ピクシブ百科事典

目次[非表示]

プロフィール

CV江口拓也
誕生日12月6日
一人称自分(稀に「僕」)
イメージカラー灰色→紫


概要

あはれ!名作くんに登場するキャラクター。第3期から登場。
鶴の恩返しに憧れ、鶴の恩返しを超える名作になることを夢見る少年。
次世代の名作と噂されるほどの逸材だが、性格は超がつくほどチャラく、いわゆるパリピ
総じて、結構弟属性の高いキャラクター。

キャラクター

現在4年生(名作達より6年歳年下)でビラ配り部所属。
名作が竜宮小学校の7年生に進級した際に入学。
母親の権威もあり、幼稚園児の頃から一帯の幼稚園をシめていた。初登場時には入学初日で1年をシめることに成功したが、パシリにしていた同級生にSNSで悪口を書かれていたことを知りショックを受ける。
その後、スウィーツの言った一言により同級生は改心したが、なぜか名作が言ったことになってしまう。
それ以来名作達を「パイセン」と慕うようになった。(どういう訳かスウィーツだけ扱いが色々と酷かったが、一応話が進むにつれ扱いの酷さは緩和された。)
また、日頃のパリピ的な態度や口調とは裏腹に、その能力の高さは本物で勉強、運動、絵画、魔法、店舗経営、プログラミングなどあらゆる分野で才能を発揮させている。
日本昔話の世界観を再現した家(広い敷地に大量の古民家が並んでいる)に住んでいる。(むすび曰く「金持ちなのかそうじゃないのか」)

家族

ママ公(CV:エミリン)
110話登場。名前の通りつる公の母親。
モンスターペアレント(自覚あり)で学校に理不尽にクレームを入れたせいで、名作たちにまで迷惑が及んだがつる公の発言によりクレームを入れるをやめた。

はく公(CV:小野友樹)
130話から登場。つる公の兄。
名門天の川大学の名作学部在籍。ビラ配りサークル所属。つる公にとって憧れの存在。
勤勉だった入学前とは打って変わって退学一歩手前になったりつる公に金銭を借りようとするなど堕落した生活を送っていたが名作の一言で改心した。

また本編未登場だが父親、じいやもいる。

関連動画



関連タグ

あはれ!名作くん 鶴の恩返し パリピ 後輩

関連記事

親記事

あはれ!名作くん あわれめいさくくん

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「上井つる公」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「上井つる公」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 40104

コメント