ピクシブ百科事典

ガラモン

がらもん

円谷プロの特撮番組『ウルトラQ』に登場した怪獣。
目次[非表示]

概要

  • 体長:40メートル
  • 体重:6万トン

別名「隕石怪獣」。地球上には存在しない合金チルソナイトの巨大隕石の中から出現した。
有機的な外見をしているが、実は地球侵略用のロボットで電子頭脳から指令電波で操られている。電波が遮断されると口から謎の液体を垂らして活動を停止する。

ウルトラ怪獣初の異星人の侵略用としての怪獣兼ロボット怪獣である。

ガラモンの名称は、「ガラダマモンスター」の略したものである。
着ぐるみは次回作『ウルトラマン』のピグモンに流用されている。スピンオフ小説『多々良島ふたたび』でも「何故ピグモンにそっくりなのか」について触れられている。

第13話「ガラダマ」のガラモン

弓ヶ谷に落下した小型隕石(電子頭脳)から発信された指令電波により、引き寄せられた巨大隕石の中から出現。指令に従い、熊谷ダムを破壊して電子頭脳のある東京に向かおうとする。

電子頭脳は地球人の技術による解体は不可能だったが、電波遮蔽網で電波が遮断され、ガラモンは活動を停止した。

なお同エピソードでは単に「モンスター」とだけ呼称されていた。

第16話「ガラモンの逆襲」のガラモン

本話にて、ガラモンを操っていた宇宙人・セミ人間チルソニア遊星人)が登場。
前回の事件で保管されていた電子頭脳を奪還したセミ人間は複数のガラダマを地球へ呼び寄せる。そこから2体以上のガラモンが現れ、東京を襲う。
セミ人間は電子頭脳を所持したまま逃走しており、万城目淳たちは侵略を阻止するため、これを追うことになる。

最後は電子頭脳が回収され、電波を遮断された為に一斉に活動を停止。任務に失敗したセミ人間は仲間の円盤により処刑された。

その後セミ人間はロボットではない純粋な生物兵器を送り込むことになる。

なお、この話で壊した東京タワーの高さ(333m。展望台までなら150m)とガラモンの身長が吊り合っていないのだが気にしたら負けである。ガラモンはよくこんなデカイもん壊せたな…。

レッドマンのガラモン

レッドファイト!!!


Battle-006、010、067、069、073、076、077、079に登場。
腕が異様に伸びているなど印象がかなり変わっているため、「誰だお前!?」と思った方もいるかもしれない。

テレポートを駆使したりしてレッドマンとレッドファイトを展開した。
チャンネルNECOでは「格闘戦を意識した」「地底人類デロス人が開発したバーサークシステムのようにレッドマンを排除しようと、自動的にガラモンが送り込まれる驚異のプログラムがあるのではないかという可能性だ!」等と解説されていた。

アメコミ版では、あまりにも外見が違い過ぎるからなのか、「無力怪獣レッドモン」という酷い別名の全く別の怪獣にされてしまっている。
同作に出てくる怪獣の中では小柄で非力な部類に入り、大型怪獣に襲われて捕食されるシーンもあった。

ウルトラ怪獣擬人化計画

漫画作品『ウルトラジャーニー』のメインキャラクターとして、ガラモンをモチーフにしたガラ子という少女が登場。本作は『オズの魔法使い』のオマージュとなっているが、彼女は同作における“カカシ”に相当するキャラクターとなっている。
見た目が同じピグモンが既に擬人化されアニメにも登場していたのに比べるとようやっとの擬人化となったが、関連するキャラやオマージュ要素はピグモンに準拠している(電撃版におけるベムスターと同様の現象が起こっている)。

「世界とはぐれ、あてどなく彷徨うしかない者たちの宿り木」である神樹マルスに棲むあどけない少女。言動は無邪気だが面倒見の良い性格で、「いいこと」が趣味。「彷徨い子=ジャーニー」の一人であり、独りぼっちで神樹マルスに流れ着いた際に神樹の主であるジェロニモンと出会い、彼を「じいさま」と呼んで慕っている。魔女サバトの襲撃によって神樹マルスの“知恵”を奪われた上、抵抗したジェロニモンが幼態化してしまったことにショックを受け、彼に恩返しをするためヒナ・ナタの世界を繋ぐ旅に同行することを決意する。

まだ幼い少女のため戦闘には向かず助けられるパターンが多いが、ナタの心情を見抜いたり場を盛り上げたりというムードメーカーとして活躍している。

ちなみに神樹マルスではラコテレスという2匹の小動物をお供にしており、ジェロニモンを含めた原典の関係性を考えると感慨深い構図になっている。

その他

ウルトラセブン』にて、宇宙金属「チルソナイト808」が登場しているが、関連性は不明。
ウルトラマンコスモス』のガラモンをモデルにした怪獣・ガモランが登場。
ウルトラQ dark fantasy』ではリメイクキャラクターのガラゴンガラQが登場している。
絶対に笑ってはいけない地球防衛軍24時』ではM1号と共に写真パネルで登場。
古城武司の漫画版『ウルトラQ』では世界各地にガラモンが出現する。アメリカのミサイル基地にガラダマが飛来し、ガラモンから発せられる電磁波で核ミサイルが誤作動を起こして発射されたり、電磁波遮断網すらも打ち破ってガラダマから新しいガラモンが誕生、世界中を襲撃する大惨事となった。
だが自衛隊の山本一尉とアメリカのスミス大佐が特攻したことで核ミサイルは撃墜され、その余波に巻き込まれて太平洋上のガラダマも吹き飛ばされ、同時にガラモンも機能停止した。
一方セミ人間は地球のミサイル基地が壊されることが目的だったのか一度も地上に降り立たず、ガラモンが機能停止すると宇宙へ去っていった。そして「人類は再び核ミサイルを作るのだろうか」という問題提起で物語は終わる。

また、クレヨンしんちゃん第586話『お米をゲットするゾ』では、しんのすけが福引きのガラガラ回すアレこと『ガラポン』の名称を聞いた際に『隕石怪獣の?』と言ってコスプレして見せた。(ご丁寧にモノクロである。)すかさず店員が『それってガラモ…』と言いかけた。仮面ライダーしん王は許諾を得ていたから良かったものの、ガラモンの名前をフルで出せばトンデモない事態になっていただろう。

余談

デザインは彫刻家でもあった成田亨氏。宇宙人のメカニックは人間に予想がつかないものだと考え、形に面白さを感じたコチという魚の口を中心に鰭のような突起をたくさんつけた体を描き、手足はダチョウの首の骨をモデルにデザインしたという。

決定稿といわれるデザイン画の顔は魚寄りで鼻が無いなど登場したものと異なる。着ぐるみ担当の高山良策氏のセンスで、ディフォルメされた人の顔のような独特の風貌となった。後に成田自身も着ぐるみの顔を元にして絵画や彫刻を作成している。なおリアルタイムで見た世代のギャグ漫画家達が、登場人物の顔のモデルにするなどの影響がみられる。

初期設定では緑色の設定だったためミュージックブック『ガラモンの逆襲』のジャケット絵ではその色で描かれている。後にNGバージョンとして緑色に彩色されたソフビも発売された。

スタッフがシナリオにイメージとして描いた落書きは竜脚類のような怪獣だった。

関連タグ

ウルトラQ セミ人間 ウルトラ怪獣
ピグモン

pixivに投稿された作品 pixivで「ガラモン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 37583

コメント