ピクシブ百科事典

トラボルト

とらぼると

メタルヒーローシリーズ「テツワン探偵ロボタック」に登場
目次[非表示]

概要

 シャードック探偵社のライバル会社、と呼ぶにはあまりにも資本が違いすぎる探偵会社ゴールドプラチナの会長。20話で登場し、その際社員から「うちの会長ロボットだった!」と驚かれる程、謎に包まれた存在だった。

 ロボタック達よりも前のタイプのワンダーロボ(つまり年上)で、タイプはトラ。元々は対シーホール対策に製造され、ランドバッテリーを基本装着するなど、現行においても引けを取らない高性能を誇る。
 当初は礼儀正しく正義感あふれる男だったが、実は【トラ型では無く猫型】だと知り、故郷を憎み出奔した経歴の持ち主。
 その後ゴールドプラチナ社を設立。表向きは【ランドツールを探す為に設立した】と言い、ランドツール争奪戦に参加。しかし直後、自分のプライドを傷つけたハラッパ国を滅亡させるという真意が発覚し、完全に敵に回る。

 自分と同概念の元制作されたロボタックとは当初からライバル視しており、ロボタックからも「僕と同じ変形システムだ」と称され、反発しあっている。

  

その後とネタバレ


 トラボルトとロボタックは何かにつけて反発しあい、長らくライバル関係であった。
 しかし、ここに登場人物が一人、高峯裕一郎が終盤(放送終了2話前の次回予告)で爆弾発言をする。

「ロボタック、トラボルト、兄弟力を合わせて頑張るんだ!」
「え゛え゛え゛ーーーーーーーーーー!!!!」×2

 次回、テツワン探偵ロボタック 『犬と猫! 運命の兄弟』
 「絶対見るバウ!」 
                   43話次回予告よりそのまんま

 トラボルト出奔により計画は途中変更を余儀なくされ、最初から高出力バッテリーを内蔵するのではなく、通常バッテリーと情協によって取り外すタイプの新型を製造した。
 それがロボタック、二人の変形システムが似ていたのは似ていたのでは無くそのまんまだったのであった。
 ちなみに二人の親(製造者)は主要人物・高峯桜子の実父。
 この一言に、当時の視聴者は文字通り度肝を抜いた。
 
 何よりこの二人、自分たちが兄弟である事を本気で知らなかった。


 ちなみにこの高峯裕一郎、よくあるまじめで優秀な科学者なのだが、「大事な事をうっかり忘れる」悪癖の持ち主で、【うっかり研究にのめりこんで家族を忘れる】とか【うっかりトラ型バイオチップが未完成だったので猫型バイオチップで代用しているという事を説明し忘れている】という大ボケかました結果が、この作品の騒動の大本の元凶というなんとも同情できない話である。
 その仕事仲間であるロボット科学者スピーダムも、【知っていると思っていたから】という理由で、トラボルトとロボタックの関係を終盤(本編終了2話前)まで話していなかった。

 この様に、はた迷惑な科学者によって振り回されたトラボルトだったが、完成したトラ型バイオチップを渡された事でようやく完全なトラ型ロボットとして完成、和解に成功する。
 その回で高峯裕一郎を『お父さん』、ロボタックを『弟よ』と呼ぶ。以降については、何しろ最終回の出来事だったのでどうなっているのかマジで不明。



『家族構成』
父・高峯裕一郎

姉・高峯桜子
弟・ロボタック

親戚・スピーダム




関連タグ

テツワン探偵ロボタック 特撮におけるみんなのトラウマ一覧

pixivに投稿された作品 pixivで「トラボルト」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 395

コメント