ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

我間乱

がまらん

『我間乱』とは、『週刊少年マガジン』(講談社)にて連載の中丸洋介による漫画作品。
目次 [非表示]

概要

中丸洋介作の武芸バトル漫画である。

2009年第24号から2013年第30号まで連載されており、2018年3月21日からマガジンポケットで続編に当たる我間乱修羅が連載される。

現実味があり、実際に真似したくなる術技が沢山出るのが特徴的。

古武術 刀禅 是風会が我間乱の剣術監修を協力している。

ストーリー

時代は江戸中期。"鬼の巣"と呼ばれ、幾多の武芸者どもが集まる藩として知られる海原藩では、海原藩の次期藩主を決めるため武芸仕合である"海原大仕合"が行われることとなった。現藩主・鷲津直正の二十八男である鷲津直善は、海原大仕合に出場させる流派を探すため、"千人斬り"と呼ばれ最強の剣客と言われた黒鉄陣介の流派とされる大亀流を訪れ、そこで出会った陣介の息子である、大亀流門下の少年・黒鉄我間の実力を目の当たりにし自らの夢を託す。 我間は強敵揃いの一回戦を苦戦しつつも1人で勝ち抜き、さらに我間の兄弟子たちも直善に合流、二回戦においても、恐るべき武芸者たちとの激闘の中、直善と我間たちは絆を深めあって行くが、大試合の裏で、数年前、「ある事件」を起し大亀流を去った陣介と、彼の率いる無宝流による恐るべき陰謀が進められていた…。


登場キャラクター

大亀流

海原藩

鷲津直善鷲津直正鷲津直勝

武芸者


大亀流の術技

雷・火・空・水・土の五つの型からなる「五剣(五行)」と、これらの系統に属さない複数の技で構成される。熟練者は複数の型を同時に扱うことも可能。

雷電型(イカヅチノカタ)

大亀流五剣ノ一。電光石火のごとき速さを信条とする体技。大亀流では最初に身につける技である。

 第一式

奇妙な構えから相手の間合いに侵入し、相手が反応した後、壱・弐・参の三段攻撃を仕掛ける。

 第二式「紫電閃(しでんせん)」

両膝を曲げた半身の姿勢から重力に身を任せ前方に倒れ込み、落下の速度に渾身の脚力を上乗せした突進力をもって超速度の斬撃を繰り出す。一定の間合いを必要とし、意図的に不安定な体勢を取るために発動前後の隙も大きいが、すべての術技の中では最速の技になる。

 第三式「鳴神(ナルカミ)」

序・交・斬の三手の組み合わせにより構成される雷電型最終奥義。

第一手「序」にて相手の斜め前方に倒れこみ、第二手「交」にて足を交差させわざと体勢を崩し、体の横へ倒れ込む力を利用し一気に急転換・急加速を行うことで相手の視界から完全に消失、第三式「斬」にて無防備と化した相手を一閃する。三歩の間合いと呼ばれる独特の間合いを必要とするため、「紫電閃」よりも発動の条件は厳しい。また、純粋な速さにおいても「紫電閃」より劣る。この技の動きは稲妻のような軌道を描く。またこの技の仕組みを知っているものには見破られてしまう。


焔燃型(カグツチノカタ)

大亀流五剣ノ二。鉄をも寸断する破壊力重視の型。使いこなすには相応の筋力を必要とする。

 第一式「火柱(ひばしら)」

刀を片手で振り被った体勢から、空いた腕で持ち手側の肘裏を弾き上げ、ムチのようにしならせ振り下ろす。

 第二式「紅蓮旋(ぐれんせん)」

刀の持ち手側の腕を首に巻き付けるように、逆の腕を持ち手の内側に交差させるように構える独特の姿勢を取る。基本的な原理は一式と同様だが、横方向へ薙ぎ払うように振り抜くのが最大の違い。間合いに入った数人を一度に両断するほどの威力を誇るが、刀の制御の困難さと損傷の危険性から、超人的な身体操作能力が必要とされる。

 第三式「朱円月(シュエンゲツ)」

焔燃型最終奥義。左手で刀を振るいつつ、峰に添えた右手を柄に向けて滑らせながら刀身を押し込んで加速させ、右手に持ち替えて速度を間合いを最大限に高めた状態で斬りつける。


虚空型(オボロノカタ)

大亀流五剣ノ三。雷電型同様、剣捌きではなく体捌きを主軸としている。

 第一式「影縫(かげぬい)」

全身を脱力した自然体の状態から、使っていない筋力のすべてを身体回転に傾けることで、通常不可能であるはずの間合いへの侵入や回避を行う。


水龍型(ミズチノカタ)

大亀流五剣ノ四。読んで字の如く、水のように変幻自在な太刀筋を特徴とする。敵の防御をすり抜けることができる。

 第一式「逆鱗(げきりん)」

刀を振り下ろす瞬間に左右の握りを入れ替えて斬撃の軌道を変化させ、相手の防御をすり抜けつつ攻撃する。下段から同様の攻撃を繰り出す変形技も存在する。

 第二式「湍流飛瀑(タンリュウヒバク)」

刀を振り下ろすまでの動作は「逆鱗」と同じだが、握りを替えずそのまま左片手突きに移行し、さらにそこから横薙ぎの技に派生する。

 第三式「漣回天(レンカイテン)」

特殊な刀の動きで、刀を視界から消したあと、虚の動作から瞬発される方と右腕による二段加速を行い、二度目の加速と同時に起こる斬撃起動の変化で攻撃する。


土公型(ドコウノカタ)

大亀流五剣の五。焔燃型と特性は似ているが、こちらは武器の破壊と相手の体勢を崩すことに重きを置いている。

 第一式「荒神(アラガミ)」

特殊な上段構えから敵の武器を狙い打ち、刃同士が激突する瞬間、刀を回転させることで激突速度を一気に上げ、相手の武器を弾き飛ばすと同時に損傷させる、攻防一体の技。「逆鱗」と同様に下段から繰り出すことも可能。

 第二式「岩喰(イワグイ)」

鍔迫り合いの状態から「荒神」を繰り出し、武器ごと相手を弾き飛ばす。


その他

 虎穿(こせん)

つま先から手首に至る全身の関節を回旋させ、捻じ込むように穿つ必殺の突き。「紫電閃」の体勢から放つことで、威力を何倍にも高めることができる。伊織から「鳴神」とともに我間に受け継がれる。刀の代わりに掌底を放つ「虎穿無刀(こせんむとう)」という派生技も存在し、こちらも相手の肋骨や顎を砕く威力がある。

 鬼返(おにがえし)

大亀流秘奥。上下二段の連続攻撃。刀を振り下ろした直後に首を捻ることで肩甲骨から腕全体を伸ばし、間合いを広げつつ高速で斬り上げる。その特性から、「火柱」や「荒神」といった上段系の技と組み合わせて使用される場合が多い。

 霧氷ノ迅雷(むひょうのじんらい)

大亀流奥義。亀伝坊の技。敵の突進と自らの沈身を利用して、霧氷のごとき静けさと迅雷のごとき速さで敵を斬る。

 連舞(れんぶ)

大亀流の正式な技ではなく、大宮万里と戦う真ノ丞の動きを見た善丸によって名づけられた。複数の技を間断なく繰り出し、それらが一つの技であるかのように見せる神速の連続攻撃。極めて精緻な技巧を持つ真ノ丞ならではの技。劇中では、逆鱗・荒神・鬼返しの三連続攻撃を披露する。

 神威(かむい)

可士太郎によって独自に考案された第六ノ型。考案した可士太郎自身にも使用できないとされる最終奥義。相手の刀の側面にこちらの刀を当て斬撃の軌道を逸らし、同時に相手の急所を斬り裂くカウンター技。技の性質上、失敗すれば術者が致命傷を食らう危険を伴う。使用するには敵の攻撃の気配を完全に見切る能力と高度な身体操作能力が必要とされる。


外部リンク

中丸洋介先生のツイッター

https://twitter.com/nakamaru_yo?lang=ja

古武術 刀禅 是風会のツイッター(我間乱の剣術監修協力団体)

https://twitter.com/zefu_kai?lang=ja

ヨアケモノ刀使ノ巫女にも協力している。

関連記事

親記事

週刊少年マガジン しゅうかんしょうねんまがじん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 91930

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました