ピクシブ百科事典

パウチ星人ボラペーノ

ぱうちせいじんぼらぺーの

『特捜戦隊デカレンジャー』に登場するアリエナイザーである。
目次[非表示]

「どうだい?僕の犯罪ショーは。素晴らしかっただろう?」
CV:坂口候一、スーツアクター:大林勝

データ

  • 登場話:Episode.28「アリエナイザー・リターンズ」
  • 身長:185cm
  • 体重:75kg
  • 出身地:パウチ星
  • 罪状:様々な凶悪犯人に変身し、コピー犯罪を犯した罪
  • ジャッジメント:デリート許可


概要

住民はモノマネ芸人が多いとされているパウチ星人のアリエナイザー
顔には口がある以外、パーツらしいものがないのっぺらぼうで、全身黒タイツで覆われたような姿をしている。

ほんのわずかな細胞や血液だけでどんな宇宙人の姿や能力でもコピーすることが可能だが、本来この能力を他の惑星で使用することは禁じられている。
だがボラペーノは熱狂的な犯罪マニアでスペキオン星人ジェニオを崇拝しており、彼に認められたいがためにエージェント・アブレラから契約の時に押される血印を購入し、これまでデカレンジャー達が戦ったアリエナイザーの中からリコモ星人ケバキーアアンリ星人ベイルドンリドミハ星人カーサスクウォータ星人ダゴネールザムザ星人シェイクリバーシア星人ブリッツ・ヘルズに変身して悪事を働いた。

当人の戦闘能力はあまり高くない反面、身のこなしが素早い。この他、黒い影のように変化しての高速移動も可能。

スペシャルポリスの情報によると、パウチ星人同士はどんな姿をしていても見抜くことが可能で、顔にこだわらず化けることを楽しんでいるとか。そのためパウチ星にお見合い写真は存在しないらしい。

劇中での活躍

手始めに地球にて上記のアリエナイザーの内シェイクとブリッツを除く4人に化け、彼らと同じ犯罪行為を行った。

しかしジェニオがテツに情報を明かしたため正体がばれてしまい、シェイクに変身するがデカレンジャーに見抜かれ、ザムザ星人マイラの住処に先回りされてしまいそこで正体を現す。

戦闘力が低いため、ブリッツに変身するが、進化を果たしたデカレンジャー達に追い詰められてしまう。
その後はコピーした怪重機ゴッドパウンダー」に乗り込むがデカレンジャーロボに圧倒され、「様々な凶悪犯人に変身し、コピー犯罪を犯した罪」でデリート判決を受け(その際、「あ…がっくし」とややショックを受けた様子だった)、ジャスティスフラッシャーでデリートされた(なお、彼によるダゴネールの模倣行為でフィギュア化された人々は無事元に戻った)。

余談

劇中では珍しく殺人や大量破壊を含まない罪状でデリート許可が下りたアリエナイザーだが、(ジャッジメント時の読み上げで省略されたものの)変身した面子の犯罪行為に殺人などの凶悪な行為が含まれているため、それらの犯行を模倣した際に少なくとも数十~数千人規模で死人を出したものと思われる。

出身星と名前の由来はアイヌ伝承の妖怪パウチと日本妖怪・のっぺらぼう。

声を担当した坂口候一氏は『爆竜戦隊アバレンジャー』にてアヤメガネズミの声を担当しており、スーパー戦隊シリーズへの出演は4年連続となる。また、2年後の『轟轟戦隊ボウケンジャー』ではアクタガミの声を担当した。

関連タグ

特捜戦隊デカレンジャー アリエナイザー 模倣犯

グリンジーナリスマシ:同じく高度な変身能力を持った戦隊怪人。後者はのっぺらぼう繋がりでもある。
ギンジフ星人カザック:変身能力を持つアリエナイザー。こちらは絨毯や畳、自動車にも変身可能。
ヤバイバ:中の人繋がりの戦隊怪人。(しかも幹部)

関連記事

親記事

アリエナイザー ありえないざー

兄弟記事

コメント