ピクシブ百科事典

ガンダー

がんだー

ウルトラセブン第25話「零下140度の対決」に登場する怪獣。別名「凍結怪獣」
目次[非表示]

データ

ガンダー


  • 身長:45メートル
  • 体重:2万トン
過去の地球に氷河期を招いてきた宇宙人ポール星人が対ウルトラセブン用に送り込んできた怪獣である。それというのもウルトラセブンはという季節のない光の国出身なので、寒さに弱いという弱点を持っていた。このガンダーは、正にその弱点を突くために送り込まれた怪獣なのである。

外見は銀色に覆われ、カタツムリのように飛び出し、背中には逆三角形ののような巨大な突起が生えている醜悪な姿をしている。
からは辺り一面を零下140度にしてしまうほどの冷凍ガスを吐き出すことが出来る。
この能力は強力で、まず始めにモロボシ・ダンを極寒地獄に閉じ込めた後、ウルトラ警備隊が守る地球防衛軍極東基地を氷漬けにしてしまった。
この能力によってセブンは散散に苦しめられ、カプセル怪獣ミクラスも相手にならなかった。辛くも変身し、苦戦の果てにアイスラッガーで首を吹っ飛ばして勝利こそしたがセブンは大幅にエネルギーを消耗してしまったため地球での活動時間に制限が付くようになってしまった
よってこの回以降、ウルトラセブンは活動限界時間が来るとウルトラマンのカラータイマーの様に額のビームランプが点滅するようになった。

このガンダーの回は、今まで数々の宇宙人の侵略に耐えてきた基地が初めて陥落寸前にまで追い詰められた回でもあり、物語全体に絶望感や焦燥感が溢れていたためか視聴者に強い印象を与えた。
そしてその絶望的な状況をひっくり返したのは、人間の持つ不屈の闘志であった

派生作品での登場

ウルトラマンSTORY0

コウモリワイバーンに似た姿にアレンジ(原始個体)した形で登場。高い飛翔能力を有する。
同じく天候を操ることが出来るギラドラスと共に水棲人たちの星を八寒地獄に変えた。
空中でザージフリーザスの猛襲を受け左目を斬り落とされるが逃走し、ウルトラマンジャックと戦っていたギラドラスの加勢に訪れた。しかし、調子こいて至近距離で吹雪を浴びせ続けたため、ジャックのスペシウム光線ほぼ零距離で受けてしまいあっけなく消滅した。

プラズマガンダー

ゲームおよびその映像化作品「大怪獣ラッシュ」に登場するプラズマ怪獣

アニメ版では強力な冷凍能力はそのままに、更に雪の中を自由自在に潜って移動するという能力を獲得している……のだが、当然ながら周りに潜れるだけの積雪がないとまったく無意味な能力であり、そもそも数百メートルクラスの巨体をもつプラズマガンダーが全身を隠して移動できるだけの雪が積もったとしたらその時点でとっくに地球人視点では絶望的な状況である


関連項目

ウルトラ怪獣
ペギラ ウー スノーゴン バルダック星人 アイスロン スノーギラン
グロスト マーゴドン ギガサウルス レイキュバス グローザム

pixivに投稿された作品 pixivで「ガンダー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 26808

コメント