ピクシブ百科事典

目次[非表示]

「優しくなりたいです。私、もっと。魚にも、まわりの人にも」

概要

P.A.WORKS製作のオリジナルアニメーション。2021年7月からTOKYOMXAT-XばかりかBSフジとかTBS系列局約2局とかフジテレビ系列局約1局にて放送された。全24話。

もともとは沖縄県南城市のちいさな水族館を舞台に、2人の少女の絆や葛藤、成長を描いた作品として発表された。
その後、前半と後半で作風の異なる2クール作品であった事も明かされ、幻想的な演出と現実のシビアさを描く展開が両立した作品となった。それゆえ「独特の路線へと進んでいった」と遠回しに非難されたことがある。

花咲くいろは」「SHIROBAKO」「サクラクエスト」に続く、P.A.WORKSの「お仕事シリーズ」の一作と位置付けられている。

内容

前半は夢破れた元アイドルと、夢を守ろうと意固地になってしまっている少女とのふれあいをメインに、廃業寸前の水族館・がまがま水族館を巡る人間模様を描いた。

後半については、がまがま水族館が廃業したため、行き場を失った生き物と従業員を引き受けた新設の水族館であるアクアリウム・ティンガーラを舞台としたヒューマンドラマが描かれる。

登場人物

前半(がまがま水族館)関連

海咲野くくる(CV:伊藤美来
沖縄に住むまっすぐで明るい性格の女子高校生。
思い入れが強いがまがま水族館の館長代理を務めており、立て直しに奔走したが、現実の前に結局挫折した。
その後アクアリウム・ティンガーラに就職、セールスレディとして奮闘するが…。

宮沢風花(CV:逢田梨香子
真面目で一生懸命な、元アイドルの少女。
アイドルの夢を諦めてやってきた沖縄でくくると出逢う。
一度は日本(本土、岩手県)に戻るも、沖縄に舞い戻った上、アクアリウム・ティンガーラに就職、ペンギンの飼育員として“第二の人生”を送ることになる。

仲村櫂(CV:土屋神葉
くくるの同級生で、よき理解者。漁師の息子。
夏休みにアルバイトとしてがまがま水族館で働いた後、高校卒業と同時にアクアリウム・ティンガーラに就職する。配属先は魚類の飼育担当。

屋嘉間志空也(CV:阿座上洋平
がまがま水族館の飼育員。
一見無気力そうに見えるが、仕事の腕は確か。
同年齢の女性と接するのが苦手で、近くにいるだけで酸素不足に陥る程の拒否反応を示す。
がまがま水族館廃業に伴いアクアリウム・ティンガーラに移籍。

具殿轟介(CV:櫛田泰道
「がまがま水族館」の飼育員。通称「ウミやん」
髭面のいかつい大男だが、腰の調子が良くないようだ。
かなりのアイドルマニアでもある。
がまがま水族館が廃業した際は空也と行動を共にしている。

おじい(CV:家中宏
くくるの祖父で、「がまがま水族館」の館長。
性格は優しく、風花も家に受け入れる。
一部では「伝説の飼育員」と呼ばれているようだ。

後半(アクアリウム・ティンガーラ)関連

南風原知夢(CV:石川由依
アクアリウム・ティンガーラの飼育員。
飼育員の仕事に強い思い入れを抱いている一方、弱小のがまがま水族館や関係者には見下した態度を崩さない。
シングルマザーでもあり、幼い息子の雫を育てている。

島袋薫(CV:小松未可子
アクアリウム・ティンガーラの飼育員。
外見も口調もボーイッシュで一人称も「僕」。
魚類の担当で、知夢とは仲がいいが、空也や轟介のマイペースな行動には手を焼いている。

真栄田朱里(CV:安野希世乃
アクアリウム・ティンガーラで、事務のアルバイトをする大学生。
性格は明るく、初対面の相手にも気さくに話しかける。
くくるのほっぺたが気に入ったらしい。

米倉マリナ(CV:東山奈央
アクアリウム・ティンガーラの飼育員。
ペンギンの飼育を担当。
明るく気さくなペンギン担当のムードメーカー。

比嘉瑛士(CV:永野由祐
アクアリウム・ティンガーラの飼育員。
物静かな性格で、大学院卒業後に飼育員になり、魚類を担当する。
魚を愛し、なんでも魚にたとえて話す癖がある。
その反面、人間関係を築くのはあまり上手ではないようだ。

星野晃(CV:てらそままさき
アクアリウム・ティンガーラの館長。開館準備に追われていた。
おじいと懇意だったため、がまがま水族館廃業の際、飼育していた生き物たちや、従業員を受け入れた。
飼育員をやりたがっていたくくるを、あえてセールスレディに回した。

