ピクシブ百科事典

アクマニヤ星人

あくまにやせいじん

アクマニヤ星人とは、ウルトラマンレオに登場する宇宙人である。
目次[非表示]

「出テ行ケッ‼…出テ行ケ~ッ‼…」

データ

身長50m
体重1万5千トン
別名宇宙悪霊
出身地アクマニヤ星

CV:丸山詠二

概要

第33話「レオ兄弟対宇宙悪霊星人」に登場。
宇宙を漂っている怪隕石アクマニヤに宇宙の悪霊が憑りついて誕生した存在。
巨大な目玉の姿で地球に出現して団地に憑りつき、壁から青い手が生えるなどの怪現象を引き起こした。
しかし、周辺住民に気づかれたことでおおとりゲンモロボシ・ダンが駆け付け、ゲンによって引きずり出されて正体を現されたことに怒り、目玉状態で団地を無差別攻撃した後にウルトラマンレオとの戦闘中に怪獣に変身した。
腹部の眼から光線を発射し、角は仮に折られても再生することができる。
レオキックで角を折られ、その角を目玉に突き立てられて出血する。さらに両腕ももぎ取られたが腕を遠隔操作して背後からレオの首を絞めて苦しめた。
だが、アストラの救援により逆転され、最後はウルトラダブルフラッシャーで元の隕石に戻されアストラに宇宙に運ばれた。

怪隕石アクマニヤ

宇宙に漂う悪霊が住まうとされる人間のによく似た形の不気味な隕石で、目には見えるがレーダーには一切映らず、コンピューターでもその正体も不明であるとされた。
それもそのはず、その正体はアクマニヤ星人の仮の姿であり、コンピューターでも正体が不明とされたのは霊的存在であったために他ならない。

主な戦力は目の中央から発射するロケット弾と体当たり攻撃で、正体発覚後、レオと対決し、その最中、本来の姿である星人としての正体を曝け出した。

ゲーム怪獣バスターズ』では怪隕石アクマニヤが小型怪獣として登場、また、それの亜種のアクマニヤニードルも登場した。
またアーケードゲーム『TANK!TANK!TANK!』の期間限定モード「怪獣バスターズPOWEREDモード」にて合体怪獣タイラントのステージでアクマニヤが大量発生した

アクマニヤニードル

ニンテンドーDS専用ソフト『怪獣バスターズ』及びそれの完全版『怪獣バスターズ パワード』に登場する怪隕石アクマニヤの亜種。

体色が色の不気味な姿をしており、全身に星沸を麻痺させる毒が含まれた棘がびっしりと生えている。

また、目の中央からはレーザー光線を発射できるようにになっているが、上記に紹介しているアクマニヤ共々ゲームでは小型怪獣の一種という設定になっているためアクマニヤ星人としての姿を見せることはない。

ウルトラマンギンガ

「ウルトラマンギンガ劇場スペシャル ウルトラ怪獣☆ヒーロー大乱戦!」にてまさかの再登場を果たす。(区別のためアクマニヤ星人(SDI)と呼ばれることもある。着ぐるみはアトラクション用の流用)
劇中では目玉繋がりでガンQと共演した。
また、ウルトラマンフェスティバルのライブステージではゴルザゾイガーアリンドウモチロンと共に登場しギンガと戦った。

その後、意外な形で(下記参照)ウルトラマンレオ以来初のTVシリーズにまさかの再登場を果たすことになった!!

アクマニヤ星人ムエルテ

ウルトラマンギンガS第11話「ガンQの涙」に登場する、ガッツ星人ボルストに続くチブル星人エクセラー配下のエージェント。

コミカルな動作とスペイン語交じりの会話という特徴があり、自称最強の某らしい。しかしエクセラーにタメ口で話しているボルストとは逆にエクセラーには全く頭が上がらず、目下の者には逆に傲慢な態度を取る、典型的な『上には弱く、下には強い』タイプ。
また、宇宙を彷徨う悪霊たちの集合体的な生命体の宇宙人ではあるが、睡眠はちゃんと必要だそうだ。

