賊戦隊ゴーカイジャー小澤亮太山田裕貴市道真央清水一希小池唯田村ゆかり海賊戦隊ゴーカイジャー第5話海賊行為無し※銀河連邦警察が把握していた犯罪歴は宇宙帝国ザンギャックの捏造と判明した為
アサム・アシモフ栩原楽人10years after重要参考人誘拐、情報漏洩幇助読み上げられず※マッスルギアに吸収されたため死亡扱い
ムギ・グラフトン秦瑞穂10years after重要参考人誘拐、情報漏洩幇助読み上げられず※マッスルギアに吸収されたため死亡扱い
宇宙戦隊キュウレンジャー岐洲匠中井和哉山崎大輝大久保桜子神谷浩史キュウレンジャーSpace.18地球への不法侵入無し※素直に逮捕・勾留された上、レジェンド戦隊の居る宇宙とは別宇宙の存在な為、「違法性の意識」が無い
マーダッコ喜多村英梨キュウレンジャーSpace.18ドルギラン強奪行われず
ラーズ/マッドギャラン崎本大海/春田純一ギャバンVSデカレンジャー宇宙警察官略取、監禁、暴行致傷、クローネンと共謀したサタンゴース復活による大量殺人(未遂)、それにまつわる大量の傷害、冤罪サタンゴースに踏みつぶされたため死亡
リタ浅川梨奈スーパー戦隊最強バトル!!メビウス・コネクトの守り人の追放、究極大サタンの復活、全宇宙の破壊(未遂)逮捕


アリエナイザーの戦力

ドロイド

いわゆる戦闘員。「メカ人間」とも呼ばれる。
値段の高いドロイドほど知性的で強い。銃と剣が武器。

アーナロイド

顔に幾つかの穴があるドロイド。
人間に変身可能で、言葉は理解できるが本人の言語は「ウィーン」のみ。
1番安価のため、大量に登場する事も。

バーツロイド

○に×の形状の頭部のドロイド。
ある程度知能を有し、怪重機の操縦も可能な中級モデル。言語は不可思議な機械ボイス。

イーガロイド

声:中井和哉
ウニーガをモデルにした栗のイガのような頭部のドロイド。最高級だが戦闘力はずば抜けて高く、地球の言語も話せる。

マッスルギア

アリエナイザーの戦闘強化スーツ。パワーと防御力のみならず、ステルス機能も搭載。
初登場した回ではデカマスターデカブレイクが苦戦する程の強さを発揮した。
これに対抗すべく、デカレンジャーは新たな力・SWATモードを習得する事になる。
終盤で、アブレラ傭兵軍団が、更に強化されたハイパーマッスルギアを使用。

怪重機

アリエナイザーにアブレラが貸し出す巨大メカ兵器。アリエナイザーやドロイドが操縦する。
アリエナイザーが脱出したり、ドロイドが操縦する場合は怪重機が先に破壊され、アリエナイザーは後からデリートされる事もある。

備考

上記の理由で、TV本編終了後もアリエナイザーは出現し続けている(マジレンジャーVSデカレンジャーなど)。

海賊戦隊ゴーカイジャーでもアリエナイザーが宇宙警察によって取り締まられている描写がある。

海外版の『パワーレンジャーS.P.D』ではさすがに警察作品で犯罪者をデリートしてしまうのは(お国柄上)まずいと思われたのか、カードに収監される演出を取っている。が、単純にモーラ(サキュバス・ヘルズ)が描いたモンスターとして登場した場合はあっさりデリートされる事も。

関連タグ

特捜戦隊デカレンジャー 戦隊怪人
吐き気を催す邪悪

黒い東映

バトルフィーバーJ:怪人が巨大化せず、巨大ロボットに搭乗して巨大戦を行う最初の戦隊。
轟轟戦隊ボウケンジャー 天装戦隊ゴセイジャー:同じくメインの悪役が一つの組織ではなく複数の勢力である戦隊。
海賊戦隊ゴーカイジャー:第5話の行動隊長・トリガー星人ブラムドがアリエナイザーとしてデリート許可が下されていた。また、劇場版2作目では、アブレラが再登場した。
ロンダーズファミリー未来戦隊タイムレンジャーに登場する敵組織。同じく犯罪者で構成されているが、こちらは犯罪規模が小さい場合が多く、撃破ではなく封印される点で異なる。

アンデッドドツクゾーンニチアサ同期の敵対勢力。

邪命体エヴォリアンアリエナイザー地底冥府インフェルシア

トリノイドギガノイドアリエナイザー冥獣/冥獣人

関連記事

親記事

特捜戦隊デカレンジャー とくそうせんたいでかれんじゃー

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「アリエナイザー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 62725

コメント