諏訪哲司(CV:日野聡
アクアリウム・ティンガーラの副館長。営業部で働いている謹厳かつ強権的な人物。
世界一の水族館を目指しており、水族館の命運は営業部が握っているという信念の持ち主。
しかし集客=水族館の利益を第一に考える余り、現場への配慮がまるで欠如しているその言動は「成果主義に偏重したブラック上司」でもある。
だがこんな人間性になったのには、あまりにも重い過去があった…

雅藍洞凡人(CV:阪口周平
アクアリウム・ティンガーラの飼育部長。性格は適当なところがある。
副館長の哲司とはあまり仲が良くない。

その他

照屋月美(CV:和氣あず未
がまがま水族館の近所にある定食屋の娘。
くくるとは小学校以来からの付き合い。
あだ名は名前の「つきみ」にかけて「うどんちゃん」。

久高夏凛(CV:Lynn
南城市職員で市の観光協会に出向している。
行き倒れになりかけていた風花を助け、がまがま水族館の世話になるよう伝えた。
後にお役人生活に別れを告げ、アクアリウム・ティンガーラのセールスレディに転職した。

おばあ(CV:定岡小百合
くくるの祖母。
行き倒れになりかけた風花を、夏凛からの紹介という形で受け入れた。
がまがま水族館廃業直後、くくるに対し、くくるの出生時の秘密を明かしている。

竹下先生(CV:花澤香菜
がまがま水族館の嘱託の獣医。
第3話で子供を出産し、育休が明けるとアクアリウム・ティンガーラの獣医として子育てと仕事に奮闘中。

城居ルカ(CV:菊池紗矢香
風花のアイドル時代の後輩。風花が彼女に新曲のセンターポジションを譲ったことが、風花が事務所から冷遇されアイドル界を去る原因となる。風花のことは今でも先輩として慕っており、風花がアイドル界を去ったことに対してわだかまりを抱いている。

宮沢絵里(CV:園崎未恵
風花の母親。風花の後を追ってがまがま水族館を訪れるが、結果として風花ががまがま水族館で働くことを認める。

照屋さつき(CV:儀武ゆう子
月美の母親。定食屋「カメ一」を経営する傍ら副業で占い師もしている。
なお声の儀武は本作の方言監修も担当している。

仲村真帆(CV:広瀬さや
櫂の妹。小学生。少々おませで生意気。
くくるとはあまり仲が良くなく、風花に憧れている。

知念類(CV:北守さいか
真帆の同級生。海洋生物が好きで、がまがま水族館の常連客。
空也とは変に意地を張り合っている。

上原愛梨(CV:塙真奈美
がまがま水族館をよく訪れていた、病気がちの少女。

南風原雫(CV:塙真奈美
知夢の息子。

具殿岬(CV:生天目仁美
轟介の妻。大学の准教授で、離島でウミガメの研究をしている。姉御肌でさっぱりとした性格。

山原(CV:丹羽正人
離島の水族館「かめはうす」の職員。岬の研究の手伝いもしている。

三浦響子(CV:中原麻衣
那覇でウェディングプランナーの仕事をしている。アクアリウム・ティンガーラで結婚式を行う企画について、くくるや哲司と交渉する。

キジムナー(CV:儀武ゆう子)
道端に祀られている精霊らしき存在。幼い子供の姿で現れる。
劇中には演出以上の影響をもたらさない狂言回し。

主題歌

1クールOP曲『たゆたえ、七色』
歌:ARCANA PROJECT / 作詞:田淵智也 / 作曲:草野華余子 / 編曲:堀江晶太 / ストリングスアレンジ:宮野幸子

2クールOP曲『とめどない潮騒に僕たちは何を歌うだろうか』
歌:ARCANA PROJECT / 作詞:田淵智也 / 作曲:草野華余子 / 編曲:堀江晶太 / ストリングスアレンジ:宮野幸子

1クールED曲『月海の揺り籠』
歌:Mia REGINA / 作詞・作曲:草野華余子 / 編曲:中山真斗

2クールED曲『新月のダ・カーポ』
歌:相沢梨紗 / 作詞・作曲:草野華余子 / 編曲:中山真斗

スタッフ

原作projectティンガーラ
監督篠原俊哉
キャラクター原案U35
シリーズ構成柿原優子
キャラクターデザイン・総作画監督秋山有希
美術監督鈴木くるみ
美術監修東潤一
美術設定塩澤良憲
撮影監督並木智
色彩設計中野尚美
3D監督鈴木晴輝
編集髙橋歩
特殊効果村上正博
音楽出羽良彰
音楽制作ランティス
音響監督山田陽
プロデュースinfinite
アニメーション制作P.A.WORKS


関連動画

ティザーPV


第1弾PV


第2弾PV


外部リンク

公式サイト
公式Twitter

関連タグ

関連記事

親記事

P.A.Works ぴーえーわーくす

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「白い砂のアクアトープ」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「白い砂のアクアトープ」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3007860

コメント