2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

並行同位体

へいこうどういたい

並行同位体とは、『ウルトラギャラクシーファイト大いなる陰謀』に登場する用語。転じて、今日では「並行世界における同一人物」を指すこともある。
目次[非表示]

概要

ウルトラギャラクシーファイト大いなる陰謀』の敵、アブソリュートタルタロスザ・キングダムへと誘った者たちの一部のこと。
ゾフィー曰く「歴史のどこかで分岐して時間軸を超えてきた並行同位体」。

タルタロスは時空を行き来する能力で様々な並行世界を行き来し、ウルトラ戦士たちに倒される運命にある怪獣や宇宙人の前に現れてその未来を教えて軍門に勧誘。そうして仲間に加えた彼らを現在の時間軸に連れてくるという手段を使っている。
ベリアルやトレギアの精神的な歪みが生じる時期から干渉を行い、最後に彼らが敗北する未来のヴィジョンを見せて言葉巧みに勧誘し、最終的に力を与えることで自身の指示を聞かせている。
これは恐らくあえてそのような時期を選んだと考えられ、ジェダとモルドは戦闘中優勢だったところに現れて拉致同然で連れて行き、レイバトスに至ってはベリアルに完全に止めを刺される直前に助け出した。
ただ、彼らが命を助けられただけで素直に言うことを聞くとも考えにくいため、ベリアルやトレギアに行ったように、未来のヴィジョンを見せたり、力の取引をしたりといった、何らかの手段はとったと思われる。

形としては過去から連れてくるタイムワープのようだが、こうしてタルタロスの軍門に下ったとしても「倒されない代わりにその次元から去る」という「可能性世界」と呼ばれる新たなパラレルワールドが誕生することとなり、本来の歴史に影響が及ぼされることはないが、ウルトラ戦士達にとっては最悪の敵が立て続けに復活するも同然の事態である為、何にせよ恐ろしい能力である事には違いない。
恐らく、マルチバースのレベル3マルチバースにあたると思われる。

なお、ザ・キングダムに召集されたりタルタロスが利用した怪獣が全て並行同位体というわけでもない。
ギマイラバット星人レイバトスによって蘇生された、いわゆる再生怪獣にあたる。
また、宇宙恐魔人ゼットは元々存在していた個体がいるが、今作に登場するのはそれとは別にバット星人が新たに作り出した個体で同一個体ではない。

尚、コスモスの台詞によれば彼らの世界であるコスモスペースでもタルタロスの干渉があった事が語られており、現時点で描写はされてはいないが、その他の次元にも干渉して何らかの脅威を戦力に取り込んでいる可能性は極めて高く、果たしてどれ程の勢力となっているかは不明だが、タルタロスの能力が能力なだけに、前例が無いほどの強大かつ混沌とした軍勢であるのはほぼ間違い無いだろう。

一応はアブソリューティアン傘下ということになるのだが、特に洗脳の類はされていないため、離反されるリスクも孕んでいる。

メンバー

ウルトラマンベリアル アーリースタイル


ウルトラ大戦争後、ケンとの差に劣等感を抱き始めた頃からタルタロスの精神干渉を受ける様になり、唆される形でプラズマスパークに手を出して失敗するが、追放される前に自分から光の国を去ってしまう。そこへ現れたタルタロスに、レイオニクスとなってからジードに引導を渡されるまでの自分の未来を告げられる。そして、運命を変える為にタルタロスの誘いに乗った事で正史から完全に分岐した。

また明日


宇宙警備隊への入隊が叶わず、「光の使者」に対する疑念を持ちながらも宇宙科学技術局タイガスパークを開発していた頃、ボガールによる惑星アーブ滅亡の悲劇が起こる。しかし、そこで「ヒカリを直接迎えに赴くも、復讐鬼ハンターナイトツルギに変身した彼に拒絶される」と言う、完全にイレギュラーな事態が発生。
結果として、正史以上に「光の使者」への疑念が強くなってしまい、それから程なく惑星デスターでタルタロスと邂逅。ベリアルと同じく未来のヴィジョンを見せられた後、力の誘惑や好奇心からタルタロスの軍勢に加わる。