眼帯ずくめのスーツ姿の、アメリカンギャングのような出で立ちをした太っちょ中年おじさんという不審者そのものの恰好をした人間態を初披露。
ちなみにこの人間態、ボヨヨンとしたお腹には星人本来の単眼が隠されているが、を着ているため正体が気付かれる事はない。
といいたいところだが、両腕のままである為、注意深く観察すれば正体はおのずと分かるはず…。

レオ時はただ闇雲に災いをもたらす悪霊的な宇宙人であったが、今回はエクセラーの依頼で彼の『駒』を生み出す実験の為に暗躍。
人間だれしもが普段の日常生活で抱えている強いストレスに着目し、それを破壊の原動力とする最強の怪獣ガンQを生み出して自分たちの計画に邪魔なギンガを倒そうと目論む。
ついでにエクセラーの人間を彼の『駒』に仕立て上げる実験もかねて相応しい人物を街で物色していた。

そして吉田という名のさえないサラリーマンを見定め、彼を操りガンQにモンスライブさせたまでは良かったのだが、如何やら選定を間違えたらしく、吉田さんが中途半端な人物だったため等身大のガンQになってしまい計画は失敗。慌てて正体を現しスパークドールズを奪い返そうとしたが、本人が町へと逃げ出して町中が大混乱に陥り、UPGまでも駆けつけてしまった為、一時撤退を余儀なくされてしまった。

んでもって、彼を見失ったため、エクセラーのお叱りを受けたこともあり、必死の捜索でサトル少年と戯れる吉田(以下ガンQ)を発見。
サトル君に嫌がらせをしてガンQを怒らせ巨大化させることに成功すると、彼を人質として町中を疾走し、破壊活動を誘発させる(とはいってもサトル君を助けようと追いかけてくるガンQから必死で逃げているようにしか見えんが…)。

そこへ現れたギンガに必死でサトル君の事を伝えようとするガンQの姿を観て、「何やってんだ‼」と大声を出していたことやサトル君の抵抗のため騒いでいたことにより、自身の関与をギンガに悟られてしまう。

意気揚々と正体を現し、名乗り口上をしている間に応援に駆け付けたビクトリーの『EXレッドキングナックル』を横合いから受けて吹っ飛ばされ激怒。
即座に妖術『アクマニヤ念力』でガンQを強制的に操って反撃し2人を追い詰め、止めを刺そうと迫る。
しかし、サトル少年の必至の呼び掛けに『アクマニヤ念力』の呪縛から解放されたガンQが邪魔した事により失敗してしまい、最後は『シェパードンセイバーフラッシュ』と『M87光線』を受け「アミ~ゴ‼」と叫びながら爆散した。

前述したように自称最強の某だが、その割に作戦は適当な面が多く、戦いも基本的にガンQに任せており、あんまり活躍しなかった(世界観のせいか…?)。

なお人間態、CVは植木紀世彦氏。

ウルトラマンX

第9話『我ら星雲!』に登場。

物語後半に唐突に登場し、闇のエージェントババルウ星人率いる暗黒星団チームラグビー対決のレフリーを務める。ババルウ側に懐柔されていたからなのか、彼らの不正行為を無視していた。試合終了後は特に触れられることもなく姿を消している。

着ぐるみはギンガシリーズで使用されたものの流用と思われるが、上記のムエルデと同一人物かどうかは不明である。

余談

  • ウルトラ銀河伝説に登場したベリュドラの左腕を構成する怪獣としても登場する。
  • OVA『アーマードダークネス』の前日談という設定でテレビマガジンで掲載された内容では他の宇宙人共々アーマードダークネスを狙う一員の1人として紛れ込んでいた。
  • 「ガンQの涙」が放送された11月18日の4日後の11月22日は、奇遇にもアクマニア星人の初登場したエピソード「レオ兄弟対宇宙悪霊星人」の放送日であった(ちなみに2014年ウルトラマンレオ誕生40周年の年である)。

関連タグ

ウルトラマンレオ ウルトラ怪獣 宇宙人 悪霊

pixivに投稿された作品 pixivで「アクマニヤ星人」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 18840

コメント