ピクシブ百科事典

ブルトン

ぶるとん

円谷プロによる巨大ヒーロー物の特撮作品『ウルトラマン』に登場した怪獣。
目次[非表示]

データ

身長60m
体重6万t
攻撃体表の孔から四次元繊毛(2種類ある)を出して対象を四次元空間に飛ばす


概要

ブルトン 【ニコニコ動画用イラスト】


ウルトラマン』17話『無限へのパスポート』に登場。ウルトラマン内でも最強怪獣の一角として挙げられることが多い怪獣である。
バローン砂漠で発見された隕石を持っていた科学者に不可解な事件が起こり、科学者の身の安全を守るため科特隊が隕石(赤と青の2つ)を1箇所に保管したところ融合して怪獣として誕生。
科特隊本部を四次元空間に包み込み科特隊メンバーを翻弄する(特にイデ隊員の翻弄されっぷりが見もの)。その後、駆けつけた防衛隊(自衛隊?)が戦車で砲撃するも体表の孔から出した四次元繊毛で砲弾を逸らしたため、砲弾はあさっての方向で爆発、かすり傷さえ与えられなかった。そして飛んできた戦闘機を地上に転送して地面を走らせ破壊、戦車は空中に転送し飛行させ破壊というこの怪獣ならではの四次元攻撃により防衛隊は全滅する。
ウルトラマンをも四次元繊毛攻撃で圧倒し、飛び蹴りを一時停止で阻止して空中で振り回したり、突然地面にブラックホールのような穴を出現させて引きずり込むなど苦戦させたが、ウルトラマンの高速回転で四次元繊毛を破壊され(回ればなんとかなるの法則)逃亡を図るもののスペシウム光線で撃墜され隕石の姿に戻る。その後、ウルトラマンがその隕石を握り潰し、宇宙へ運んでいった。

その後の活躍

「空間を操る」という反則のような能力があるせいか、後の作品では物語の根幹に関わるような設定だったり、もやしオーガスゴーカイ超魔神などのようにクロスオーバー的な展開における接着剤として出てくることも多い。
大怪獣バトル』シリーズや、ゲームソフト『グレイトバトルフルブラスト』では、宇宙に操られて平和にあらゆる時空から大量の怪獣を送り込む。特に前者での設定は後の映像作品で世界観が異なるウルトラ戦士や怪獣が共演できる理由となっており、後のシリーズ展開に大きな影響を与えたことを考えると地味に重要キャラであると言えるだろう。


ウルトラギャラクシー大怪獣バトル

第7話『怪獣を呼ぶ石』にてフルCGで登場し、よりブヨブヨ動くようになった。初代ほど自ら積極的には戦わずレッドキングテレスドンネロンガを呼び出してレイゴモラと戦わせたが、リトラに陽動されたテレスドンが四次元繊毛を誤射して破壊してしまい、そこをスペースペンドラゴンのミサイル攻撃で倒された。

ウルトラマンSTORY0

イカルス星人の仲間として登場し、怪獣やウルトラ戦士を異空間に閉じ込めようとした。様々な場所を亜空間ゲートで繋げ、高重力や隕石群などで相手を苦しめた。

ウルトラマン_THE_FIRST

バルタン星人に操られており、宇宙ステーションを占拠したり(まだ怪獣化していない頃の)ジャミラを捕獲するなど暗躍していた。ウルトラマンでの戦闘では亜空間攻撃で圧倒するも、それを破壊する時空を生み出されて撃破された。

アーケード版『ウルトラマン倶楽部 ~戦え!ウルトラマン兄弟!!~』

ステージ5のボスとして登場。弾の多さと跳ね返る光球でプレイヤーを苦しめた。

SFC版『ウルトラマン』

4番目の対戦相手として登場。攻撃範囲の広い回転体当たり、対空技として機能するうえに地を這う衝撃波を発生させる隕石召喚攻撃、被弾するとウルトラマンが拘束されてHPを削られていくビーム弾など厄介な攻撃手段を持つ強敵。更に今までの怪獣に有効だったジャンプキックが通用しない特性、テレポートによる変幻自在の機動力、バリアによる光線反射能力まで有しており、多くのプレイヤーのトラウマとなった

