ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

CV:山田成吾


概要編集

ギャラクシーレスキューフォースの一員にして、かつてウルトラマンマックスと戦ったケサムケルスとおなじKJ-K5星雲出身の宇宙工作員。外見はケルスと同じ。ケサムやケルスのように人間態が存在している可能性もあるが、現時点ではそのあたりについては触れられていない。


元々はケサム・ケルスと同じ宇宙工作員の仕事をしていたが、母星の強硬的なやり方を良しとせず、ギャラクシーレスキューフォースに入隊した。

マックスは、ある意味同胞の敵とも言える存在であるが、彼は上記の事情から、マックスのことを恨んではおらず、むしろ仲間の暴挙を止めてくれた彼に礼がしたいとまで述べており、こうした発言をしていることからも彼が故郷の過激なやり方に疑問や強い反発心を抱いていることが窺える。ここまで明確に反骨心を顕にしているのならば、彼のような感情を持つ宇宙工作員の同士も一定数存在するのかもしれない。

逆に、母星が彼のこうした行動をどう認識しているのかは語られていない(明確に反旗を翻している以上、快く思われていない可能性は高いが)。


ギャラクシーレスキューフォースでは、工作員時代の腕を活かして特殊任務に就いているとのこと。


ぶっきらぼうな口調に反して、意外に軟派な性格で、ソラ親睦会に誘おうとするが、ウルトラマンリブットとソラの仲の良さを見て「お前ら、そういう仲なわけ?」とからかうフレンドリーでお茶目な一面も(その後の告知でも「告知も一緒とは仲のよろしいことで」と茶々を入れ、2人から「からかわないで下さい!」と文句を言われた)。


19話で再登場した際には、新入りであるババルウ星人(RB)の変身能力と怪獣を操る能力に注目し、彼を特殊任務に就かせたいとリブットらに要望。

自分の能力を評価してもらったRBともすっかり意気投合し、そのまま2人仲良く歓迎会へと出かけていった(その様子を目の当たりにしたリブットは「これが私の憧れたギャラクシーレスキューフォースの実情なのか…」と嘆いていた)。


またリブットがかつて使用した「ギャラクシーレスキューフォースの情報網を甘く見るなよ!」やTHE LIVEでの「安い挑発だな」などのセリフは彼から伝授されたフレーズだと判明している。


関連タグ編集

ギャラクシーレスキューフォース

宇宙工作員

関連記事

親記事

宇宙工作員 うちゅうこうさくいん

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2424

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました