ピクシブ百科事典

松本無楽

まつもとむらく

松本無楽は、我間乱の登場人物にして作中屈指の変態である。
目次[非表示]

「私が殺りたくなる武人(おとこ)ときたらたいてい本物だからな」

この記事には、作品のネタバレが含まれています。

閲覧の際は十分に御注意下さい。

概要

鎖鎌を扱う武術流派、卍卍流(かさねまんじりゅう)の当主。剃り上げた頭に特徴的な刺青を施した男で、熱を感じさせない瞳をしている。

一瞬で3人(しかも海原藩でも強さに定評がある武術流派『海原五竜』の門下)を殺害する・黒鉄我間の技を一度見ただけで完全に見切る等、ズバ抜けた実力の持ち主。と同時に自身の意に反した者は味方であっても容赦無く殺害する残忍な性格をしており、同流派の門下からでさえ恐れられている。

海原大仕合が頓挫した後に、黒鉄陣介率いる無宝流に勧誘を受ける。最初は勧誘を蹴り接触して来た人間を20人以上殺害していたが、我間達が無宝流打倒を目指している話を聞くや急遽無宝流入りを承諾。その実力で当主直属兵団にまでのし上がる。

最大の特徴


何よりも優れた武芸者を愛しており、対峙した相手が強者である場合には興奮すると言う極めて特異な性癖の持ち主(その際には『モゾ……』や『チュル……』と言う特徴的な擬音が使われる。当然我間には『変態』と評された)。

その性癖は常軌を逸した領域に達しており、彼等が老い衰えるのが耐えられないが故に自らの手で殺しその屍を愛でるのみならず『永遠に彼等と一つになる』為にそので頑丈な帷子を作って纏う程。

武器・防具


武凶具「双首蛇鐘(ふたくびじゃしょう)」

無楽が使用する卍卍流武凶具で、通常の鎖鎌の分銅の数を2本に増やした物。当然操作には高い技量が求められるが、無楽は巧みにコレを操って変幻自在かつ一撃必殺の攻撃を繰り出して見せた。

余談だが本来の鎖鎌の柄の部分が股間に……おまわりさんこっちです

髪帷子

前述の通り、無楽が自らの手で殺めた武芸者達の髪の毛で作り上げた帷子。元来非常に頑丈な頭髪を編み上げて作られている為、胴狙いの斬撃の殆どを防いで我間を苦しめた。

最期


我間達大亀流の殲滅命令を受けて行動。しかし仲間が『我間には手を出さない』と言う約束を破って先に襲撃を仕掛けた為に1人を除いて殺害し我間の前に姿を見せる(1人残したのは邪魔な死体を片付けさせる為)。

1年前とは比べ物にならない程に腕を上げた我間を翻弄しつつ彼の実力が自分の求める領域に達している事を確認。双首蛇鐘と髪帷子、そして異常な言動で我間を追い詰める。

そして我間がかつて自分の目の前で使った技を発動した事で勝利を確信して止めの一撃を繰り出す。しかしその技は進化しており、我間の姿を見失った挙句致命傷を負い敗北。

……と見せ掛けて執念で立ち上がり強力な攻撃を繰り出すが、に刺さったを引き抜かれつつ内臓を引き裂かれて今度こそ力尽きた。

最期まで自分を苦しめた彼を、我間は「今まで戦った敵の中で最強だった」と評している。

迷言集


第32話

「痛いのと苦しいのどちらがお好みですかな?」

自身の標的である鷲津直善に対して。

第37話

「恥ずかしながらこの無楽‥‥少々興奮しすぎてしまったようだ‥‥ あやうく我を失うところだった‥‥」

我間が技を繰り出して敵を葬るのを見て。この際に股間を……

第142話

「私は 君が老いて朽ちる所を見たくないのだ・・ 愛する武芸者を強く美しいうちに殺し その亡骸を隅々まで愛で 咥え しゃぶり尽くしてもなお この高鳴りは収まらないのだよ――――」

自身の髪帷子を披露してから。この直前にドン引きして「どうかしている」と発言した仲間を殺害している。

関連イラスト

おお・・迅い迅い



関連タグ

我間乱 鎖鎌 変態

pixivに投稿された作品 pixivで「松本無楽」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4803

コメント