ピクシブ百科事典

モンスターペアレント

もんすたーぺあれんと

モンスターペアレントとは学校などに理不尽な要求をする保護者のこと。
目次[非表示]

概要

向山洋一が使った言葉とされている。略してモンペともいわれる。

学校に対し、非常識かつ理不尽な要求をするため、教師や学校を悩ませる(要求がしつこくても、常識の範囲にあると判断されうる場合はモンスターペアレントとは呼ばれない)。

また、場合によっては教育委員会や直接校長などに抗議する場合もある。

当然保護者は教師や学校の行動に対しそれが常識的におかしいと思われる場合、意見を述べるのは当然の権利であるといえよう。

しかしながら、モンスターペアレントの場合はその主張が明らかに自己中心的で、学校側としては受け容れがたいものである場合が多い。

一方でモンスターペアレントが一人現れるだけで、教師や学校側はその対応に膨大な時間を取られることとなる。

その結果、当人だけでなく授業準備、生徒指導、部活指導などが行き届かなくなり、他の生徒に悪影響を及ぼすことも十分にありえる。

また、幼稚園などでは園行事の劇などの配役でクレームを出す親が多い結果、桃太郎の人数がやたらに増えるなどといった、作品の本質を歪めて苦肉の策を講じることもある。

また、教師側にとっては強いストレスにもなり、自殺や自主退職に追い込まれるケースもありえる。

ただし、こうしたモンスターペアレントは今に始まった話ではなく、「サザエさん」でも生徒と教員双方の親同士が子供をかばって喧嘩する回が描写されていたり、鳩山一郎の母である鳩山春子が一郎の通う高校に自己中心的な要求をして校長に拒絶されたりといった逸話もあり、昔からあるところにはあった。

その一方で、教育評論家の一部からは、モンスターペアレントという言葉が一人歩きすることで、先述にもあるように、意見が常識範囲内の場合で、明らかにモンスターペアレントに値しない場合でも、学校側が保護者の意見を封じ込めたり、自身の不始末を隠蔽したりするために利用される危険性もある、という指摘がなされている。

モンスターペアレントの行動の一例

  • 自分の子供がいじめや窃盗(万引き)とかを犯しても、それを注意しない(むしろ、いじめられる側が悪い、と責任転嫁する)
  • 子ども同士の喧嘩に介入した上、相手の子どもを(一方的に)悪いと決めつけ学校側に謝罪と処罰を要求
  • 自分の子どもが遊戯会や運動会で活躍の場が与えられないとクレームを付ける
  • 給食費を払わない(当然給食は請求する)

 ※これは、貧困を理由に「払ない」のではなく、(十分な収入がありながら)「払ない」。小学校や中学校だと「義務教育なんだから、払う必要はない」という自己中心的な理論によるもの(給食費までも、義務教育における「無償」だと曲解する)。

  • 給食の挨拶である「いただきます」をいうことを拒否
 ※これは、『給食費を払った=お客様と同じ』という勝手な解釈で「払ってやったんだから言う必要はない」という自己中心的な理論によるもの。
  • 学校に持ってきてはいけない携帯電話を没収したら、「没収している間の電話などの料金を払え」と要求
  • 教師に朝、子どもを起こしてくれるように頼む
  • 子供が叱られた際、「自分は物書きだから世間に公表されたいのか」と恫喝する

その他用法

医療機関で同様の自己中心的な行動を起こす患者を「モンスターペイシェント」ともいう。

関連タグ

 学校 教育 クレーマー 保護者 PTA
自己中心的 DQN
毒親…モンスターペアレントと並んで害悪とされる親の例。モンスターペアレントが子供周囲の環境に干渉してくるのに対し、こちらは子供そのものに干渉してくる。

pixivに投稿された作品 pixivで「モンスターペアレント」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 288367

コメント