ピクシブ百科事典

柊誠一

ひいらぎせいいち

「柊誠一」とは、ライトノベル「進化の実」に登場するキャラクターである。主人公兼ツッコミ役。
目次[非表示]

概要

柊誠一とは、ライトノベル進化の実の主人公兼ツッコミ役である。

プロフィール

性別男性
特技ツッコミ
スキル完全解体


人物

とにかくポジティブで、何事にも前向きな人物。
主人公とツッコミ役を兼任している程の常識人なのだが、彼の存在自体が非常識である。
デブで不細工なのだが、この後変貌を遂げる。

経歴

物語開始より数年前に両親が死亡。
そのショックで暴飲暴食を繰り返し、不細工に加えてデブという属性が付加されてしまう。
そのせいで虐めに遭うが、どんな状況でもめげないという化け物級のメンタルで乗り越える。
そんな日常を送る中、唐突に異世界へと転移させられるが、クラスメイトの虐めにより彼だけどこかの森へと転移してしまった。
それが、彼最大の転機でもあったといえよう。






ネタバレ

転移先で状態《進化》を付与する《進化の実》を捕食し、Lv1ながらも驚異的な成長を遂げられる状況を作り上げた。
しかし本人に戦闘能力はなく、《進化の実》を効能を知らないまま食す毎日。
だがある日、一匹の《クレバーモンキー》と呼ばれるモンスターを体臭で倒してしまう。この時点で人間かどうか怪しいが、まだこんなものではない。
その後莫大な経験値と共に『進化しました』というシステムメッセージを聞くが、何事もなかったと思った為にスルー。
スキル《完全解体》の効果でモンスターのドロップアイテムやスキル、はてはステータスまでも自分の力にしてしまい、あまりのチートさに主人公自身が辟易してしまうほど。
しかし、主人公が遭遇するモンスターは軒並み運が最低値付近の者しかいなかった。
「相変わらず運低っ!」
その後幾度となく進化を繰り返す中、後のヒロインであるカイザーコングと呼ばれる魔物のサリアと出会う。
「俺を解放してくれええええええ!!」
しばらくの間はそのゴリラに世話をされる毎日であった誠一だが、ある日脱出を試みる事を決意。
しかし逃げた先に存在していたのは森の出口ではなく、森の正体、【果てなき悲愛の森】のボス的存在である【暗黒期族ゼアノス】であった。
レベルは他を凌駕する1500
《進化》していた事、ステータスが強化されていた事、その他スキルを得ていた事。
全ての事柄が一つもなければ彼は死んでいただろう。しかし彼は勝利した。
・・・最愛のゴリラであるサリアを犠牲に。
(この時点で大分おかしいですが、この時の柊誠一君は疲労等で意識が定まっておりません)

しかし彼女もまた《進化の実》を食していた事もあってか、土壇場で《進化》が発動。カイザーコングという魔物から獣人と呼ばれる存在へと変貌を遂げた。
その後彼もまた最後の進化を遂げ、全身の筋肉や骨がグチャグチャになりながらも人間という種族の次のステージへと上り詰めた。
その後、【暗黒期族ゼアノス】の悲しき物語に心を打たれ、空気を台無しにする羊さんに怒りを覚えながら、柊誠一サリアはダンジョンを出る。
今度こそ、彼の本当の異世界物語が幕を上げたのだ。

ネタバレ後の彼

一言で言えば不条理である。
明らかな裏ダンジョンっぽい場所で進化を遂げたせいか、彼の敵になる存在はあまり外の世界には存在していなかった。
更に、進化の影響で手に入れたスキルなどもチートレベルのものばかり。
そしてチートが発動する度に彼のツッコミスキルが発動するのだ。
しかし彼の不条理は止まらず、創る魔法は《リ○カーン大統領》や《良くなれ》などのキワモノな名前ばかり。
果てはステータスにでさえ『レベルがお上がりになりました』と敬語を使われる始末。
彼は今日もまた、自分に襲い掛かるネタとボケを相手にツッコミを入れ続ける。


関連タグ

進化の実

コメント