ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

データ編集

身長1.87~57m
体重90kg~1万9千t
別名狼男
出身地ウルフ星

概要編集

第17話「狼男の花嫁」に登場。

若い女性(少女含む)の生きを求める宇宙人で、普段は等身大の姿で活動しているが、巨大化するとというよりは蝙蝠に似た外見の姿となる。


母星であるウルフ星は、ドラキュラスの故郷であるカーミラ星と姉妹関係にあるらしいが、幻の星と呼ばれ存在が疑われていた。

星々を渡り歩いてはその住民の生き血を吸うらしいが、常に単独で行動するため同族が存在するのかどうか、そもそもウルフ星という星が本当に存在するのかどうかさえ不明な謎だらけの宇宙人である。


血液の味には好き好みがあり、20歳以上の血は吸おうとしない。

変身能力を持ち、人間に化けることができるが、血に飢えると狼男の姿に戻ってしまう。また、を見ると凶暴化してしまうなど本質はまさに狼男そのものである。

夜行性で、太陽光線が苦手。また、次のエピソードに出てくるバットンとはきわめて仲が悪いらしいが、血縁者がいるという書籍も存在する。しかし、人間体時はマックガンの一撃で致命傷を負う辺り、伝説の狼男ほど硬くはない。

女子新体操選手の霧島冴子(演:関根世津子)に憑依MACの眼を欺き、ウルトラマンレオとの戦闘では彼女が会得していた体を空中でプロペラのように回転させて体当たりする技「風車」で苦しめたが、すぐに技を見切られて、レッド手裏剣ビームで足を封じられ、を折られた挙句レオキックを腹部に受けて爆死した。

ウルフ星人の死後、冴子はレオの願いを聞き届けた神秘の存在・レオマスクによって蘇生された。


また、上記の風車はその名の通り、風が吹いていない時には使用できないという弱点がある。


余談編集

等身大時と巨大化時では着ぐるみが異なり、等身大時の腕と脚は黒いタイツが剥き出しになっている。また巨大化時の方が牙が長くなっている。


鳴き声はギャンゴの倍速。その後、ローランノーバに流用された。


第17話が放送された25年後の1999年8月2日は、『レオ』と同じTBSで女優の井上真央が出演していたお昼の人気ドラマ『キッズ・ウォー』第1話が放送開始され、おおとりゲンを演じた真夏竜もレギュラー出演していた。ちなみに『キッズウォー』が始まる30分前に放送開始されていたドラマは、梅田トオル役の新井つねひろの兄の新井康弘が出演していた人気ドラマ『大好き!五つ子』も放送開始された日でもあった。


関連タグ編集

ウルトラマンレオ レオ怪獣 狼男 ルー・ガルー

関連記事

親記事

レオ怪獣 れおかいじゅう

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 14032

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました