ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

鶴の恩返しとは、日本の民話(昔話)の一つである。


概要

動物報恩譚』と呼ばれる、助けた動物に救われる物語の1つで、同時に見るなのタブーの典型としても知られる物語。


物語の概略

あるに老爺がおり、その翁が猟師にかかったを見つけ、罠を外し、怪我を手当てして助ける。

それから数日後のの降る日、真夜中に若く美しい娘がその老爺のもとを訪れ、親を亡くして親戚のもとを訪ねる旅の道中で、一晩の宿を貸してほしいと言ってきた。翁は快く宿を貸したものの、数日たっても雪は止まなかった。その間に娘は甲斐甲斐しく翁の世話を焼き、数日たってようやく雪がやむと、娘はこの家と翁が気に入ったと言って自分を養子にしてほしいと申し出、翁も喜んで受け入れた。

娘は反物を折るのが得意で、織る反物は非常に出来が良かった。しかし機を織る姿を絶対見せようとせず、翁にも見てはいけないとくぎを刺した。一度織りはじめるとを閉じて数日出てこず、部屋から出てくると必ず白く美しい反物を3つ拵えれてきた。

織った反物はいい値段で売れたため、冬の間の生活に翁や娘が困ることはなかったが、翁はどうしても娘の機を織る姿が気になっていた。

ある日、たまらず覗いてみると、そこにいたのは娘ではなく何と1羽の鶴だった。

 正体を知られた娘は、自分が助けた鶴であることを明かし、約束が破られたことを哀しみながら鶴の姿に戻っていずこかへと飛び去っていった・・・。


地方による差異

地方によっては翁が老夫婦になったり、若者になったりする。

鶴を助けたのが若者の場合は、若者のもとに嫁入りするパターンが多い。


その他

木下順二による戯曲『夕鶴』も本作を原作としている。

筋書きは概ね原作通りであり、そこに鶴の正体を暴いてしまうための配役を加えるかたちをとっている。

この話では鶴を助けたのが「与ひょう(よひょう)」という若者となり、鶴も「つう(おつう)」という名前を与えられている。また与ひょうの知り合いで反物を買い取る商人の「運ず(うんず)」と、悪い虫を疼かせてつうの秘密を暴こうとする「惣ど(そうど)」が加わる。

これに準じてか、近年では女性となった鶴に「おつう」という名前を与えることが多い。


なお、現代ではかなりマイルドな表現に改丁されているが、原作では鶴と結婚した後の主人公の堕落ぶりがすさまじく、そのラストは衝撃的なものとなっている。


関連イラスト

鶴の恩返し鶴の恩返しkokoro鶴の恩返し


こんな勇ましい鶴さんも……

鶴の恩返しはたをおらせてください

プリンセスロワイヤルイラコン

鶴の恩返しセンシティブな作品

関連タグ

昔話 民話 異類婚姻譚

 恩返し 織物 機織り

キリンの恩返し(仮面ライダーセイバー)

関連キャラクター

関連記事

親記事

昔話 むかしばなし

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4945409

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました