ピクシブ百科事典

さすらい怪獣ロン

さすらいかいじゅうろん

ウルトラマンレオに登場する元、レオのペットだった哀しき怪獣…。
目次[非表示]
友情は永遠に


メインイラストが地球に飛来した時の姿、上記イラストがL77星時代の幸せだったころの姿。

データ

登場作品『ウルトラマンレオ
第10話『かなしみのさすらい怪獣』登場

身長:57メートル
体重:3万トン
出身地:獅子座L77星

概要

元々は獅子座L77星でレオペットとして可愛がっていた小動物であったが、マグマ星人の襲撃の際、母星が彼らのために滅ぼされ消滅したときにはぐれてしまい、仲間を探して過酷な宇宙を1人寂しく彷徨っている内に巨大化。
性格もすっかり荒んで凶暴化しまい、目の前にある物を(八つ当たりで)見境なく攻撃するようになってしまい、宇宙のお尋ね者へと変わってしまった…。

そして、当てもない長い旅路の果てに地球に飛来し、地底に潜り、マグマを吸収して力を蓄えMAC相手の大立ち振る舞いを演じる。

主な戦力は尾っぽの先から噴射する8000℃の火炎と白色破壊光線で、光線はからも放出することが可能である。

かつての主人であるレオの事は覚えていたが、拗ねて彼に降参するように見せかけて襲いかかるという、すっかり捻くれた態度を取ったりもしたが、最終的には改心し、レオの縮小光線で縮小され何処かへと連れて行かれた…。

なお、物語の終盤、ロンという名のゲンに連れられて、カオルに与えられるが、関係性は不明。

ウルトラ銀河伝説にはベリュドラの胴体を構成する怪獣の1体として登場している。

ちなみに漫画『ウルトラマンSTORY0』ではかつての姿は背中甲羅状(怪獣化した際の背中の部分)のものを背負った地球の犬そっくりな生物として登場している。
L77星においてロンの種族は、牧場を荒らすモグラ(のような生物)を退治するためにL77星人が家畜化していたらしい。

関連タグ

ウルトラマンレオ ウルトラ怪獣 ペット 哀しき悪役 アストラ

pixivに投稿された作品 pixivで「さすらい怪獣ロン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 6409

コメント