ピクシブ百科事典

目次[非表示]

「テスト、開始」
「不思議な反応の原因がわかったわ、あなたがいたからよウルトラマンコスモス。あなたがいなければ地球人は『文明人に相応しい行動』を採ったか解らない」

データ

  • 身長:135cm
  • 体重:32kg
  • 別名:超高度文明人 宇宙少女
  • 出身地:宇宙
  • 演:秋元眸

概要

第55話「最終テスト」に登場。
地球の文明の調査・破壊の為にミーニンを送り込んだヒューマノイドタイプの宇宙人。特殊な光線を放って相手を眠らせられる。
火の玉に変身して地球の文明が危険かどうかを測定していたが、地球人にテストを行うべく自ら赴いた。

彼女本人は「大きな力に大きな力で対抗する地球人のやり方は文明人のやり方ではない」と断じており、ミーニンが入っていた2つのガモダマと共に地球に送った箱の中に「この箱を開けし文明を持てる者、ガモランにより滅ぼされるべし」との脅迫文を入れ、片方のミーニンがバイオコントローラーの破損により巨大化に失敗した為、もう片方をガモランに変え、地球の文明を破壊しようとした。
だが、地球を破壊する為に送り込んだガモランに対し、地球人とウルトラマンコスモスが攻撃こそしたものの、最終的には助けんと行動をした為に興味を持ち、鏑矢諸島に保護されていた2体のミーニンの内、以前ガモランにならなかった片割れを連れ去り、バイオコントローラーを取り付けてガモランⅡへと変えると、「人類がウルトラマンの力を借りずにどこまで文明的な行いが出来るか?」のテストとしてコスモスへの変身能力を封じガモランⅡを暴れさせた。

しかし、EYESがガモランⅡへの攻撃に踏み切る前に、フブキ隊員と残る1体のミーニンが説得し助けようとした姿を見て変身能力を復活させ、コスモスによってバイオコントローラーが破壊されたガモランⅡが元のミーニンへと戻ると、地球人に「合格」を与えた後に宇宙に帰っていった。

『超高度文明人』の思想

劇中の行動自体は「発達した文明の負の側面=『武力の暴走』の危惧と警告」であり、最終的には地球人を認める言動を見せた為、本質は(実害こそ出したものの)『平和を第一義とする善意に満ちた存在』である。
だが、その行動の端々は、善き面も悪しき面も突き抜けて極端になっており、とても同一存在に見えないのが実状でもある。

『平和を望む者』として

EYESは確かに怪獣保護の任務を的確に実行できていたが、その実長い期間人類が怪獣の保護・浄化がコスモスに頼り切りだったり、コスモスがいなければ今ほど怪獣を保護できなかった現状がある。
また、シゲムラ参謀や西条武官のように、コスモスの存在『怪獣保護』の理念を否定し、抹殺に踏み切ろうとする危険な人間がいるのも事実である(特にコスモスに頼り切りの点は、後にとんでもない事態の引き金となってしまう……)。

また、上記の通り『コスモスの存在が欠片にも地球上になかった』場合、ミトルの指摘通り「地球人が『文明人に相応しい行動』を採った」か分からないのも現実である。
更には今作の後日談にして最終作である『ウルトラマンコスモスVSウルトラマンジャスティス』では、この世界の守護者たるデラシオンから「地球文明は2000年後に宇宙にとって害悪になる」と判断された後、一方的な地球リセットまで勧告されている。

ヒウラ隊長が口にした「コスモスのせいばかりではない。地球人は共生不可能と思える怪獣とも手を取り合おうとしている」人類は、いつか彼女の出したテストに完璧な回答をする時がくるだろうか?。

『狂気の非戦論者』として

一方で、劇中の行い自体は『自分達の文明の偉大さ・優位性』笠に着て振る舞う行為そのものであり、本質的にはモネラ星人チブル星人エクセラー何ら変わらない存在でしかない(そもそも、『自分達以外の文明の破壊の可否』を大前提としたテストを一方的に押し付ける、ミーニンに対する道具そのものの扱い自体、『自分達以外の生命を軽んじる行為』そのものであり、端的におまいうと見られても仕方ない。特にミーニンの扱いは命の冒涜者と大差ないものである)。

そもそもの話「強大な宇宙人・怪獣が『明確な悪意・害意・敵意』を持って攻めてきた場合、力で対応する以外の選択肢がない(最初から滅ぼす、侵略する意図を持つ以上、説得に効果があるとは思えず、その場合『反抗』以外には『服従』か『絶滅』の2つの末路しか無い……以前に、説得が通用する相手ならまず交渉にくるはずである。劇中でもあのノワール星人ですら、最初は交渉していた)」にも関わらず、その最低限の自衛すら「『文明を有する生物』として相応しくなく危険」と断定し滅ぼそうとするのは、独善的で頭のイカれた破壊者としか評しようがない。

