ピクシブ百科事典

もんじゃ焼き

もんじゃやき

小麦粉を主体とした材料を鉄板で調理する日本の料理で、粉ものの一つである。
目次[非表示]

歴史

起源は、江戸中期の江戸で作られた仏事用菓子「麩の焼き」であるといわれている。
その後、麩の焼きを起源として江戸末期から明治にかけ、味噌の代わりに餡を巻いて作る「助惣焼」が
生まれる。 この食べ物は東京・大阪で大流行し、明治時代には「もんじゃ焼き」「どんどん焼き」が生まれた。
1819年刊『北斎漫画』に、「文字焼き屋」の挿絵があり、この時代既に江戸にもんじゃ焼きに類するものが
あったことが分かっている。
焼くときにタネで文字を書いて遊んだことから「文字焼き」と呼ばれ、「もんじ焼き」これが「もんじゃ焼き」と
なったとの説と、豪商の子息で大酒飲みの「門次郎」と呼ばれる男に由来する説とがある。
東京都台東区浅草近辺が発祥地とされる事が多いようである。

東京のもんじゃ焼き

東京のもんじゃ屋は、東京都全域に分布しているわけではなく、
比較的特定の区域に集中する傾向にある。特に下町地区に多く、今でも一般的に食べられる。
古い店があるのは墨田区・江東区・台東区・北区・足立区・荒川区・練馬区等。

月島

月島西仲(もんじゃ通り)
東京都中央区月島の「西仲通り商店街」は、「もんじゃ焼きの街」の「もんじゃストリート」と呼ばれ観光客で賑わう。

作り方

一般的な作り方。
汁と具をすべて混ぜる。鉄板にまず具を入れて温まったあとに汁を入れ、水分が蒸発したあと、ヘラで鉄板に具を押し付けて焦がしながら一部カリカリした状態にして食べる。

材料

汁 水、小麦粉
調味料 ウスターソースなど
野菜 キャベツなど
乾物 揚げ玉、青のり、切りイカ、削り節など
汁や具材に好みの物を追加する場合が多い。

道具

もんじゃをはがすための「へら」は、「はがし」とも呼ばれる事があり、テコとかコテと呼ばれる事もある。幅20mm〜30mm、長さ10cm〜15cm(お好み焼き用のヘラは同じ形だが、それよりかなり小さい)のステンレス製。

関連タグ

料理 お好み焼き 鉄板焼き 粉もの

pixivに投稿された作品 pixivで「もんじゃ焼き」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 29501

コメント