ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

沖縄県民話。昔話でありながらゴリラが登場する点、恐ろしいストーリーが特徴。

伊集院光が2020年2月10日にラジオ深夜の馬鹿力』で紹介したことにより一躍有名となり、Twitterでもトレンド入りするという珍事が起きた。

なお、この民話自体は2013年に氷厘亭氷泉氏が発見し紹介した、昭和58年に発行された『読谷村民話資料集』中の「儀間の民話」という古書に記載されており、妖怪マニアの間では話題になっていた。
ゆえにpixivにおいては、ラジオ放送前にイラストが投稿されていた。

あらすじ

旅をしている五人の若者が海を渡り、ある島にたどり着いた。
島で巨大なゴリラと出会い、驚いた若者たちは散り散りに逃げ出した。ところが、一人の若者がゴリラに捕まり、住み処へ連れ去られた。
ゴリラたちの住み処には、最初に出会ったゴリラよりも遥かに巨大な女ゴリラがおり、それが彼らのボスであるようだった。

若者は女ゴリラに気に入られてしまい、無理矢理婿にされる。かくして女ゴリラはゴリラ女房となった。
ゴリラたちと暮らすうち、若者にも情が芽生え、ついにゴリラ女房と交わった。
ゴリラ女房は子供を生むが、それは人間でもゴリラでもない子供だった。

それでも二人の子供として、若者とゴリラ女房は大切に子供を育てた。

しかし、やはり若者は人間社会が恋しくなる。
ある日、ゴリラ達の隙をつき、若者は筏で海に逃げようとした。
だが、岸を離れる寸前にゴリラ女房に見つかる。

振り返っては情が移ると考えた若者は、ゴリラ女房に背を向けて海を漕ぐ。
そのとき後ろから強烈な音がする。
思わず、振り返った若者が見たのは、我が子を八つ裂きにするゴリラ女房の姿だった。

異説

『伊集院光 深夜の馬鹿力』内では、オチで子供が張り付けにされて石をぶつけられるという話も紹介された。

一説によると元はゴリラではない動物が主題の中国起源の物語であるともいわれ、アジア全域に広く伝わったものだといわれる。
さらに20世紀初頭の南北アメリカの書籍にも奇談として類話が記述されているという。

ゴリラ婿

センシティブな作品


漂着したのが女で、ゴリラが男という民話も伝わっている。
息子を産んだ女は通りがかった船を見つけて逃げ出そうとしたが、ゴリラ婿に息子を奪われ股を引き裂くそぶりを見せられ脅された。

しかし女は息子を置いて逃亡した為に、ゴリラ婿は怒って去って行った。
残された息子は野生のまま育ったが、あるとき別の島にたどりついて人と交わり、言葉や文化を身に着け家族を持った。
そして故郷の島に戻ってみると、ガマの中でゴリラ婿が骨となっていたので供養したという。

熊女房

原典は、人間になった熊女が神の妻となる韓国の建国神話の影響があるといわれる。

この民話では中国から帰る途中に遭難して無人島に漂着した王が、島に住む熊女と情を交わして背に毛が生えた息子を成した。

あるとき、船がこの島を通りかかったので王は熊女房を残して息子と故郷へ帰った。
しかし息子が母を恋しがるので、再び王はこの島を訪ねると熊女房は見送った姿のまま骨となっていた。王はその遺骨を自国に持ち帰り、立派な墓を造り手厚く葬ったという。

その他に類話として「虎女房」という民話もある。

ゴリラ女王

ゴリラ女王


大正4年に発行された書籍を筆頭に、同時代にはボルネオなどの南方が舞台の「ゴリラ女王」と呼ばれる奇談が、雑誌などの読み物として掲載されていたことが確認できている。

上記の著者の生まれが大正5年であり、その大筋がゴリラ女房と同じ事から、
それが一般化し民話になったと考えられる。

大正14年に発行された大本教教祖・出口王仁三郎の著書『霊界物語』第58巻においても「猩々」または「猩々王」という呼び名で類話が記述されている。

猿婿

猿婿


その他、日本全土にが盟約により人の娘を娶るが、最後は命を落としてしまい娘に逃げられる「猿婿」という民話が伝わっており、それと「熊女房」等の異類婚姻譚と西欧からのゴリラの伝聞が組み合わさって誕生したのかもしれない。

なお前半の南方で女のゴリラに惚れられるという展開は、昭和以降のギャグ漫画やアニメにおいて、主人公やギャグ要員が被害に遭うという形のネタとして一般化していたという話もある。(近年では『進化の実』など)

関連タグ

獣妖怪 沖縄妖怪/マジムン 女妖怪 異類婚姻譚
異種間恋愛 猿婿

関連記事

親記事

マジムン まじむん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ゴリラ女房」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 48914

コメント