ピクシブ百科事典

ムザン星人

むざんせいじん

ムザン星人とは、特撮番組『ウルトラマンティガ』に登場する宇宙人である。別名「極悪ハンター宇宙人」。
目次[非表示]

ウルトラマンティガ第14話『放たれた標的』に登場。

データ

  • 身長:2.5m~66m
  • 体重:200kg~6万t
  • 別名:極悪ハンター宇宙人
  • 出身地:ムザン星
  • 演:婆娑羅天明
  • CV:佐藤正治

概要

極悪ハンター宇宙人  ムザン星人(等身大)


他星の種族をターゲットとしたハンティングゲームを好む別名の通りの残忍な宇宙人。
異星人ルシアとザラを地球へ放流した後、ゲームを行うために地球に飛来した。ウルトラマンレオの星人のように、等身大時と巨大化時の姿が異なる。等身大時(怪人態)は人間に変装している(ただし、手のみ変化していない)が、驚異的な跳躍力を持つ。
巨大化時は、怪獣に近い姿になる。武器は、等身大時、巨大化時共通して頭部の触角から放つ怪光線である。

残忍なるハンター

捕獲した生物に特殊なブレスレットをはめて隕石状のカプセルの中に詰め込んで他の惑星に放流し、その腕輪の反応を基に追跡して殺害するゲームを行う。
これはムザン星人達が好んで行う遊びであり、それ故ムザン星は悪魔のような住人が住む星と呼ばれている。

ルシアを見つけ、路地裏に追い込んで仕留めようとするものの、ルシアの悲鳴を聞いて駆け付けたダイゴとレナによって妨害されたため撤退。もう一人のターゲットであるザラを仕留めるために、円盤でザラのいる赤峰山へ向かう。円盤からの攻撃でザラのハントに成功し、続いてザラを救うためにダイブハンガーから脱走したルシアを触角からの光線で殺害する。目の前でルシアを殺され、怒るダイゴによってガッツハイパーガンの銃撃を喰らい、立て続けにレナ、ムナカタのガッツハイパーガンの銃撃を喰らわされる。しかし、すぐさま巨大化形態へ変貌する。ティガとの戦闘に入る。

奇怪なる変貌

序盤はティガに圧倒され、キャメルクラッチを受けるものの、背骨が背中から離れ首が長くなった、尾の先端に頭部のあるサソリのような四足歩行の奇怪な形態となり攻撃から逃れる。奇怪な形態ゆえ、攻撃パターンが読みづらくなったことで優位に立つ。活動時間が残りわずかとなったティガを押さえつけて、怪光線で止めを刺そうとするが、直前でティガが回避したために自分の背中に光線を撃ってしまう。諦めず、頭突きで攻撃を仕掛けるが、ティガが岩石を盾にしたことでまたもダメージを喰らう。

最後は、ティガ・パワータイプのウルトラスウィングで投げ飛ばされ、デラシウム光流で倒される。

その後の登場

ティガ42話「少女が消えた街」ではコンピューター都市「タウン」の住民の青年が作ったバーチャルムザン星人が登場。以前の個体と同じく頭から光線を発射し、さらに瞬間移動も得意。
ヤズミ隊員に不意打ちをかけたが、ガッツハイパーガンで銃殺された。
ダイナ第46話ではメージヲグの幻覚の一体として等身大のものが登場している。また、ダイナ第47話には名前のみ登場。ファビラス星人Aの性格を変貌させた原因はムザン星の魔石だった。
ムザン星人が狂暴になったのもこの魔石が原因である可能性がある。ある意味じゃ別作品にも同じような奴がいたが彼らと同じかもしれない

余談

この回のみ、ティガの変身バンクがとなっている。
恐らく、目の前でルシアを殺害されたダイゴが、激怒した状態で変身したからと思われる。
それに合わせて、ティガの声も普段と比べて低くなっており、戦い方も拳を思い切り振り下ろして殴ったり、ムザン星人の顔面を掴んだりするなど、暴力的になっている。

スーツは胴体部分がジョバリエに、等身大の頭部がフォーガス怪人態に改造されている。

人間態を演じた婆娑羅氏は4年後の平成ライダー第1作でもゲーム感覚で人間を殺す怪人幹部を演じた。

関連タグ

ウルトラマンティガ ウルトラ怪獣
狩人

クール星人:狩人の異名を持つ宇宙人
ドルズ星人:昭和ウルトラシリーズ版ムザン星人
サタンフォーガス:サタンフォーガスの人間体の着ぐるみは、人間時のムザン星人の着ぐるみを改造したものである
グロンギ・・・同じくゲーム感覚で人を殺す種族
デスガリアン・・・こちらも同じようにゲーム感覚で相手を殺す組織

プレデター・・・宇宙で他の種族を獲物として狩りをする種族の筆頭。ただし、上記の奴らと違って獲物とする対象に関しては厳密な基準があり、あくまで武器(戦闘能力)および戦意を持つ相手のみを標的にするなど、まだ彼等の方がフェアかも知れない。

pixivに投稿された作品 pixivで「ムザン星人」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1691

コメント