ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要

日本にみられる名字

実在の人物

  1. 元プロ野球選手。→神野純一

架空の人物

  1. ライトノベルMissing』の登場人物。→神野陰之
  2. ライトノベルお兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ』の登場人物。→神野薫子
  3. ライトノベルエロマンガ先生』の登場人物。→神野めぐみ
  4. パチスロ神たま』の主人公。→神野みこし
  5. 漫画うしおととら』に登場する妖怪本項で解説。
  6. 漫画不思議のたたりちゃん』の登場人物。→神野多々里
  7. 漫画我間乱』の登場人物。→神野一翁
  8. 漫画学園アリス』の登場人物。→神野先生
  9. 漫画道士郎でござる』の登場人物。
  10. アダルトゲーム魔界天使ジブリール』の主人公。→神野直人
  11. アダルトゲーム魔界天使ジブリール』の登場人物。→神野ひかり
  12. アダルトゲーム相州戦神館學園八命陣』の登場人物。→神野明影

うしおととら』の神野(しんの)

西日本の妖怪の長。耳たぶの長い若い青年の姿をしている。

話から推測するに山ン本とは少なくとも800年前からの馴染みではあるものの、彼よりは若干若い様子。

高千穂の上空に浮遊している本拠地「空屋敷」を構え西日本の妖怪たちを統制する。

自らの意思で空間から出し入れできる大型の剣・剛刃「流走(るばしり)」を持ち、それを居合の要領で高速で繰り出す。その威力は山すら斬ってしまう程だという。


ここまで書くと凄そうなのだが・・・


作中においてはどうも噛ませ犬のイメージが強い。


当初神野は獣の槍を信じなかったため、西日本の妖怪だけで白面の者を倒そうとした。

今まで白面と戦えなかったのは白面の結界が深海にあるため、そこでは妖怪たちの能力が十分に発揮できないからだと考えた。

そこで一体で270体の妖怪を封じられる結界自在妖「間鎚」を400体作り、それを使って白面を動きを封じると同時に妖怪が戦えるだけの空間を作り出せば勝機があると踏んだのだ。

準備が整った神野は西日本の妖怪軍を従え、山ン本うしおの反対を足止め策で振り切ってまで自信満々に戦いを挑んでいった。


ところが実際白面と戦ってみると、西日本の妖怪たちの一斉攻撃でも全くダメージを与えられず、尾一本すら封じられず、それどころか白面が尾一本だけで嗤いながら繰り出す攻撃で、壊滅的被害を受けてしまったのだ。

神野も咄嗟に剛刃「流走」で防御したため直撃は避けられたものの、その一撃で「流走」が欠けてしまい危険な状態に陥ってしまった。

更に追い打ちをかけるように白面が婢妖を放つと、生き残った妖怪たちも次々と喰い殺されていった。

ここにきてようやく自分たちでは白面には全く歯が立たないことを思い知り恐怖で怯え始めたのである。


そこに神野の足止め策を抜け出したうしおとら山ン本たち東日本の妖怪たちが駆けつけ救出された。だが西日本の妖怪たちの攻撃と獣の槍の暴走で力を取り戻して白面が復活しそうになってしまう。

白面を封印を管理する須磨子が最終手段として極限結界溜を使い強引に白面を封じたが、その代償として須磨子が結界を維持できる期間が4ヶ月と大幅に短くなってしまったのだ。


一応は失態の責任を感じて退却時に自ら殿を務めると言い出し、その後は白面を倒すには東西の妖怪の団結と獣の槍の力が必要であることを痛感し、うしおたちに協力的にはなってくれるものの、甚大な犠牲を出して、白面の結界を弱めたことには変わりないため余計なことをした感じは否めない。


モデルは怪談「稲生物怪録」に名前のみ登場する魔王「神野悪五郎(しんのあくごろう)」と思われる。


テレビアニメでの声優は諏訪部順一。アニメでは登場シーンなどが大幅にカットされている。

関連項目

うしおととら 蒼月潮 山ン本

関連記事

親記事

名字 みょうじ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 245188

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました