ピクシブ百科事典

キジムナー

きじむなー

沖縄の伝承に登場する樹木の精霊。
目次[非表示]

キジムナーとは、沖縄に伝承される樹木精霊のことである。ミチバタ、ブナガヤー、セーマなどとも呼ばれる。

概要

古くなったガジュマルアコウなどの樹に住むと言われる。姿かたちについては諸説あるが、凡そ人間に似ているように描写される事が多い。
沖縄では大木に宿る精霊を「キーヌシー」(樹の主)というが、キジムナーはこれを擬人化した存在だとも言われている。

魚捕りが巧みであり、しかも捕った魚の左目だけしか食べない。その為、キジムナーと友達になると漁運に恵まれる。

熱い鍋蓋、、人間の屁を極端に嫌い、それらのものをキジムナー近付けるのは禁忌である。また住んでいる樹に釘を打たれると死ぬ(或いは別の樹への転居を余儀なくされるとも)。これらの禁忌を破った人間に対しては、殺害を含む恐ろしい報復を為す事も辞さない。
然し、禁忌さえ破らなければ基本的に人間には無害な存在であり、人間の船に同乗して共同で漁を行う、諸作業の手伝いをして礼にご馳走をいただく、夕食時に火を借りに来る、年の瀬は一緒に過ごすなど、人間とは「良き隣人」であると言う伝承が多い。その為沖縄では、嘗て腐れ縁の友人同士の事を「キジムナードゥシ」と呼称した。

アニメ『ふるさと再生日本の昔ばなし』の「海の神とキジムナー」では、ガジュマルの化身であり、人間のためにキジムナーが砂浜にハマヒルガオを咲かせたことに怒った海の神と対決し、終いに巨大なシーサーに変化して海の神を退散させ、これが台風とシーサーの由来になったと紹介されていた。

創作での扱い

水木しげる作品

妖怪画ではヒヨコのような独特の姿が描かれた。なお初期には”キムジナー”と紹介されていたのでそう覚えてしまっていたものもいるという。『ゲゲゲの鬼太郎』には南方妖怪として何度も登場している。

キジムナー
悪魔ブエルとキジムナー


女神転生シリーズ

初出は『真・女神転生デビルサマナー』。種族は”妖精”でアダンの実のような姿で登場した。

女神転生 キムジナー


うしおととら

悪いマジムンを倒せる強い妖怪を探しに街にやってきた。最終章での戦いでは土地神たちと一緒に駆け付けた。

リロ・アンド・スティッチ

沖縄の架空の島イザヨイ島が舞台のTVシリーズ『スティッチ!』に登場した。

pixivに投稿された作品 pixivで「キジムナー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 77710

コメント