ピクシブ百科事典

ジードダークネス

じーどだーくねす

ウルトラギャラクシーファイトに登場する闇の巨人。
目次[非表示]

データ

ウルトラマンジードダークネス


身長51m(※)
体重4万1千t(※)

プリミティブと同じ数値

概要

ウルトラギャラクシーファイト ニュージェネレーションヒーローズ』に登場する悪のウルトラマン
正式名称『ウルトラマンジードダークネス』。

ウルトラダークキラーウルトラマンジードから奪った光のエネルギーと自身のキラープラズマを融合させて生み出したダークネスの一人。

容姿

プリミティブの姿を模している。
闇のジードというだけあって、本物のジードを真っ黒に染まったかのように、さらにそこに禍々しい紫のラインが走った姿をしており、本物以上に父ウルトラマンベリアルとよく似ている。
目も真っ赤になっており、レイブラッド星人の遺伝子を少なからず持っている為だろうか黒い体と相まってとあるレイオニクス暴走した姿を連想させる。
坂本監督からは「やせたベリアル」と言及された。

能力

プリミティブと全く同じ能力を使う。
レッキングバーストをバリアで防ぎきるなど、その能力自体も非常に強力。

また、性格面はエックスダークネス共々、戦闘マシンのようなものというらしく、ロボット系のニセウルトラマン的な敵キャラと言える。

使用技

第1PVの映像でも開幕から使われている技。
発射モーションや構えはプリミティブのレッキングバーストと変わりはないが、禍々しいエフェクトになってる。

  • レッキングダークネスリッパー
両手を胸の前で合わせ、紫色の鋭い切断光線を放つ。
主に牽制用に使われる。

  • レッキングダークネスロアー
口から赤色の強力な超音波を放つ絶叫攻撃。
Episode3でエックスダークネスの攻撃と共にハリケーンスラッシュを吹き飛ばし、オーブオリジンの姿に戻すところまで追い込んだ。

その他にも、ウルトラ戦士から光のエネルギーを奪う能力を見せている。

活躍

本編は夕日の惑星サンダウィンにて、エックスダークネスと共にウルトラマンエックスウルトラマンジードに光線を浴びせ撃退するところから始まる。

その後は惑星O-50にてオーブオリジンをエックスダークネスと共に襲撃。レッキングダークネスロアーで追い込み、オーブの光のエネルギーを奪うが、完全に奪う前にウルトラマンビクトリーに妨害され、逃走を許してしまった。
しかしウルトラダークキラーが居るダーク宮殿に戻り、オーブから奪った光のエネルギーを使い、オーブダークネスを生み出す役目は果たした。

新世代ヒーローズがダークキラー打倒のため乗り込んでくると、他のダークネスと共に迎え撃ち、自身はジードと再び相まみえる。
レッキングバーストをバリアで無効化、アクロスマッシャーのディフュージョンシャワーもレッキングダークネスリッパーで突破、ソリッドバーニングにも少しパワー面で押されるものの互角の戦いを繰り広げた。
しかし、最終的にはゼロへの思いを胸に再起したジードのマグニフィセントに圧倒され、ビッグバスタウェイにより粉砕された。

その後、他のダークネスと一緒にダークキラーによってまた生み出され、ダークキラーの強化のために吸収された。

余談

ギャラクシーファイトについてのインタビューによればジードダークネスはウルトラダークキラーとエックスダークネスと共に今回の目玉として最初から登場することが決まっていた。
スーツはおそらくアトラク用のジードを改造したもの(本物のジードの撮影用スーツは模様部分が素体の上から(模様の形の)素材を張りつける事で立体的になっているが、アトラク用は直接素体に塗装する形で処理されており、ジードダークネスのスーツは後者の形)。

『ジード』本編でも、ジードは精神世界内でベリアルの誘惑によって悪落ちし、その中でウルトラマンゼロを苦しめている。今回はそれがある種の現実の形となったと言える。
そもそも元ネタのジード自体、M78星雲人の模造品であり即ち偽者の偽者と言うことになる。

関連動画



関連項目

ウルトラギャラクシーファイト
ウルトラギャラクシーファイト ニュージェネレーションヒーローズ

ダークネス(ウルトラシリーズ)
ウルトラダークキラー
エックスダークネス オーブダークネス ゼロダークネス

レイモン(バーストモード):ジード同様に運命に逆らったレイオニクスのレイモンが暴走した姿。ただしこちらは本人が暴走した姿で偽物ではない。黒いカラーリングと赤い目はジードダークネスと共通しているのはやはりレイブラッドの遺伝子ゆえだろうか?

関連記事

親記事

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ジードダークネス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 13414

コメント