ピクシブ百科事典

サウザン星人ギネーカ

さうざんせいじんぎねーか

サウザン星人ギネーカとは、特捜戦隊デカレンジャーに登場するアリエナイザーである。
目次[非表示]

「あの“ゲーム”は楽しい。我々特権階級だけに許されたスポーツだと思わんかね?」

CV:山口勝平

概要

住民は皆ゲームが好きなサウザン星人のアリエナイザー
白昼堂々とワインを嗜む典型的なセレブ(というより成金)趣味丸出しのリッチな暮らしを送る裏で、星間評議会の議長である父親(ギネーカからは「パパ」と呼ばれている)の権力を悪用し、サウザン星人の趣向を悪い意味で体現したかのように数多くのゲームと称した犯罪を犯し、好き放題やってきた悪質極まりないドラ息子。
中でも「水晶によく似たターゲットボールを拾った一般エイリアンをターゲットにし、怪重機でハンティング(殺害)する」というルールの殺人ゲーム『宝探し』を特に好んでおり、彼自身だけでも456人ものエイリアンを殺害しているのだが、その都度事件をもみ消され、罪に問われる事は無かった。これらの点や劇中での言動から、父親から相当甘やかされて育ったことは想像に難くない。

表向きにはレジャー目的に地球に滞在しながら、エージェント・アブレラに大金を積んで最新型怪重機「ミリオンミサイル」を購入し、遊び仲間のテンテ星人シロガーハンドレ星人デーチョと共に地球でゲームをするためにやってきた。
なおアブレラは表面上はお坊ちゃまと呼んで媚び諂っているが、上述にある台詞で自分の考案した「宝探し」を自画自賛しながら楽しむ姿を見て、影で「バカ息子が…」と吐唾(※)していた。

スペシャルポリスの情報によると、サウザン星はとても文化が進んでいる星で、地球では考えられない高さの高層ビル群が雲を突き抜け無数に立ち並んでいるという。
宇宙の様々な重要施設が多い事でも知られていて、宇宙中の宇宙人が出入りしサウザン星人は彼らと広く交流しているとされる。
そのため顔が広いサウザン星人には名刺を渡すという習慣がない。

活躍

ある夜、いつものように「宝探し」を行っていた最中にスーパーデカレンジャーロボに妨害されるも、ミリオンミサイルの飛行機能を駆使して翻弄し、半壊させた上で逃げおおせる。
その後、自身の滞在する別荘の周辺で怪重機が目撃された為に、地球署からセンウメコが聞き込み調査にやってくるも、知らぬ存ぜぬとしらを切るばかりか、地球(ギネーカ曰く「何もないド田舎な惑星だがワインとチーズだけはいける」)やセン達を露骨に侮辱し、自身の出自を誇示しながら、「その気になれば宇宙警察を動かして君たちをクビにだってできる」と豪語するなど、典型的な親の権力を傘にきた不遜な態度をみせ、セレブのエイリアンとの玉の輿を狙っていたウメコを酷く憤慨させ、温厚なセンも眉を顰める程だった。

その後、ターゲットボールをチャンベーナ星人ギンが拾った事から、彼を狙った「宝探し」ゲームを開始するが、偶然にもギンと一緒にいたセンが彼を護衛し、更に2人が地下に潜ってしまったため、怪重機から降りて直接殺害しようと追いかける。
そしてギンを拳銃で銃撃するが、その行いでセンの怒りを買ってしまい、デーチョとシロガーと共に「ゲームと称して多くのエイリアンを殺害した罪」でデリート判決を受ける。
だが、ギネーカ自身は突き付けられたデリート許可の判決を(文字通り)手で払い除け、「ありえない判決だ。パパに取り消してもらおう」と今までどおり、父親が罪をもみ消してくれるとタカをくくっていたものの、向かってくるセンの剣幕を前に態度を翻して怯え、(恐らくはアブレラが救援の為に差し向けたものと思われる)イーガロイドが駆け付けた隙をついてミリオンミサイルに再搭乗。

新登場したデカウイングロボを新たな標的に『100年物のロマネ・コンティ』を懸けたゲームを、デーチョとシロガーに持ち掛けたが、二人が倒されると「遊びなのになんてひどいことをするんだ!」と逆恨みしながら、逃走する。
だがデカウイングロボのキックで墜落し、地球で破壊するのは危険と判断されたため宇宙に運ばれた後、センから「標的になった人の気持ちを思い知れ!!」と怒りを込めたファイナルバスターを受け、ミリオンミサイル諸共デリートされて仲間たちの後を追った。

ちなみにギネーカに銃撃されたギンは、襲撃される直前にセンと立ち寄っていたもんじゃ焼き屋から、くすねていたもんじゃ焼きのヘラを胸に忍ばせており、それが銃弾から身を護る形で無事であり、死んだと思われていたのは、銃弾の衝撃で気を失っていただけだった。

余談

(※)…基本的に顧客の犯罪に不干渉をポリシーとしているアブレラが露骨に嫌悪感を抱いたのは彼一人だけである。そのことからも、個人的に唾棄されたギネーカ一味が、如何にアブレラの視点から見ても異様な程に不埒かつ悪趣味な嗜癖、性質であったのかがよくわかる。

幾度となく罪をもみ消しておきながら地球ではあっさりデリート判決が下された理由は不明。
単に父親の権力が及ばなかった、もしくは権力を振るえる状況ではなくなった
罪を重ねすぎて父親でもフォローしようがなくなった、または父親に見放された
これまでは怪重機に搭乗していた事で犯罪現場を目撃されなかった為に揉み消しが効いたが、警官(セン)の目の前で犯した現行犯だった以上、揉み消す余地がなかった
のいずれかと思われる。もっとも、今回の件で父親の方にも(おそらく犯人蔵匿・証拠隠滅容疑で)宇宙警察による捜査のメスが入れられることとなった可能性は高い。

劇中では犬を飼っている(ブリーダーであるデーチョから譲り受けた、もしくはデーチョの飼い犬を可愛がっていた可能性もあるが)ところが見られたが、ギネーカの死後その犬がどうなったかは不明。

デザイン画での名称は「レセブ星人ギネーカ」。

声を担当した山口勝平氏は今作がスーパー戦隊シリーズ初出演となり、6年後の『天装戦隊ゴセイジャー』にてニュートラルのアインIの声を担当。さらに10年後の『烈車戦隊トッキュウジャー』にてチケットの声でレギュラー出演を果たした。

出身星と名前の由来は、英語で「1000」を意味する「サウザンド」と鉄鋼王の異名を持つ大富豪アンドリュー・カーネギーから。

関連タグ

特捜戦隊デカレンジャー アリエナイザー
ドラ息子 親の七光り 貴族 上級国民

ムザン星人デスガリアングロンギ芝浦淳…同じような事を行っていた特撮悪役達。

関連記事

親記事

アリエナイザー ありえないざー

子記事

兄弟記事

コメント