幻影宇宙帝王 ジュダ・スペクター


幻影宇宙大王 モルド・スペクター


吉娜和阿布索留特·提坦


宿敵であるアンドロ警備隊と戦っていたが、上述の2人の様に何らかの干渉を受けた影響か、既に昭和作品の姿では無く、平成作品の強化形態となっていた。そして、アンドロメロスとの戦闘の最中にいきなり現れたタルタロスにモルドとジュダが拉致同然にナラクへと誘われ、その後のやりとりは不明だが軍勢として戦う事になるも、コスモミラクル光線に敗北。そして、元の次元では彼ら二人を欠いて弱体化したグア軍団がアンドロ警備隊に敗れて壊滅し、ギナも戦死する末路を辿っていた。
しかし、タルタロスの企みによってレイバドスに蘇生され、より惨たらしく利用される羽目になる。

【我が名は亡霊魔導士、レイバトス】


正史通りベリアルに始末される寸前でタルタロスに救出されて分岐。
何気に同位体の中で、ウルトラ戦士達に敗れた記憶をそのまま明確に持っている
また、結局は正史通り「ベリアルに攻撃されてこの世から消えている」為、可能性世界は生まれていないと思われる。

【フュージョンファイト!】カプセルユーゴー4弾イラスト


孵化する前の卵の状態でタルタロスに調達された。
ウルトラマンオーブ』の個体が基になっているかは不明。

巡歴する貪食者 ルーゴサイト


撃破前である事以外正確な時間軸は不明だが、『ウルトラマンR/B』の個体が基になっている。

ウルトラマントリガー』で登場。バット星人の手で改造が成されている。
なお、どの時空の個体かは不明。

センシティブな作品


第一特殊空挺機甲群で運用されていたウルトロイドゼロが回収され、バット星人の手によって自律稼働型に改造された。

「運命の衝突」のラストで、本人の口から並行同位体である事が明かされた。ただし、こちらはアブソリューティアンの軍門に下ってはおらず、後にユリアン王女レスキュー隊がザ・キングダムに潜入した際にユリアンと共に救出され、アブソリューティアンと闘う事となった。
また作中の人物達のセリフを総合すると、境遇は上述のレイバトスの並行同位体に近いらしく、可能性世界が生まれているかは不明。

並行同位体の疑いがあるメンバー

作中では推測できるような発言や描写もされていないが、過去死亡した者ばかりで並行同位体かレイバトスによる再生個体の可能性がある。
この中でもヘルベロスやスラン星人は出自不明であり、ナイトファングはタルタロスに連れてこられている。
また、ゴーデス細胞はウルトラマンリブットによってマガオロチ、ルーゴサイトと並んで復活したものと語られていることから、UGFTAC時点で本来の歴史では既に存在していない可能性がある。


外部作品で並行同位体として登場したメンバー

ウルトラヒーローズEXPO2021ニューイヤーフェスティバル

憎悪


※配下にグリージョダークネス/エックスダークネス/ジードダークネスを引き連れている。

NEW GENERATION THE LIVE ウルトラマントリガー編

愛憎戦士


ティガ


仕事絵【ウルトラマン フュージョンファイト!】



TDG THE LIVE ウルトラマンダイナ編 in 博品館劇場

ウルトラマンダイナ



TAMASHII NATIONSスペシャル配信:ウルトラマントリガー編

※この他、タルタロスが復活させた存在としてイーヴィルトリガーが登場。

Dark Lugiel


配下にダークザギを連れている。ダークスパークによる対象のスパークドールズ化も健在。
これ以前には『New Generation Heroes Live Stage』でもルーゴサイトレイバトスと共にタルタロス配下として登場。ゼロダークネスをダークライブさせてゼットに仕向けた。

拘束具


『ウルトラゼロファイト』時同様に鎧は「テクターギア・ブラック(あるいはテクターギア・ヘイトリッド)」となっており、出身はおそらく、エタニティコアを見て反応していたことからプラズマスパークに手を伸ばす少し前、あるいはその直後ではないかと思われる。
戦闘力は成長したゼットやダークルギエルを相手取るほどに高い。

トリガーの発言から「過去から連れてこられた」事が判明。

転じて

上述したように作中では現在のところ「分岐した別の歴史の同一存在」のことを指しているが、視聴者の間ではさらに拡大解釈して「別の世界の同一()存在」(中の人が同じ、名前が似ているなど)レベルを並行同位体と呼称することもある。もちろん同一の存在を指すこともある。