超高度文明人達が過去に、超兵器R1号と同等の轍を踏んでいるならともかく、常識的に考えて星に攻め込まれている以上は退治はやむを得ずだろうし、そこを『平和的追放』『保護』でなんとかしているのが、EYESでありコスモスである。
しかし『平和的追放』の選択肢は、作中たまたま理由あっての暴走であったりしたのを解消した結果、運良く自主的に去っていっているだけで罷り間違えれば、本来『自分達が被るだろう実害』を他の星や文明に押し付ける行為に豹変してしまう危険性も秘める。

「ではなんらかの手法で保護すればいいのか?」とするにも、一概にそうならないのが現実である。
リドリアスの様に元々大人しい怪獣はともかく、「現状は700年分のエネルギーで満腹だから、大人しくしているだけ」で700年後また空腹になれば、間違いなくエネルギーを捕食する為に破壊活動を始める事態が予想できるボルギルスを始めとする、根本的な問題の解決が不可能の先送りにしかならない怪獣等が存在する以上、考えなしに『保護』と『追放』を繰り返して周りに迷惑を掛けたり、将来自滅するハメに陥るのであれば、それこそ臭い物に蓋をしているだけの、程度の低い文明の生物が行う愚策であろう。

また、ザ☆ウルトラマンタフギランのように大人しく狂暴性はないが、食性等の怪獣毎の生態によって、存在するだけで周囲に甚大な被害を及ぼす怪獣や、元来は大人しいがカオスヘッダーによるカオス怪獣化、環境汚染や破壊によって、狂暴な存在に変質してしまったオプト等の、何時・何処で・何が原因で文明に害なす存在が出現するか分からない状況もある以上、『自衛』であれ『自分達以外の被害を抑える』為にも、非情な決断をする必要性があるのだ。

コスモスでさえ敵に自我が無かったり、決して分かり合えない悪が相手の場合はコロナモードで抹殺している以上、やはり保護にせよ自衛にせよ最低限の武力保持は当然であり、でなければなす術なく蹂躙される以外ない。


力で勝つだけじゃ何かが足りない」のと同様に、「優しいだけでは何も守れない」のも事実なのだから。

総括

以上の考察からミトル達『超高度文明人』は「『自分達の眼鏡に合致した存在』には友好的に振る舞い、そうでない存在には『(超高度文明人の独善的な尺度による)平和』の大義名分を振りかざす」のが基本的な思想と思われ、見方によっては光の国ウルトラ戦士達が道を違えてしまった姿とも評せるだろうか。

余談

当初は劇中より上の年齢が想定されていたが、「純粋な子供の方が良い」との意見により変更された。

当初は特定の名称が無く『宇宙船YEARBOOK2003』『ウルトラマンコスモスイズム』では単に少女、『ウルトラマン画法下巻』では異星人の少女、『テレビマガジン特別総集編ウルトラマンコスモス』では宇宙少女、『ウルトラマンコスモス超全集』では宇宙人少女と一貫しなかった。だが2013年に発売された『円谷プロ全怪獣図鑑』に記載されたミトルが公式名称となった模様。

関連タグ

ウルトラマンコスモス ミーニン ガモラン

宇宙工作員ウルトラマンマックスに登場する文明を調査した上で破壊しようとする辺りやってる事はほぼ同じ宇宙人。こちらの方が過激だが後のシリーズにて疑問を抱く同族もいる。

セミ人間:ガモランの元ネタを送り込んだ宇宙人。こちらは最初から侵略目的で送り込んできた。地球人への警告の点では、ナメゴンを送り込んだ火星人に近いかもしれない。

惑星O-50:ウルトラ戦士を輩出する惑星の1つだが、その実態は『最悪の方向に突き抜けた弱肉強食ディストピアであり、万が一ミトル達超高度文明人に発見された場合、即刻で破壊されるだろう文明。

ギルバリス及びギャラクトロン:ミトル達超高度文明人と同じ、独善的過ぎる理由で他の文明を破壊する機械群。こちらは最低限の目安に照らし合わせ、それに外れた瞬間に徹底的な殲滅を開始すると更に質が悪い。また、ミトルは「大きな力に大きな力で対抗する地球人のやり方は文明人のやり方ではない」、ギャラクトロンは「人間の文明から争いがなくならないのは、この星の残虐な生態系を模倣しているから」と、然も自分達は『正しい文明の有り様』を知っている風ながら、「文明を有する存在なら知っていて当然」の態度だけを押し付ける=他の文明にそれを教える意思がほぼない悪辣さも共通している。

リリーナ・ピースクラフト二次元コンテンツにおける、近似した平和思想の持ち主。但し、こちらは普通の人間の少女にして、分かり合えない思想の持ち主であって諦めずに交渉し、分かり合う努力をする人間であり、ミトル達超高度文明人のように『分かり合えないだろう存在』を見下し、切り捨てない

関連記事

親記事

ウルトラマンコスモス うるとらまんこすもす

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ミトル」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 911

コメント