ピクシブ百科事典

耳切坊主

みみちりぼーじ

耳切坊主とは、沖縄県の昔話や童謡に登場する悪霊である。

概要

耳切坊主(ミミチリボージ)とは昔話や童謡で唄われる、大村御殿の角に3、4体と複数であらわれる耳が無い僧の悪霊で、手には鎌や小刀などの刃物を持っている。泣きやまない子がいると刃物で「耳ぐすぐす(耳を切り取って)」してしまうという。

元々は肌が黒いために黒金座主(クルガニザーシ)と呼ばれる高僧であったが、妖術を使って女をかどわかしているといわれていた。

それを知った尚貞王により、北谷(チャタン)王子が誅殺するように命ぜられ、黒金座主は福耳を、北谷王子は士族である証の髷を賭け囲碁で勝負をすることになった。

勝負は王子が優勢だったので、黒金座主は得意の妖術を使って眠らせようとしたが、何故か王子には効かずに、宝刀治金丸で耳を切り落とされたという。

黒金座主はその時の傷が元で死に、悪霊となって王子の一族に祟りをなしたため、北谷家(大村家)には何代も跡継ぎの男子が生まれなかったといわれる。

そのためか沖縄では、男の子が生まれると耳が狙われるといわれ、どちらが生まれても「ウフーイナグ(大きな女の子)の生まれたんどオ」と唄う風習ができたという。

18世紀初頭に実際にあった政争が元になった昔話であるともいわれる。
モデルとなったといわれる盛海上人らが無実の罪で殺された可能性も指摘されており、歴史学的には、薩摩侵攻による煽りを受けて財政難を被った王国と仏教勢力の確執があったともされている。

真実は不明であるが、童謡で怨霊が3体から4体も登場するのは、坊主だけではなく共に殺された小坊主たちがいたのではないかとも考えられている。

なお、この凄惨な話が歌われる童謡は、沖縄の子供たちにとってトラウマであるという。

2000年には同名のロックバンドが結成されている。

関連タグ

沖縄県 童謡 子守唄 トラウマ
ミミチリボージ 黒金座主 マジムン 悪霊 怨霊
耳なし芳一

関連記事

親記事

マジムン まじむん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「耳切坊主」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 194

コメント