ここでわかりやすいように過去作の例をいくつか挙げてみると以下の例が該当する。

原典並行同位体
『ウルトラマン』における初代ウルトラマンULTRAMAN』におけるベムラー
ウルトラセブン』のウルトラセブン平成ウルトラセブン』のウルトラセブン
ウルトラセブン』のメトロン星人ウルトラマンマックス』のメトロン星人
ウルトラマンネオス』のウルトラマンネオスウルトラセブン21パイロット版のネオスとセブン21
『ウルトラマンティガ』におけるウルトラマンティガ『大怪獣バトルNEO』のウルトラマンティガ
ウルトラマンコスモス』の春野ムサシ『大怪獣バトル』におけるZAPに所属するムサシ
ウルトラマン』〜『ウルトラマンコスモス』までの登場人物大決戦!超ウルトラ8兄弟』における横浜市民
ここで注意して欲しいのは並行同位体は必ずしも、原典と同じ種族あるいは原典と同じ時代の生まれというわけではない事である。特に超ウルトラ8兄弟の登場人物は原典がウルトラマンが人間に変身した存在であっても、地球人生まれという事になっているし、先輩と後輩の間柄であった人物が同年代という事になっている。
身も蓋もない事言っちゃうと、IF(もしもの可能性)なのだから、作品展開に支障がなければなんでもアリというわけなのだ。

サブカルチャー作品における並行同位体

近年では、サブカルチャー界隈で一種の一般名詞となり始めており、平行世界やパラレルワールドをテーマにした作品における「原典とは別の歴史を辿った登場人物」に対しても、この言葉が使われるようになっている。

並行同位体に該当するキャラクター




  • エーリカ(戦国†恋姫)劇中世界における明智光秀(兼ルイス・フロイス)にあたる人物。本能寺の変にて消滅するが、『X』ではその後の黒幕との戦いで並行世界にあたる『無印』の世界で消滅した彼女が救援に駆けつけ、以後消滅した『X』世界の自身に代わり仲間として復帰する。


  • 八神太一(Vテイマー01)…『デジモンアドベンチャー』本編とは同一人物だが、別の歴史を辿った太一。大輔は本編の太一の面影を見ていた他、特別編では『アドベンチャー:』の方の太一と共演している。

並行同位体が登場するウルトラシリーズ以外の作品








  • 東方ロストワード…このゲームに登場する並行世界の東方Projectのキャラたちはいわば並行同位体であると解釈できる。

  • イレイナ22…アニメ本編第12話では主人公のイレイナが本編とは違う選択をして様々な未来に行き着いたイレイナ本人達と一同に会する事になる。





  • ドラえもんもしもボックスを使うと指定した条件に見合う世界に連れて行く(あくまでも、これは解釈の一つである)道具であり、『魔界大冒険』では友人たちや家族、果ては主人公たちの並行同位体(のようなもの)が登場している。

  • イナズマイレブンGO2…歴史改変の影響で主人公が様々な可能性世界に迷い込む描写が多く、その過程で原義の並行同位体である剣城優一(サッカーを続けたIFの姿)が登場している。

  • カードファイト!!ヴァンガード外伝イフ-if-…こちらもある人物が起こした行動が発端となり、ヴァンガードやそれに関わる人物達の歴史が改変され、歪んでしまう事態が発生。それに対して主人公達は幾人もの人物達が主軸となる幾つもの歪められたパラレルワールドを巡るという、タイトルがタイトルなのもあって主人公も他のキャラもこれまでとはどこか違う並行同位体ばかりである。

関連項目

アブソリュートタルタロス スターシステム:似ているようで違う概念。
マルチバース(ウルトラシリーズ)

ウルトラマントリガーカルミラダーゴンヒュドラムイーヴィルトリガー…その容姿、能力、果ては境遇などの類似点の多さから、ファンからはそれぞれウルトラマンティガカミーラダーラムヒュドライーヴィルティガの並行同位体である可能性を疑われている。現時点では真相は明かされておらず、どういう関係なのかは一切不明。

シン・ウルトラマン…ファンの間では初代ウルトラマンの並行同位体ではないかと疑われている。

関連記事

親記事

子記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「並行同位体」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「並行同位体」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 42021

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました