ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

L77星

えるななじゅうななせい

L77星とは、ウルトラマンレオとアストラの生まれ故郷。
目次 [非表示]

概要

獅子座のちょうど右目の位置に存在していた惑星

本編第一話の一月ほど前にマグマ星人の進攻を受けて滅亡し、宇宙の塵になった。判明している生存者はウルトラマンレオアストラ、そしてレオのペットである怪獣ロンだけである。

大きさは地球と同じとされており、地球から70万光年の彼方にあった。

獅子座は夏の星座、ウルトラ兄弟の故郷であるM78星雲のあるオリオン座は冬の星座なので、地球から見た位置はほぼ反対側にあると言ってよい。


現時点で明らかになっている公式設定

放送当時から児童誌などで「レオとアストラはL77星の王子である」という噂がまことしやかに流れているが、実際の所は映像作品で語られたことはない。現在では、円谷プロはこの設定公式としており、レオのマークはその証だという。


住民はどことなく光の国人間(レッド族)に似た姿をしており、やはり皆巨大な体だったらしい。レオはロンをペットにしていたが、設定上はくらいの大きさだったらしい。

内山まもる氏の漫画ではレオの両親が登場している。


『レオ』第10話では平和だった頃のL77星を見ることができる他、第22話ではマグマ星人に襲撃された際のL77星の様子が少しだけ描写されており、レオはこの時にアストラと生き別れてしまったことが語られている。


そして…


ウルトラギャラクシーファイト運命の衝突』にて竜座D60星と兄弟星であることが判明するが、D60星もマグマ星人に滅ぼされてしまったとの事。

ただ、新たな設定が明かされる毎に「『レオ』本編のマグマ星人やギラス兄弟だけで、惑星二つを攻め滅ぼしたとは考えられない」という意見もあった。

その後、ウルトラマンレグロスの過去の物語である『ULTRAMANREGULOS』にて、マグマ星人侵略軍という大規模な勢力の存在が明かされ、ようやく詳細が映像化される模様。


ウルトラマンSTORY0での設定

L77星の住民は例の巨人の姿ではなく、人間にそっくりな姿(レオはおおとりゲンに似た姿。同一人物なので当然ではあるが)をしており、身体も地球人と同じくらいのサイズである。


建物は中世っぽい感じだがレーザー砲があったりするとそれなりの技術はある模様。ただし王家の人間、それも男性だけは「獅子の瞳」と呼ばれる指輪を身に着けることでウルトラマンの姿に変身できるらしい。


これは過去に王族の人間がディファレーター光線(ウルトラ族が巨人の姿になった原因となる特殊な放射線)を浴びたことに起因している。


マグマ星人の進攻をレオ兄弟の活躍によって押しとどめるが、自暴自棄になったマグマ星人の指揮官が死の間際にマグマを操作したことにより地殻変動が激化、直後にL77星は爆発して消滅した。国民は全員が巨大ロケットに乗って宇宙へと脱出しようとするが、星の爆発に巻き込まれてアストラともども行方知れずとなってしまい、レオは失望しながらも仲間を探すために宇宙を旅することとなった。


関連項目

ウルトラシリーズ 獅子兄弟 アルス王


M78星雲 光の国

U40 TOY一番星

惑星O-50 D60星

M421


ウルトラマンレグロス…容姿がレオやアストラと酷似しており、また二人とは旧知の仲であること、マグマ侵略軍提督ヴォルカンの発言などもあって、実はL77星出身では無いかと噂されている。体の色や配色もM78ワールドのウルトラマンのそれに近い。

関連記事

親記事

ウルトラマンレオ うるとらまんれお

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 17453

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました