ピクシブ百科事典

ジョバリエ

かませいぬなきょうごう

『ウルトラマンティガ』第28話に登場する怪獣。
目次[非表示]

データ

身長63m
体重5万3千t
別名甲獣
出身地地球・住宅地


概要

電磁波の影響でガゾートへと変貌するクリッターの殲滅作戦「クリッター作戦」と時を同じくして突如住宅地に出現した怪獣。出現した理由は電磁波の以上と考えられるが、目的は一切不明。
『甲獣』の肩書通り、戦車隊やガッツウィング1号程度の攻撃どころか、ティガの攻撃にもビクともしない程の頑丈な体を持つ。
武器は鰭の様な分厚い腕と角から放つ『青色稲妻光線』で、戦車隊には直接当てて、ティガとの戦闘では上空のマイクロ波に影響して爆発して火花を降らせた。
 昼間は攻撃を受けるまで自分からは攻撃せず、山に顔だけ出して埋まると言う、ある意味インパクトのある芸当を見せたが、夜中に突如活動を再開し暴れはじめた。

噛ませ犬?

ティガとの戦闘では頑丈な体で優位に立つが、「ウルトラブレーンチョップ」で片方の角を破壊される。
それでも両腕で捕まえて扼殺しようとして残った方の角から光線を放とうとするが、「何故戦うのか」と言う疑問の答えを見出したダイゴ=ティガの起死回生の「ウルトラヒートハッグ」で粉々に粉砕されたと言う呆気ない最期を遂げている。

そもそもGUTSとの戦闘自体も、クリッター作戦の為にガッツウィング2号やアートデッセイ号が使えず、止む無く戦車隊とウィング1号のみでの対応だったので、「デキサスビームやデラック砲が有れば勝てたのでは?」と言う見解も抱きかねない。

なお、この回はあくまでも和解できると理想を信じるレナと他の隊員の対立やガゾートに恋人を殺されたマユミ等話がストーリー描写に割かれておりジョバリエは添え物でしかなかったという印象も強い(GUTSにとってこの回最大の敵はジョバリエでもクリッターでもなく同じ隊員のレナと言えるかもしれない)。

余談

着ぐるみはアトラクション用のレッドキングの頭部とムザン星人の胴体の改造。

関連タグ

ウルトラマンティガ クリッター(ウルトラマンティガ)
ジョバリア…名前が似る恐竜
電波怪獣クラックラー…ゴジラ・ザ・シリーズに登場した。能力と(部分的な)見た目が似ている。

pixivに投稿された作品 pixivで「ジョバリエ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 690

コメント