ピクシブ百科事典

目次[非表示]

演:新井つねひろ

概要

ウルトラマンレオに登場する少年。
昭和シリーズに多い主人公を慕う少年レギュラーは、日常パートを担うと同時に少なからず大きな不幸が及ぶ事もあるが、彼はそんな中でもダントツの不幸な少年と言われている(詳細は後述)。
後述の来歴にもある登場当初の第3話から第5話までと第40話から最終回までのエピソードが暗く重い内容だったため不幸なイメージが増幅されてしまった。

人物像

ゲンを兄貴分として慕う、城南スポーツセンターに通う小学生。母を亡くしたあと、父や妹のカオルと肩を寄せ合って生きていたが、ツルク星人によって父親を殺害されて以降、カオルと共に百子の元に身を寄せる。カオルと百子の存命中は、周囲の子どもが兄妹に好意的でいじめっ子があまり登場しないこともあり、表情も明るかった。

大切な人が次々死んでいく中、心を閉ざすこともあったが、ゲンや周りの人の働きかけでたくましくなっていく。

レオの心中を思う発言が多く、第50話で星人ブニョの策略により一時死亡したレオを埋葬した際は、復活しない理由は美山いずみが投げかけた心ない一言でレオが傷ついたせいでは、と捉えていた。

最終話では重要な役目を果たす。

不幸な来歴

  • ツルク星人の通り魔殺人で、目の前で父を惨殺される。妹と共に兄弟を引き取ろうとしたMACの鈴木隊員も再度目の前で惨殺される(第3話)。


  • 妹のカオルがマザラス星人に誘拐されるが、鏡の向こうでは母親に扮したマザラス星人と楽しそうに過ごす妹の姿を見せつけられ、怒りのままに鏡を殴って破壊。手に傷を負う(第37話)。

  • 円盤生物シルバーブルーメの襲撃により、カオル・自分を引き取ってくれた山口百子・スポーツセンターの兄貴分で年上の友人の野村猛を喪う。その後はゲンと共に美山家に居候することになる(第40話)。


  • ゲンが参観会に出席できず、幼い少年には耐え難い不幸の連続で心の内で張りつめていたものが切れ、その心の隙を円盤生物ノーバにつけ込まれ、取り憑かれてしまう(第49話)。

関連タグ

ウルトラマンレオ おゝとりゲン

関連記事

親記事

ウルトラマンレオ うるとらまんれお

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「梅田トオル」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 367

コメント