ピクシブ百科事典

スペル・デルフィン

すぺるでるふぃん

「スペル・デルフィン」は日本のプロレスラー、現・大阪府和泉市議会議員。

プロフィール

本名脇田 洋人(わきた ひろと)
旧リングネームモンキーマジック・ワキタ、モモタロウ
誕生日1967年9月22日
出身地大阪府和泉市
身長175cm
体重85kg


来歴

プロレス入り前にはサンボを経験。
「たけしプロレス軍団」に秋吉昭二(現:邪道)、高山圭司(現:外道)ともに練習生として参加。
デビュー戦は、1989年3月19日オランダのアムステルダムのエイデンホールにおける対ブルドッグKT(現:外道)。
その後FMWを経て、ユニバーサル・プロレスリングに参加。「モンキーマジック・ワキタ」のリングネームで、MASAみちのく(現:ザ・グレート・サスケ)と組み、ブルドッグKT&クーリーSZ(現:邪道)と主に対戦。その後、MASAみちのくと共にメキシコに渡った。

メキシコで漫画『THE MOMOTAROH』をモチーフにした覆面レスラー「モモタロウ」としてリングに上がる。

1991年に「スペル・エストレージャ'91」に参加するため一時帰国した際、アカプルコ出身の謎の覆面レスラー「スペル・デルフィン」として正体を明かさずリングに上がった。終了後再度メキシコへ。

1992年、再度帰国。モモタロウのマスクを被り、モンキーマジック・ワキタのリングネームで試合に登場したが、三本勝負での二本目でスペル・デルフィンのマスクの上に被っていたモモタロウのマスクを脱ぎ捨て、以降はスペル・デルフィンとして活動。

1993年、経営難によるギャラの不払いから、ザ・グレート・サスケのみちのくプロレス旗揚げに参加。ルード(悪役)軍団を率いてサスケのライバルとして一時代を築いた。
1994年、新日本プロレス主催の第1回「ベスト・オブ・ザ・スーパージュニア」で優勝決定戦まで進出。この試合では半分がライガーのコスチューム(通称:デルイガー)で登場。


1995年、ディック東郷が率いるユニット「平成海援隊」(後にユニット名を「海援隊DX」に変更)と抗争状態になるが、この頃から試合での不甲斐なさが目立つようになり、肉体改造と「大阪臨海アッパー」なる技を習得して復活。

海援隊DXがWWF(現:WWE)参加のため離脱すると運営に対する考え方でサスケと対立。
1999年1月17日、星川尚浩、薬師寺正人、瀬野優(現:大王QUALLT)、練習生の木川勇人(現:HUB)、レフェリーの松井幸則と共に、みちのくプロレスを退団。大阪プロレスを旗揚げ。
以後2003年まで絶縁することに。

2006年、沖縄県産業振興公社「沖縄ベンチャービジネスサポート事業」に応募、「沖縄プロレス」を立ち上げ。2007年8月「大阪プロレス」を売却。
2008年2月、大阪プロレスの取締役社長を解任され同年5月「沖縄プロレス」設立、7月に旗揚げ。

2012年、事業契約満了に伴い、団体の拠点を本土へ移して、出身地である大阪府和泉市の市議会選挙への出馬を発表。9月9日投開票の市議選(定数24)で3,552票(2位)を獲得し初当選。

2015年7月22日、記者会見を行い堺市を基盤とした「海鮮プロレス」を旗揚げ。
2016年9月11日の和泉市議選では2,661票(8位)を獲得し再選。

バツ2で現在の妻は沖縄出身タレントの早坂好恵。2003年に親しいレスラーの紹介で知り合い、結婚。

関連記事

親記事

プロレス ぷろれす

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「スペル・デルフィン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 13

コメント