ピクシブ百科事典

宇宙鶴ローラン

うちゅうづるろーらん

ウルトラマンレオ第30話『怪獣の恩返し』に登場する怪獣の名称。
目次[非表示]

データ

別名宇宙鶴
身長1.6~52m
体重80kg~2万2千t
出身外宇宙
人間態演:桜井浩子


概要

宇宙で一番美しい(そのデザイン、特に顔は地球との類似性は殆ど無く、お世辞にもそうは見えないが…)といわれる純白の羽毛を持った宇宙怪獣
その姿(?)だけではなく温厚な性格の持ち主で心も優しく、地球人への変身能力も兼ね備えている。

その目麗しい(個人的な主観か、宇宙人の彼らからして見たら美しいかのいずれか)外見を気に入ったマグマ星人(第1話、2話に登場した同一人物とも別人とも諸説あり)にしつこく求婚を迫られるも(何を考えているのだろうか…)、マグマ星人達の数々の悪行三昧を知る彼女は頑なにそれを拒み続け、地球にまで逃げてきたが、マグマ星人が放った針によって足を負傷してしまう。

だが、偶々パトロール中であったゲンがマグマ星人を追い払った事で危うく難を逃れ、足の怪我はこれまた偶然山にハイキングにやって来ていた自転車屋の大熊親子から手当を受ける。
その恩を返す為に「星村かな子」という女性に化身して自転車屋に現れ押しかける形で従業員となった。

そして夜な夜な自身の風車を制作し、これを子供達に配ってゆく。
この風車には自転車の前部に付けるとスピードが増すという不思議な力があり、たちまち大人気となるが、彼女を追い掛けてやって来たマグマ星人に子供達が次々に襲われるという事態を招いてしまう。

この事をゲンから告げられた彼女は宇宙へと帰る決心を固め、自ら大熊親子に自身の正体を明かし、彼らに別れを告げたまさにその時、彼女を亡き者にせんとするマグマ星人の襲撃を受けるが、レオに助けられて無事に宇宙へと帰ってった。

なお、去り際に沢山の風車を子供達の為に残していっている。
また、レオに対しても故郷の仇であったマグマ星人(同一人物かは不明だが)をこの手で倒すという機会を与える事になった。

余談

演じた桜井浩子氏は、『ウルトラQ』の江戸川由利子役、『ウルトラマン』のフジ・アキコ隊員役でお馴染み。一方の自転車屋の店主:大熊シンジ役は、同じく『ウルトラマン』でハヤタ・シンを演じた黒部進であり、ファンにとっては嬉しいキャスティングとなった。

これを踏まえ、後年制作された映画『大決戦!超ウルトラ8兄弟』では、ハヤタ・シン/アキコ夫妻は自転車屋を経営しているという設定になっていた。

桜井は監督の満田かずほから「鶴の恩返しのような可憐でかわいそうな役」と説明されていたが、実際のローランはツルとはかけ離れたワニ]]のような姿だったため、憤慨したらしい。

ウルトラ怪獣擬人化計画

宇宙鶴


円谷プロ公認(!)の企画により擬人化されたローラン。
デザイン担当はまめっち氏。
原作でもメスの怪獣という設定であった為、ある意味一番違和感のない擬人化と言える。

頭の冠や両腕の翼の羽根などにモデルとなった鶴の意匠が見て取れる。
上記の画像では描かれていないが、雑誌に掲載されたイラストでは、トレードマークの風車もしっかりと描かれていた。
一方で、水着を連想させるような非常に露出の多い衣装にピンヒールロングブーツと、あのエロ…エレレキングにも匹敵するほどの大変けしからん恰好をしている。
しかも、そんな大胆な衣装をばっちり着こなすほどのモデル顔負けのプロポーションの持ち主。
これならマグマ星人が血眼になって追い回すのも納得である。

関連項目

ウルトラマンレオ ウルトラ怪獣 マグマ星人 鶴の恩返し 

pixivに投稿された作品 pixivで「宇宙鶴ローラン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 34981

コメント