PS2『ウルトラマン ファイティングエボリューション リバース』

序盤の強敵として登場、バリアによる打撃+光線技完全無効というアホみたいな能力でウルトラマンを苦しめた。ただし投げ技を使うとバリアが解除されるので普通に倒すことが可能になる。
一度はウルトラマンに倒されて本体の隕石を壊された、再生させられてウルトラマンガイアと戦う。ガイアの記憶から幻影ウルトラマンアグルV2を作り出したり、ガイアを体内に吸い込んだりと更にパワーアップしていた。
さすがにチート過ぎるためか、データカードダス『ウルトラマンフュージョンファイト!』では普通に殴れるようになっている(同時にブルトン自身も体当たりなどで直接攻撃してくる)。

ウルトラマンF

ブルトンそのものは登場しないが、某国が密かに入手したオリジナルのブルトン細胞を基に天才少年躁躁が作り出したクローンブルトンがストーリー上の重要な設定として扱われている。
躁躁は自らが死ぬ運命を変えるため「ウルトラマンより強力な存在」と同化することを望んでおり、その存在を探す為にブルトンの能力を利用して別宇宙への交信を目論んでいた。
本来ブルトン細胞はバルンガの細胞と同じく危険性が高いため使用は禁止されていたのだが、某国の元帥が躁躁との取引に応じたため入手に成功。ブルトンの力を利用して別宇宙への入り口である超次元微小経路を生みだし、そこからスペースビーストザ・ワンが出現。続いて彼らの主であるダークザギを呼び出してしまう。
ザギ達の宇宙以外にもつながる経路が固定されてしまったため、その後もヤプールの侵入や、ゼットン星人による完全生命体イフの召喚などの事件が続き、更にがM78ワールドの地球を侵略しようと押し寄せ、それを阻止すべくウルトラ戦士たちが経路をふさごうと奮闘している事が語られている。

劇場版『ウルトラマンオーブ 絆の力、おかりします!

ブルトンの怪獣カードが登場。ムルナウが自らの洋館のセキュリティ対策として使用しており、ダークリングでリードする事で空間を歪める力を発動していた。

ウルトラ忍法帖

朧党の忍獣として登場した。全身の突起から発する四次元光線であらゆる物を四次元空間に移動し、自身も四次元空間に出入りできる。しかしそれ以外は何もできずウル忍と戦う程の戦闘力は持っていない(一応スペシウム光線を耐える程の耐久力はある)。多数ある突起の1つが耳、1つが目になっているが、口は無い。
第3話終盤で登場し、全身の突起から発する四次元光線で寿城を盗んでしまった。
第4話では四次元空間にいたが、空間に侵入したウル忍から拷問を受け寿城を元の場所へ戻す方法を吐かせられそうになるが、口が無い為に喋れず見かねたバルタン星人に助けられる。
結局ブルトンを倒せば元に戻ると禁愚和尚は判断し、ウル忍の合体光線技「スペシウム&ワイドショット」で倒された。ブルトンが死亡した事でウル忍たちは元の世界に戻ったが、寿城は四次元空間と共に消失してしまった。

ウルトラ怪獣擬人化計画

ブルトン
「ウルトラ怪獣擬人化計画 ブルトン ラフ」


円谷プロ公認(!)の擬人化企画により美少女化されたブルトン。
デザイン担当は娘太丸氏。

原作での無機質で掴みどころのなかった不気味な雰囲気はどこへやら、ぽっちゃり体型の可愛らしい女の子へと生まれ変わった。なお、ブルマを履いているのは「ブルトンだからブルマ」というダジャレらしい。

余談

名前の由来はシュルレアリスムの父アンドレ・ブルトンから。

デザインモチーフはイソギンチャク、造形を担当した高山良策心臓の静脈と動脈とをイメージして青と赤に彩色した。

関連タグ

ウルトラマン ウルトラ怪獣 隕石 みんなのトラウマ
ギャラクシークライシス レイブラッド星人

pixivに投稿された作品 pixivで「ブルトン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 100192

コメント